2008年11月23日

強行軍の一日でした

 今日は川越水上公園で山水が主催するフェスタが開かれているようですが、止むにやまれぬ事情で福島詣でです。
 最新作とかキャストデモとか見たいんだがなーーーと言いつつ自宅を出発です。
PB230119.jpg 出発時はこんな状態でした。
 まだ日の出前でした。
 水平線が光ってそれはそれは美しい。
 日が上る前は空が白み始めると次に東の空が赤くなってきます。
 次に赤くなった空が元に戻ってきます。
 赤が薄くなります。
 そして日出間直に光るのです。
 何回見ても感動ものです。
PB230120.jpg 連休中日で、高速は渋滞と覚悟していましたが、福島には10時に到着できました。
 正味3時間30分のドライブでした。晩秋という言葉がぴったりの風景となっていました。
 山の木々は真っ赤に紅葉しており落葉も始まっていました。
 庭の木々は冬枯れが始まっていました。
 今月初めに来た時に屁糞虫が沢山いてどうしようもなかったので、帰りにバルサンを3本仕掛けておきました。
 今回はネズミまでひっくり返っていました。
 昼まで、家中掃除機をかけて奥と二人で大苦戦でした。
PB230125.jpg お昼は最近お気に入りのレストランへ。
 ガーリックポテト、シーフードカレー、牛ほほ肉の赤ワイン煮、ポテトピザを食べてしまいました。
 3人でシェアーをして4つの味を楽しめました。
 完食です。
 また、腹が出張ってしまいますね。
 一押しはシーフードカレー、これは奥の大好物となってしまい毎回注文しているのです。
PB230125 (2).jpg 夏井川上流の何時もの釣り場です。
 禁漁期に入り誰もいません。
 ここから上はボサ川であまり人も入らないので良いヤマメが残っているところです。
 古い魚道があるので今日も覗いてみました。
 残念ながらお魚を見ることはできません。
 魚再棲塾で魚道について御話がありました。
 ここの魚道は立派なのですが、これではここに生息している魚の役にはたっていないようですね。
 階段が大きすぎるのです。
 デッカイ鮭ならこの段差を苦もなく上ることができるでしょうが、10cm、20cmのヤマメ、岩魚には厳しそうです。
PB230128.jpg 滝桜にも寄ってきました。
 実はその前にお人形様も見てきました。
 船引にあります。
 滝桜ですが、葉が落ちて枝のみになっていました。
 ごつごつとした幹から横に枝が張って見事です。
 1200年の歳月を感じさせられます。
 私が桜を見ていると秋田ナンバーの車がやってきました。
 この時期に桜見物に来るモノ好きは私だけではなかったようです。滝桜の過去記事は5月にあります。http://blogs.dion.ne.jp/koaze/archives/2008-04-1.html
 帰って来ました。
 自宅には9時過ぎに到着しました。
 いやー、疲れました。
 福島日帰り往復、520km久しぶりの強行軍でした。

 ところで何しに行って来たの????
 そうなんです。
 今回の目的は水道の元栓を閉めに行って来たのです。
 真冬にはマイナス10℃以下20℃近くまで下がることもあります。
 時にはダイヤモンドダストが見られることが有る程、冷えるんであります。
 そんな訳で、元栓を閉めて水道管に巻きつけておくヒーターの電源を入れて来たのです。
 当然、水洗トイレはタンクの水を流して、便座シートの温度を最高にしておきました。
 これで、今冬の水回りは完璧です。
 来春まで大丈夫でしょう。
 
 
 



posted by jetpapa at 22:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

毎日行ってしまいました。

 月曜日から福島へお盆の帰省で先ほど帰ってきました。
P8150048.jpg とりあえずヤマメです。
 今朝、出発前に阿武隈川の支流である大滝根川の上流へ行ってきました。
 おとといに引き続き2日通ってしまいました。
 おとといいが夕方そして今朝方と朝夕チェックすることができました。
 とにかく沢山いました。
 しかしオッチビばかりです。
 そんな中の一匹でした。
 いつも車を止めさせていただく農家のご夫妻の話では稚魚1000匹、家の前に放したそうです。
 来年が楽しみですね。
P8130045.jpg
 月曜日は我慢したのですが、毎日、夏井川支流の鹿又川に通ってしまいました。
 安近短をモットーとするjetpapaにとって最高の場所なのです。
 家から40分、車を止めて直ぐ釣り始められます。
 危険な場所はありません。
 阿武隈高地の渓流は落差が穏やかで川歩きも楽です。
 今回はなかなか結果を出すことができません。
 いい型がバシャっと出てもうまく掛りません。
P8120037.jpg そんな中で、いい型がここから出たのです。
 たまたまうまいこと流すことができました。
 しげさん、プラントFさんとの釣行で後ろから見取り稽古をした成果が現れたのです。
 ここの溜まりに入るように流れを自然に流すことができました。
 尺はなかったのですが25cm程度の岩魚が岩の下からゆっくりと出てパクっと咥えてまた岩の下に戻ろうとしました。
 流れと同じくフライが動いたのでゆっくりとした補食でした。
 ゆっくりと合わせて手元へ。
 浅瀬でお約束の写真撮影をしようとした瞬間でした。
 岩魚ちゃんはラッキーと言ったかどうか知りませんが尻尾でピッチャンと水面を叩いて流れの中に消えていきました。
 写真を撮ったら放してやるのにこらえ性のない岩魚でした。
 岩魚の写真がないので棲家の写真です。
 今回は朝夕と毎日通ってしまいましたが、夕まず目のほうが食いが立っていたようです。
 そして、昨夕は夕立の後に笹濁りの状態で川に入ったところ、狂ったようにフライに飛びついて来ました。
 昼間はどこにも魚が居ないね、今期はお終いかと思っていたのですが、増水と笹濁り、魚が動きました。
P8120040.jpg
 このアブ、凄いんですよ。
 朝から車を止めるとワーっと集まってきます。
 ドアを開けると車内に飛び込んできます。
 釣リたいが、アブに噛まれるのも嫌だなと思いながら車を飛び出していきます。
 今回はアブに噛まれずに済んだのですが、右腕がはれ上がっています。
 油断してしまいました。
 ブヨです。
 これはたまりません。
 釣りに来て刺されたのならあきらめるのですが、庭の木が茂ってしまい枝落としをしていたら刺されていました。
 ブヨは刺されると書きましたが噛むというのが正しいようです。
 蚊に刺された時は血が出ませんがブヨはトロリと出ます。
 ひどい時は1か月痛た痒い症状が続き腫れています。
 3か所です。
 直ぐに救急キットの毒を吸い出す道具で吸い出してみました。
 10分後でしたが、ドロリとした血液が出てきました。
 唾液が入っているのでしょうか、固まりません。
 痒くって痒くって堪りません。
 あああああーーーーーーーーーーーーーーーーー
 痒くって堪らん。
                

 
posted by jetpapa at 18:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

日曜日のお勤め

 阿武隈高地(昔は阿武隈山地と習いました)の川は中通りと浜通りに背を分けるように流れます。
 分水嶺という言葉がありますが、田村市滝根町では入水鍾乳洞からの流れが西と東に分かれて流れます。
 西に阿武隈水系牧野川(まぎのがわ)と合流する細い流れ、東に夏井川と合流する梵天川(ぼんてんがわ)。
 どちらも田んぼ脇の農業用水から出発です。
 田村市周辺で渓流に行くなら東に流れる川であれば夏井川、高瀬川、請度川水系等があります。
 西は当然阿武隈水系の大支流大滝根川上流部となります。
 能書きが長くなりましたが、日曜日は朝一に夏井川支流鹿又川に行ってみました。
 4時半出発で5時15分には釣り始められます。
 いつもお世話になっている場所で、福島での渓流を老眼親父さんに手ほどきを受けたのもここでした。
 何時も通り、道路脇の階段から入渓(ここは人家の前でいい具合に川で作業用の階段が付いています。)
 流れが平たんです。
 2筋の流れが合流するところが大好きなポイントで、出るかなと2週続けて群馬で使ったパラシュートを流すとデカイのがでました。
 下からヌーッとゆっくり出て、フライを見ながら一緒に川を下っています。
 「フン」と言って戻ってしまいました。
 「こんな汚いフライじゃなくてチャンと創れ!」
 「ドラッグをかけないで流せ」
 「ヘタっピー」
 とでも言っていたのでしょうか。
 ほんの間でしたが、とても長い時間に感じられました。
 最近になくデカカッタ。

P7200011.jpg デカカッタのはヤマメでした。
 このイワナチャンは、残念だったねーっと慰めてくれました。
 まだまだキャスト下手くそ、流し方ドラッグがかかって引き波をたてる。
 練習しているんですが、この辺が限界なんでしょうかね。
 このイワナは反射食いで、「ポッチャン」「パックン」でした。

 1時間の釣り、8時には帰ってきました。
 昼はお墓と家周りの草抜き除草剤散布等々雑用をきっちり済ませて、昼からは高瀬川支流の葛尾川に行ってみました。
 支流の藪を中心に1時間。
 魚は走りますが釣れません。
 先月は釣れましたが、今回は走る走る、魚がすぐ走ります。
 斥候が必ず瀬尻で見ているようです。
 嫌になって大滝根川上流に移動しました。
 此処もいつもの釣り場です。
 餌釣りをしていたころからお付き合いのあるお宅の庭に車を止めさせていただいています。
 誰もいなかったので勝手に止めて川に向かうと、いらっしゃいました。
 たばこ畑で農作業でした。
 早速、ご挨拶をすると「今日は何人も入ったからどうかなー?」不吉なお言葉でした。
 期待せずにここから堰堤まで300m釣ってみました。
 30分程度の釣りでしたが、飽きない程度にぽつぽつとヤマメが出てくれました。
 ここのご主人とは10数年来のおつきあいです。
 お付き合いといっても「停めていい?」「その辺に停めておけ」そんな程度でお互いに名前も知りません。
 釣り終わって戻ると奥さまも出てきてくれて、しばらく世間話をしました。
 前はじいちゃんも来ていたが元気にしてるか?
 うーん、死んで3年です。
 そうか、残念だな。
 今年は寒いんだ、なかなか梅雨が明けねー。
 いちいち挨拶なんかいんねーから適当にやっとけ。
 そんな話をしてお土産にささぎを沢山いただいて帰ってきました。
 感謝、感謝。
 


 
posted by jetpapa at 05:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

連休中は福島へ

P7210014.jpg 土曜日から福島でした。
 先月頑張って草刈りをした庭には別の草が生えてきました。
 スギナです。
 この草は強く除草剤も強力なものが必要です。
 草刈りの根気が無くなってきました。
 次回は薬のお世話になるか。
 でも、頑張って刈りますよ。
 庭木の剪定までは手が回りません。
 今回も福島市のお墓経由でやってきました。
 P7190007.jpg 夕方は夏井川上流入新田地区に行ってしまいました。
 なんってったって車で5分、安近短。
 今回は群馬で練習した藪釣りの練習を兼ねて細い流れに入って行きました。
 ちょいと短めの3番7.3ftのロッドで挑戦です。
 藪に入る前に開けたところでキャストの練習です。
 このロッドは3年前に手に入れたものですが、最近は使い勝手のいいRST#2ばかりで全く使っていません。
 小ヤマメがアタックしてきますが、針が大きくて咥えることができません。
 しかし、ほぼキャスト毎にピョッコンとアタックしてくれるので飽きません。
 遊んでいるところを見られていました。
 リバーサイドの住人さんが上から声をかけてくださいました。
 下手なキャストをじっくりと見られてしまいました。
 ハズカシイ・・・・
 ご挨拶が済んで、上流の藪に向かいます。
 藪は竿抜けポイントばかりです。
 ポイント、ポイントからヤマメが挨拶してくれます。
 しかし、バシャバシャ入っていきますから瀬尻にいる斥候が本体にすぐ連絡してしまいます。
 走る走る、黒い影がビュンビュウン上流にすっ飛んで行きます。
 うまいこと見つからずにキャストができたらこのヤマメが釣れました。
 いい川ですがしょっちゅう釣り人が入っています。
 いい型はほとんど残っていません。
 ボーキャスト恐るべし。
 クモの巣だらけの茂みの下からでました。

 20日夜半から21日朝にかけて雨が降りました。
 この川はカフェオーレです。
 先に書きましたが上流で工事が入っています。
 源流付近での工事はある意味で致命的です。
 川が砂で埋まってしまっています。
 道路から重機が入ってダンプも入っています。
 源流域にどんな工事が必要なんでしょうか。
 不思議です。
 工事の仕方も考えないと今年は産卵ができなくなって原種は居なくなってしまいます。
 下流で梵天川と合流しています。
 ここを見るとたったこれだけの雨が降っても夏井川はドロドロ、梵天川の水は澄んでいます。
 小畔川でこんな工事をしたら付近の住民はだまっていませんよ。
 すぐに行政に連絡が入り調査が開始されます。

 日曜日の朝は夏井川水系の鹿又川へ夕方は葛尾川と早稲川地区に行ってみました。
 レポは次回。

 

 
posted by jetpapa at 17:35| Comment(9) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

久しぶりのヤマメと岩魚

 岩手宮城内陸地震が先週の土曜日に発生し、大変な被害が発生しました。
 福島では被害がなかったようですが、田舎の建物が大丈夫か気になっており確認に行ってきました。
 あわせて畑の草刈り等々クッタクタになって先ほど帰ってきました。
 草はほっておくとどんどん伸びてきます。
 夕方と朝でとりあえず家の周りだけでもと200坪近くを刈ってきました。
 腕がパンパンです。

P6210001.jpg 福島へは、東北自動車道加須インターから矢吹インターを使っています。
 ここから阿武隈高原道路で玉川村、一般道平田村そして更に阿武隈高原道路で小野町そして目的地へ向かっています。
 阿武隈高原道路は途中が切れているため車がほとんど走っていません。
 途中の一般道は母畑ダム湖の脇を走っていきます。 今回は橋の上から覗くとライズがあったので湖面まで坂を歩いて下りてみました。
 土曜日は夏至で、福島はじりじりと焼かれるように暑い一日でした。
 案の定、ライズはバスでした。
 釣りをしている人もルアーでバス狙い。
 凄い数がいます。
 群れになって泳いでいます。
 孵化した稚魚が岸辺の草周りに群れています。
 何箇所か流れ込みがあり、沢には岩魚ヤマメが生息していると思われますが、こんなにバスがいると沢から湖に落ちることはできないですね。

P6220003.jpg 忙中閑在り 暇を無理やり作ってしまいました。
 今朝は4時起きで、鹿又川に行ってきました。
 何時もは、すぐ近くの(車で5分)夏井川入新田地区に向かいますが今朝は遠出をしてしまいました。
 昨年、老眼親父さんに案内していただいたところです。
 写真の通り、道路脇、家がすぐそば、安近短のjetpapaにとって最高のロケーションです。
 しかも、川の中の草が刈ってありました。
 キャストがどこに行くか下手くそなのでさらにラッキー。

P6220005.jpg ちびヤマメの猛攻でした。
 フライを咥えることができないようです。
 バシャっというのは型がいいヤマメですが、ピッチャンといった感じで出ました。
 そんな中でやっとフライを咥えることができたのがこれでした。
 最初にキャストしたところピックアップと同時にアタックしてきたために水面からピョコンとフライを追いかけて飛び上がりました。
 2回目は反応なし。
 それで、4回ほど水面をフライで叩いてその後流したら食っていました。

P6220008.jpg 岩魚も釣れましたが、おチビちゃんでした。
 フライがデカイのです。
 それでも食ってきました。
 この大きさが出ますが、小さい。
 5時過ぎから7時過ぎまで2時間ほど、退屈しない程度に釣れました。
 昨年と比べると型が小さくなってしまいましたが、久しぶりの渓魚を見ることができ大満足でした。

P6220010.jpg 帰りは、ちょっと寄り道をして、少し遅い昼食に白河ラーメン を食べてきました。
 今回は白河駅の近くにある鈴木食堂に行ってみました。
 今までに何軒か白河で食べていますが、今回はどこに行くか考えず無計画だったので、駅前でタクシーの運転手さんにお勧めは何処と教えてもらい行ってみました。
 定番の醤油とこれが白みそラーメンです。
 奥は定番、私はこれを注文です。
 白河で初めて味噌を注文しましたが、正解でした。
 おいしかった。
posted by jetpapa at 18:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

またボーズ


P6010002.jpg 今朝は夏井川上流、入新田地区に行ってきました。
 昨日から降り続いた雨は夜半に上がり、日が昇るにつれて朝霧が晴れてきました。
 何時ものとおり帰る前に修行に行ってきました。
 釣れそうですね。
 ここは人家の裏なんです。
 この川沿いに集落が続いています。
 水は濁っています。
 水量も多めです。
 期待して入ったんですが、鼻もひっかけてもらえませんでした。
 今回は雨上がりなので、#10のでっかいBFで挑戦したのですが完敗でした。
 何と餌釣りの方が先行していました。
 これいい訳か?
 ホントは腕が悪いんですね。
 釣り上がったらリバーサイドの住人さんが奥様とお出かけで、ポワーンとクラクションを鳴らしてくださいました。
 私思わず敬礼。
P6010007.jpg 夕方は小畔川に。
 ここも濁っています。
 水位も高く何時もは瀬になっているところがしっかり強い流れとなっています。
 夕方、6時前から始め反応なしでしたが、だんだん暗くなってきたらライズが始まりました。
 濁っていても虫は見ているようです。
 小さなユスリカが水面に落ちると食べているようでした。
 7時前にこんないい型が上がりました。
 福島のリベンジができました。
 気分を良くして今日が終了です。
 釣れて良かった。
 幸せ。
posted by jetpapa at 20:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

へブス沼とダッシュ村 1日

P5010103.jpg
 1mのイトウです。
 いわき市小白井にある根本養魚場で飼育されています。
 この魚から採卵しているようです。
 数十匹のイトウが泳ぐ様は壮観ですよ。





P5010109.jpg
 へブス沼です。
 川内村にあります。
 ここはモリアオガエルの繁殖地として天然記念物に指定されています。
 標高800m付近にある沼です。
 6月から7月にかけてモリアオガエルは沼にかかる枝に卵塊を産卵します。
 孵化するとオタマジャクシが沼に落ちるのだそうです。



P5010116.jpg
 そしてダッシュ村に向かいました。
 浪江町南津島地区にあります。
 たどり着くまでが難産でした。
 入口には警備車両、門には赤色回転等。
 ガードが堅いです。
 中に入ることはできません。
 中を覗くと鯉のぼりが揚がっていました。

P5010117.jpg 奥にサービスご希望どおりにダッシュ村を探しだしました。
 ご褒美に帰り道、葛尾川で遊ばせてもらいました。
 ほんの30分で小さいけれども4匹釣れました。
 満足。
 



posted by jetpapa at 22:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニョロニョロ 30日


P4300092.jpg
 鹿又川に行ってきました。
 ライズ無、当然釣れません。
 そしたら、にょろにょろを踏んでしまいました。
 せっかくなので記念写真。
 暫く観察していたらいろんなことがわかりました。
 しっぽを振るんですね。
 激しく振っていました。
 ガラガラ蛇のようにシャラシャラと音がしていました。
 目の前にカメラを向けると体をシュッと伸ばして噛みつこうとしました。
 口はカッと開いて恐ろしげでした。
 シマ蛇?
 それにしてもドジな蛇でした。
 何で私に踏みつけられるまで逃げないの?
posted by jetpapa at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜 29日

P4290086.jpg
 川面の桜並木が満開でした。
 ここは右支夏井川、飯豊地区です。
 桜吹雪の中、ヤマメを狙ってみました。
 残念ながら釣りになりません。
 桜の花びらが舞います。
 半端な数ではありません。
 水面がピンクに染まってそれはそれは奇麗でした。


P4290084.jpg
 奇麗は奇麗で良かったのですが、花びらがフライの周りにパラパラ落ちてくるので全く食いません。
 フライもどこにあるのか判りません。
 桜ヤマメは最高なんて思って釣りを始めましたが、10分で諦めました。
 ぼんやりと桜を見て満足でした。



P4290077.jpg
 この際だからと、桜見物に行ってしまいました。
 先週つぼみだった小沢の桜です。
 初恋のロケがあったとか。
 ここの田んぼに水が入りました。
 ここに映る桜が大好きです。
 根本の社にはお地蔵さんが祭られています。









P4290081.jpg
 弁天桜です。
 ここも満開になってきました。
 根本では地元の方が宴会でした。
 
posted by jetpapa at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

28日 西郷村


P4280056.jpg

 


 28日西郷村鶴生の親戚を訪問しました。
 西郷村雪割橋からの景色です。
 ここは阿武隈川の上流域で、岩魚が沢山いるそうです。
 ゴルジュ帯で、人跡未踏なかなかここに入ることができません。
 最上流部には新甲子温泉があります。
 そこまで国道が通じていますがその先は源流部となります。
 甲子岳が顔をのぞかせています。




P4280060.jpg



 雪割橋。
 名前がいいですね。
 昔は釣り橋だったそうです。
 この橋の袂に熊供養塔が建っていました。
 クマ101頭の霊を供養するために建立されたそうです。この地区だけで101頭です。














P4280066.jpg


 チョウザメです。
 何でチョウザメなの?
 西郷村から白河市に山を下って来ると知る人ぞ知る林養魚場があります。
 いろいろな魚を養殖しています。
 虹鱒を始めとして、ブラウン、タイガー、ブルック、イトウ等々その中でも珍しかったのがチョウザメでした。
 あのキャビアのチョウザメですよ。
 1m50cmぐらいありました。
posted by jetpapa at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連休前半は福島

 28日から今日まで福島へ。
 先ほど帰宅しました。
 やっとヤマメちゃんの顔を見ることができました。
 今回は、夏井川(入新田地区)、右支夏井川(飯豊地区)鹿又川、葛尾川をチェックしてきました。
 28日夕方、夏井川源流部、とはいっても自宅から車で5分道路に沿ったどこからでも入渓できる川です。
 入新田地区という所で今季初ヤマメと対面できました。



P5010118.jpg 












なんだかんだと言いながら毎日皆勤してしまいました。
 釣りは朝晩のお勤めで、昼間はしっかり仕事をしましたよ。
 釣りの他に今回は今年3度目の御花見もできました。
 
 


posted by jetpapa at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

滝桜には行けませんでしたが

 木曜日から福島に滞在、先ほど帰宅しました。
 この週末は低気圧がゆっくりと北東進したため、福島では凄い天気となりました。
 今朝やっと雨も収まってきたので、5時半、滝桜見物に行ってきました。

P4200015.jpg
 滝桜に近づくと車の列、両方向が大渋滞でした。
 この時間に?
 5時半、マジ?
 即、Uターン地蔵桜 へ向かいました。
 (そのため肝心の滝桜の写真はありません。
 昨年、4月滝桜の記事を掲載しています。参考にしてください。http://blogs.dion.ne.jp/koaze/archives/2007-04-1.html
 この桜は、滝桜の子供です。
 花が散ってサクランボができると鳥が食べてその糞と一緒に周囲に広がっていったそうです。
 半径10km以内に460本余りの子孫が確認されているそうです。
 子供で一番古い桜のようです。

P4200021.jpg 小沢の桜、やっと蕾が開いてきたようです。
 田圃の中に一本ぽつんとある桜です。
 ここは、初恋という映画のロケ地となったそうですが、残念ながら映画を見ていません。
 田に水が張られると水面に映った桜は奇麗です。
 ここの桜も根本にお堂が立っています。
 ここ、田村地区のほとんどの一本桜の根本にはお堂か祠が立っています。

P4200031.jpg  弁天桜です。
 誰も居ません。
 貸し切りでゆっくり桜見物をしてきました。
 この桜には悲しい言い伝えがあります。
 この桜を含めて、古い桜にはなにがしの言い伝えがあります。
 そんな物語を思い浮かべながらの桜見物も良いですよ。
 実はここのところ一番のお気に入り桜なのです。
 薄暗い森の中にピンクの花びら、最高です。
 ここに来ると不思議と気持ちが落ち着きます。
 今朝も最後はここに来ました。

P4200044.jpg 川越に帰る途中何時も気になっていた場所にちょっと道草をしてきました。
 丘の上に数本の桜、その周りは放牧地です。
 牧場の桜とでも名付けましょうか。
 矢吹インターから阿武隈自動車道路の横にある風景です。
 往復する道すがら、気になっていました。
 満開で見ごろなので途中下車。
 のどかで、癒されます。
 この牛が人懐っこくて柵の近くに行くと寄ってきます。
 
 今年も桜を見ることができました。
 桜と富士山。
 大好きです。
posted by jetpapa at 17:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

強行軍

 今朝は4時起床。
 朝風呂で身を清め、福島行きの準備完了です。
 しかし、奥の準備が遅れ6時半出発。
 遅れた原因は私が全然手伝わないからということになってしまいました。
 「!”#$#’&%」何でこうなるのと思いながら一路福島へ出発です。
 高速道路はスースイと順調です。
 11時過ぎに到着です。
 隣組長さんへの挨拶。
 家の周りに除草剤散布、等々。
 忙中閑あり。
 暇を作ってしまいました。

P4120013.jpg 夏井川水系鹿又川です。
 昨年ゴールデンウィークに老眼親父さんに案内してもらった川です。
 昨年の良い思い出を再現したくてトライしてみました。
 しげさんに貰ったフライで500m程釣り上がったのですが、全く反応無し。
 去年よりちょっとキャストもましになったのですが、と思いつつ歩いてみましたが、ダメでした。
 川に入る前に、野田ナンバーの方がマーカーを付けてやったがだめで、上流を目指しますと情報を下さいました。
 私に、この川はどこがいいのかと質問されたのですが、よそ者でして良く判りませんと正直に回答したところ開拓すると出発していきました。
 釣り終わり、川を上がると地元の方がこれから上流に入るが良いかと仁義を切ってくれました。
 気持ちがいいですね。
 川割りはお互いに誠意を持ってしなくっちゃね。
 この方としばし情報交換。
 さらに下流で午前中にやってきたとのこと。
 8寸ぐらいのが何匹か見えるが底にへばりついて全く動かないとのこと。
 そして、強風です。
 実はキャストもままならない程の風が吹いています。
 この方曰く、今日は増水した水が引いて最高のコンディション、絶対釣れるはずなんだが???
 そう、私もそう思って来たんです。
 風が強くて、水温も上がらず、ライズ無、魚も見えず。
P4120015.jpg 風が吹かないところを探して子安川に移動しました。
 高瀬川水系の支流です。
 上流には天然記念物モリアオガエルの生息地へブス沼があります。
 ここは岩魚が中心の川です。
 谷間で風が無く釣りやすいと思ったのが甘かった。
 林道に車があちらこちらに止まっています。
 潔く諦めました。
 下流で釣りをしている人にどんなもんと聞いてみると、遊びだよと返事が返ってきました。
 そして、川を知らない人は困るね。。。
 やっと水が引いて底荒れ状態だから釣れやしねえよと、グサリと来る言葉。
 何と返答したら良いやら。
P4120017.jpg 完全にあきらめて、根本養魚場を覗いてみました。
 FFが一人、ルアーが3人でした。
 渓流が解禁になると空いていますね。
 阿武隈山系は未だ本格的な春は訪れていません。
 桜のつぼみは堅くいつ咲くことやら。
 ここも釣れていないことを確認して自宅へ戻りました。
 あすは、寒く雨が降る予報です。
 帰ってきたら寒くて寒くて。
 ここで一大決心。
 月曜日から出張もあるし、これから帰る。
 5時に決心でした。
 出発。
 自宅到着午後10時。
 疲れた。
 年を考えず、強行軍でした。
 
  
posted by jetpapa at 23:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

お彼岸

 木曜日出発予定が仕事が長引き、金曜出発となりました。
 私の所と家内のお墓にお参りして、その後は庭木の剪定でした。

P3220010.jpg 梨を剪定してみました。
 ど素人が何の知識もなく見よう見まねでやってみました。
 それらしくなっていると思いません?
 この他に、梅6本、山椒、こぶし、柘植をとりあえず切り詰めてみました。
 その外に裏山から攻めてきた竹を無数に伐採してきました。
 必死にやって、時間を作ってしまいました。

P3220014.jpg 当然お約束の釣りです。
 体が、あちらこちら痛みましたが行かなくっちゃ、と根本養魚場に2時過ぎに向かいました。
 家から15分。
 いわき市小白井地区にありひと山超えたところです。
 池の周りは桜です。
 靖国神社で開花と聞きましたが、ここのつぼみはまだ固く1月季節が遅い状況です。
 自宅の梅もまだ咲かない状況です。

P3220015.jpg 3時前から釣り始め、ぽかぽかのいい天気です。
 イマージャーから始めましたが、全然反応無し、ウェイト入りのマラブーもだめ、ドライもだめ何をやってもだめ。
 しかし地元の方は、釣っていました。
 お持ち帰りの魚籠を見ると3,40匹入っていました。
 魚に遊ばれてしまいました。
 2時間やって、岩魚が1匹とニジマスが1匹の計2匹。
 やられました。
 ここ、根本養魚場は10年前からイトウの養殖を始め、この5年やっと採卵から稚魚を育成できるようになったそうです。
 養魚池では1メートルほどの顔が真っ赤っかになった採卵用のイトウが泳いでいます。
 それは凄いですよ。

P3230016.jpg ポカポカ陽気でしたが朝は冷え込んで、霜が降りていました。
 車の屋根には奇麗な模様ができていました。
 未だ、梅も咲いていません。
 疲れました。
 
 今回、嬉しかったこと。
 高速をスピードメーター110km、実測103km走行、一般道は制限速度プラス20kmまでの走行で、帰りの燃費が17.5kmでした。
 今までの最高燃費を記録しました。
 前車ワゴンRとほぼ同等でした。
 
 
posted by jetpapa at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

一月振りの福島

 金曜日からいつもの福島詣です。
 出発が少し遅れたので、昼食は加須でうどんにしました。


PB230020.jpgPB230019.jpg 「砂場」です。
 初めて入るお店です。
 煮込みうどんに魅かれて入ってしまいました。
 味噌仕立ての汁にシコシコのうどん。
 おいしかった。
 ここで、またまた写真を撮らなくちゃと気がついたのは箸をつけてからでした。
 卑し子?でした。
 食べ方に品がない時(つまみ食いなんかをした時に)、福島の方言で「いやしこ」するんじゃないと叱られます。

 東北自動車道に入ると、紅葉です。

PB230021.jpg 道路の左右は色づいています。
 遠くの山は頂上付近が雪景色です。
 今回の寒気は強かったようです。
 夜のニュースでは、大雪山で雪崩による遭難が報じられていました。
 福島では、裏磐梯の猫魔スキー場が開場していました。
 今年は、冬が早いようです。

PB240023.jpg 今朝、軒にチョウチョが留っていました。
 近寄って写真を撮っても逃げません。
 福島の朝は冷え込み、氷点下6度でした。
 車の屋根も畑も全部真っ白な朝でした。
 日が射してくると、触覚が動き出しました。
 成虫で越冬するようです。
 ここ数日急に冷え込み昨日の朝は雪が舞ったようです。
 越冬準備が間に合わなかったようです。

PB240027.jpg 今回のおみやげです。
 大好きな玉嶋屋の玉羊羹と金寳自然酒。
 この酒は、郡山市田村町の仁井田本家という酒蔵が作っています。
 長命之一滴自然酒 大変体に良いそうです。
 好き嫌いがはっきりした味です。
 濃い味の酒で、栓を開けたら暫く飲み続けると味が変わって更に美味しくなると酒蔵で、教えてもらいました。
 今回は、ベニマルで購入しましたが、この酒に凝っていた時期にはわざわざ蔵まで行って購入していました。
 早速、飲みながら書いています。
 久しぶりですが、やっぱり美味しいです。

PB240022.jpg 愛車カローラフィールダーです。
 ワゴンRから乗り換えたら天国です。
 1800ccですが、燃費もいいですよ。
 今回、高速と山道を通って福島を往復しましたが、
540km走行、ガソリンは34.1L、リッター15.8km走りました。
 1500はもっとすごい燃費とkingfisherさんは言っていました。

posted by jetpapa at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

会津

 土曜日から何時もの福島でした。
 今回は、軽自動車から普通車に代わったので、運転が楽でした。
 今までは、ウイーンと頑張っていましたが、今回はスーと行った感じでした。
 火曜日は会津方面に散策でした。

PA070017.jpg 7時に田村市滝根町出発。
 9時過ぎには会津若松 飯盛山に到着しました。
 白虎隊です。
 幕末の戊辰戦争で、少年たちはお城から白煙が上がっているのを見て落城と思い、ここで切腹をしています。
 中央は鶴ヶ城を見ている姿です。

PA070026.jpg 私は、飯盛山に来るのは2回目ですが、どちらかというとこのサザエ堂に興味を持っています。
 サザエ堂です。
 写真を見ると斜めに切れ込みが入り不思議な塔のように見えます。
 横溝正史のオドロオドロシイ小説に出てくる一場面のように私はここを見ると感じてしまいます。
 入り口から階段を上るといつの間にか下りだして裏口から出るようになっています。

PA070024.jpg 仕組みはいたって簡単、メビウスの輪と同じ原理です。
 天井を見ると千社札が所狭しと貼ってあります。
 ここで、階段が反対側に行って下りになります。
 全国でサザエ堂は3箇所あるそうです。
 群馬県ともう1箇所にあるそうで、機会があれば見学したいです。

PA070035.jpg 飯盛山から次は大内宿へ足を伸ばしました。
 11時頃には付近まで到着したのですが、大渋滞でした。結局1時間半渋滞に巻き込まれ12時半に現地到着なりました。
 ここは袋小路となっています。
 昔のわらぶき屋根が続いていますが、奥は山を背にしており、行き止まりです。
 人人人でした。

PA070041.jpg ここで気になったのが大スズメバチです。
 焼酎漬けになっていました。
 実は、土曜日の午後、庭に出ていると大スズメバチがタオルに止まってブーンとうなっていました。
 刺されたら命取り、でも、ついつい蝿たたきでバンと叩いてしまいました。
 幸い一発で絶命させましたが、ひやひや物でした。
 この瓶詰めを見て、捕まえておけばよかったのかと、つい欲がでてしまいました。

PA070042.jpgPA070043.jpg 豆コバチが飛んでいました。
 かやぶき屋根の軒下につるしてある、ヨシの中に巣作りをするそうです。
 ミツバチの80倍の蜜を取りそれはそれは働くそうです。

 大内宿でソバを食べ、柳津の虚空蔵様を参拝し一ノ宮、伊佐須美神社経由で帰りました。
 日曜日は300km以上のドライブとなってしまいました。



 本日は9時過ぎに福島を出発して川越に向かいましたが、また宇都宮で途中下車してしまいました。
 みんみんの餃子はおいしい。
 

posted by jetpapa at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

 福島も蒸し暑い

 土曜日から何時もの作業のため福島に行ってきました。
 体力的にも月2回はきつぃが、仕方ありません。
 今回は、台風11号の遠い影響でしょうか南風が吹き込み、9月半ばだというのにムシムシ湿度が高く気温も30度を越えました。
 夕方になっても気温は下がらず窓を開けたまま寝てました。
 例年であれば、この時期は朝夕冷え込み長袖シャツで過ごしていました。
 また、コタツも必要な冷え込みが始まる時期でもあります。
 なんてったって標高500mですから。
 夜、網戸に変な虫が留まっていました。

P9160011.jpgP9160005.jpg ハチの仲間でしょうか。
 長い触角と尻尾です。
 暑さのために飛んできました。



P9160016.jpgP9160033.jpg  ハネが無く、モゾモゾと歩き回っている変な虫です。
 びっくりするとピョンと飛び跳ねます。
 シミという虫でしょうか?

 蛾も部屋の中に迷い込んできました。

P9160024.jpgP9160022.jpgP9160029.jpg





  小野町飯豊天王下 八雲神社のお祭りでした。
 ここの下の道路を何時も通るので、ここに神社があるのは判っていたのですが、今日はお祭りのようでした。
 終了して帰るところでしたが、写真を撮らせて頂きました。
 どんな謂れの祭りかはわかりません。

P9170038.jpg 榎で作った馬です。
 今回台風9号の強風で榎の枝が裂けました。
 庭の伽羅に落ちてしまい木が駄目になってしまいます。
 親戚の方がとりあえず、枝を切り、植木から取り除いておいてくれました。
 感謝。
 更に畑脇の榎も倒れていたので、不在間の車止めとして今回こんなものを作ってみました。

P9170034.jpgP9170035.jpg お約束の釣りですが、今回は今朝2時間ほど常葉町早稲川地区 大滝川の最上流に行ってきました。
 3年ぶりの川です。
 何時も車を停めさせて貰う農家のおじいさんと久し振りにお会いしました。
 久し振りだね。どうしてこなかったのと、にこやかに迎えて貰いました。
 フライで渓流は、今年から本格的に始めたので餌釣りをやめてからの御無沙汰でした。
 
posted by jetpapa at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

新盆まわり


P8140024.jpg これはなんでしょう。
 灯篭です。
 昨年亡くなった方の新盆のために立てます。
 これを目標にお線香を上げに回ります。
 こちらでは町中の方がお互いに回るので、すごい混雑です。
 ・

P8140023.jpg 神俣駅前の通りです。
 一年で一番の混雑?
 車同士の離合が出来ません。
 何も知らない観光客の方は、イライラしてクラクションを鳴らしていました。
 イベントですからね。
 
posted by jetpapa at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灼熱地獄

 今回の帰省中福島は、灼熱地獄でした。
 本日は、群馬県で40度を越える気温を観測しましたが、阿武隈高地の滝根町でも30度を越えていました。
 土曜日からずっとこの状態です。
 何時もなら夜は寒いくらいですが気温が下がりません。標高が500m程度のところなので、朝夕は涼しくなって欲しいのですが日の出から暑い。
 自宅周りの草刈、倒木の整理、等々作業が沢山あります。
 休む閑無しの帰省でした。
 日中、木を切っていたらくらくらしてきました。
 軽い熱中症気味で、お茶を2本飲んで日陰でふらふらしていました。 
 外の作業が恐ろしいくらいの天気でした。
posted by jetpapa at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御盆帰省

 11日(土)から福島に滞在し先ほど帰ってきました。
 土曜日は帰省のピークで東北自動車道は、飯坂インターを先頭に70km、矢板付近で40kmとテレビでは盛り上がっていました。
 渋滞に恐れをなして、少し遠回りですが常磐自動車道、磐越自動車道を利用しての帰省でした。
 自宅を9時半出発、川越IC関越自動車道、外環道で三郷IC、常磐自動車道いわきJC、磐越自動車道で小野IC経由で滝根町。おかげさまで、渋滞無し270kmを休憩込みで5時間でした。当然制限速度で走行です。
 とりあえず無事到着でした。
 本日の帰りは、渋滞覚悟で東北自動車道を使っての帰宅でした。
 滝根町から阿武隈自動車道を一部利用して矢吹ICから加須ICそして一般道を川越まで240kmの走行でした。4時出発、矢板ICを先頭に19kmの渋滞で済んでしまいました。チョッと拍子抜けでした。
 途中、夕食を食べて9時半に到着でした。
posted by jetpapa at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。