2009年02月15日

顔の形が変わってしまったようです

 今年の冬は暖冬です。
 おかしいほど暖かく手袋なんぞこの冬は全く使ったことがありません。
 春一番が吹き土曜日は20℃を超える気温となり今日も15℃を超えました。
P2150051.jpg 私の畑のカラシ菜はこの通り例年ならばまだまだ芽が出たところですが、こんなに伸びて花が咲いている株もあります。
 そんな訳で、今日は今年初の収穫としました。
 というのは大ウソで、小畔川の河川敷に自生しているカラシ菜なのであります。
 今までは3月に入ってからが食べごろでしたが、もうここまで育ってしまいました。
 暖かいですからね。
P2150053.jpg 一番美味しい新芽です。
 花芽がついた茎が柔らかく美味しいのです。
 昼前に散歩がてら川を見に行って摘んできました。
 ちなみに竿は置いてきたんですよ。
 これを湯通しします。
 80℃のお湯にくぐらせるのが一番辛くなります。
 まず根本からやかんの湯をかけていきます。
 下のボールに半分程度堪るまで湯をかけたら、ザルを回して上の葉っぱ、花芽を湯にくぐらせます。
P2150055.jpg  手早く冷水に浸して熱を取るのです。
 そして十分に水を切ってまな板の上に、このとおり。
 荒塩を適量振ります。
 私は沖縄のヨネマースがお気に入りで、燻製の時もこの塩を使っています。
 そして揉みます。
 これが無いと辛くならないのであります。
 辛味細胞を破壊し、辛さをとことん追求します。

P2150056.jpg 十分に揉んだらこんなになりました。
 きれいな緑と、揉んでる最中からツーンと鼻に来ています。
 まだまだですよ。
 これからが、大事なんです。密閉容器に入れて寝かします。
 今日は昼前に摘んで、昼過ぎに調理をしました。
 夕飯にはまだ潮が完全になじんでいませんが、もう食べられます。
 明日の朝からが美味しくなるかと思います。
P2150057.jpg 保存用のパックに入れて密閉して冷蔵庫に入れておけばよいのです。
 カラシ菜のおひたし、簡単です。
 そんな訳で夕飯のおかずでいただきました。
 ありゃりゃりゃりゃ、鼻が曲がってしまったかも。
 辛い辛い。
 鼻が元に戻って欲しい。



P2150058.jpg 昼からは竿を持って小畔川探索です。
 何時もどおり、上流を目指して鉄橋をくぐると藪次郎さんの原チャリがいつもの所に止まっていました。
 上流からやってきました。
 今日はどんな具合?
 うううーーん、だめなんだよね。
 上流のプールには川鵜が3羽入っていたそうです。
 ライズはあるものの、極小稚魚サイズのみ、フライを突くものの鈎掛りは全くないとのことです。
 そんな中で藪次郎さん釣りました。
 貴重な本日の一匹です。
 私はボーズです。
 小畔川でボーズですよ。
 ボーズ。
 気を取り直して上流を目指しました。
P2150060.jpg 藪次郎さんは釣れないので水上公園へ向かいました。
 このいい天気です。
 子供たちは大喜びで水遊びです。
 いいですね。
 何箇所かで遊んでいました。
 釣り人も多かったですよ。
 釣れませんが頑張っていました。
 今日は初めて見るフライマンもお一人頑張っていました。



posted by jetpapa at 20:43| Comment(6) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

大勝軒

 東池袋大勝軒です。
 行列ができ、待つことを覚悟で来ましたが1時過ぎでこの通り、すんなり店内に入ることができました。
P1280002.jpg 今日のお昼ご飯は東池袋の大勝軒でいただきました。
 大勝軒は御主人の高齢及び体調不良で営業を終了しましたが、お弟子さんたちが再度ここにリニューアルオープンしたのです。
 以前のお店と道路を挟んで反対側にできていました。
 店の中はこじゃれた感じになっており、何とジャズがバックグランドミュージックで流れていました。
 前の店を知っている人が訪れたらドピュエーっとおったまげてしまいます。
 私、面喰ってしまいました。
P1280001.jpg
 注文は定番のもりそばです。
 これは普通盛ですが、結構な量で最後はスープ割でしめましたがお腹がいっぱいになってしまいました。
 隣の方は中盛りを食べていました。
 洗面器のようなどんぶりに麺が入っています。
 これが大盛りになったらどうなっちゃうんですかね。
 数年前までラーメンフリークでとにかく食べ歩いていましたが、最近は腹の出具合と、少し好みが変わったせいかほとんどラーメンを食べなくなりました。
 今日は何となく大勝軒のもりそばを食べたくなりやってきたのです。
 少し甘い付け汁で太めのもっちりした麺。
 以前はもっと太かったような気がしました。
 もうちょっと甘かったかな?
 味の記憶も忘れてました。
 昔の味を覚えている人は凄いですね。
 昔味を復活なんて、よく記事が出ていますが凄いことだと思います。

 ちなみに今日の味は坂戸駅前で昼にちょんの間だけ営業する丸長のたれよりは甘くなかったと思いました。
posted by jetpapa at 16:25| Comment(8) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

美味しかった


PC280001.jpg 昨晩はかすみ食堂で、プチ忘年会となりました。
 ここの店は店構えからは信じられないほど(かすみ食堂さんこんな表現ですみません。)美味しい料理を出してくれるのです。
 どれだけ注文したか最後は忘れるほどの品数を今回はいただきました。
 これは最初に出てきたニラレバ炒めです。
 最初からびっくりです。
 つけだしの花、綺麗ですね。
PC280002.jpg ねぎで作った花でした。
 次が牛肉とタケノコの炒め物、この花はツバキです。このツバキは前の皿の海老のフワフワ炒めについていたのですが食べてしまってから気が付きました。
 (ここには大根の蝶が留っていました。)
 なんと人参で作ってあるのであります。
 前回も紹介していますが、この手慰みがなんともいい感じなのです。料理は最高かつ目でも楽しませてくれます。
 パクパクゴクゴク食っちゃ飲んで皿数と御銚子がどんどん増えていきました。
 
PC280003.jpg
 海老チリです。
 火のとおり具合が絶品です。
 海老がふんわりとしてコッキサックサック?なんとも言えない歯ごたえが素晴らしい。
 味付けは極端に辛くなく、かといってダレた味付けでなく口の中で幸せがほんわりと広がっていきました。
 こんな表現はまどろっこしいので一言で言うと美味い。
 飾りは人参で作ったアコーディオン?
 良く解りませんが凄く手の込んだ飾りです。
 引っ張ると伸びるしふにゃっと曲がって門構えのようです。
 ちなみに飾りも全部食べちゃいました。
 今回食べた物をおさらいです。
 藪次郎さんが写真を撮るまでカメラを持っていることを忘れてました。
 その後も何皿も出てきましたが、今度は気持ちよくなってしまい写真どころではなくなってしまったのでこの3枚だけなのです。
 決して他は見せたくないのではなくて食べること、飲むことと話すことに夢中になってしまっただけなのです。 
 海老と卵のふわふわ炒め、これ絶品。
 ここのお店の一番メニューです。
 そんじょそこらの中華屋さんでは食べられませんよ。
 ここのばあちゃんもうちの一番お勧めですと胸(あったかな?)を張ってました。
 チンジャオロースー、つまりはキャベツと豚肉の炒め物とでも訳すのでしょうか。
 キャベツのしゃきしゃき感を微妙に残しながら肉と垂れの味が絡んできます。
 固くもなくかといって芯まで完璧に火がとおった肉とタレのバランスが食欲をそそります。
 チャーハン、作りおきではではありませんよ。
 パラパラっと口の中できれいにほぐれる本格的なチャーハンです。
 お皿にはこんもりとしっかり盛りつけられて卵を中心にいろいろな具材が入っていました。
 これ美味かった!
 御代りしようかと思ってしまいました。
 焼きそば、川越焼そばでした。
 今までに、みどりやさん、山利軒さんなどで食べていますが、ここのはまたまた美味いですよ。
 自家製ソースとの絡みそして何と言っても素晴らしいのは麺の炒め具合でした。
 腰があるのです。
 芯が残っているのではなく腰があるのです。
 こんな食感の焼きそばは初めてです。
 大体がぐにゃりとしていますが、例えて言えば讃岐うどんの腰のある麺でしょうか。
 最近になく美味しい焼きそばでした。
 この外に4,5皿出て来たと思うのですが、酔っ払って何だったか覚えていません。
 だって全部が全部、美味しかったんですからね。
 食べ物のことしか書いてないけど・・・・・・
 誰と忘年会だったかって?
 小畔仲間のプラントFさん、藪次郎さん、奥、そしてjetpapaの4人でした。

 あーあー美味かった。
 

posted by jetpapa at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

文明軒の調理パン


PC220038.jpg 代々木駅前の文明軒です。
 おじいさんとおばあさんが手ずくりで調理パンを販売しています。
 今朝は代々木で仕事だったにで、朝一にやってきました。
 昼ご飯用に8時半に仕入れておきました。
 実は、昼に行ったら売り切れで好きなパンを食べれません。
 知ってる人は朝一に買っているのです。
 卵パン、サラダパン、白身魚フライパン、コロッケパン、メンチパン、コーンコロッケパンがあります。

PC220039.jpg お昼にサラダパンとメンチパンを食べてこれはお土産です。
 ここのパン生地が美味しいのです。
 昔ながらのパン生地で、ほのかに甘く挟んだ具とうまくマッチングー。
 久しぶりに食べましたが、味は昔のまんま。
 代々木に来たらまた買いたいと思いました。
posted by jetpapa at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

チャンポンとトルコライス

PC080021.jpg 今週は長崎に出張でした。
 今回は仲間と御酒を飲みながらの楽しい夕食という誘惑に負けそうになったのですが、強い意志でチャンポンを食べに向かったのです。
 会樂園のチャンポンを月曜日の晩飯としました。
 このお店は長崎中華街の入口にあります。
 スープはコラーゲンの塊のようでこってりとして味が濃く美味しいのです。
 スープを残らず飲んでしまいました。
PC080022.jpg スープをすすっているとこれが出てきました。
 烏龍茶でした。
 こんな素敵な器に美味しいお茶が入って出てきました。
 美味しかったです。
 そして口の中がさっぱりしました。





PC090032.jpg 二日目は三成號に行って見ました。
 ここは会樂園の斜め向かいにあるお店です。
 ここの売りはラードを全く使わないスープです。
 確かにスープはさっぱりとしており、こちらで食べるタンメンの塩味のスープに近い食感です。
 中華街のチャンポンはこってりとしたスープとさっぱりとしたスープの2種類、どちらもおいしいです。


PC100036.jpg チャンポンともう一つ長崎と言えばこれです。
 トルコライス。
 なんでこれがトルコライスなんでしょうか?
 ご飯の上にカツ、それにデミグラソースがたっぷりかかっています。
 ナポリタンがサイドに乗っています。
 そして、ポテトサラダとキャベツの千切りです。
 私の昼ごはんにはちょっとヘビーなぐらい、量があります。
 前記事で道東の同じような食べ物のことを書いています。
 

 

posted by jetpapa at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

新潟の美味いもの

 月曜日の昼過ぎに降りだした雨は火曜日の早朝には止んでしまいました。
 出勤時に期待していたのですが、残念ながら傘をさすことはありませんでした。
 それでも水位は10cmほど上昇し110cmになっていました。
 二つ目玉低気圧が通過するので荒れた天気になり、今夜から明日にかけて少し雨が降りそうです。
 大雨になってくれることを期待しています。 
 
PB260052.jpg 今週は新潟に2泊3日で出張でした。
 結構きつい出張でフラフラになって先ほど帰ってきたところです。
 この絵何だか判りますか?
 魚拓のようですね。
 実は割りばしの紙ケースです。
 駅前のマグロ居酒屋に仲間と夕食がてら入ったら割りばしの袋が魚拓だったのです。
 左上からアオリイカ、マグロ、サンマ、マス、右上からイワシ、カンパチ、イワナ、甘エビです。
 なかなか趣があって気にいってしまいました。
 そんな訳で、みんなの袋を頂きました。
PB260056.jpg 大好きな菊水です。
 何時もは金色の缶を飲んでいますが、黒い缶がありました。
 川越では手に入りません。
 何時もの金色は270円ですが、これは480円でした。
 アルコール度数19度であります。
 一本飲んだらいい気分になってしまいました。
 ちなみに、焼酎のようです。
 酔っ払って裏の能書きを読んだので、いい加減かも。
 美味かったですよ。
 何時もの2倍の値段ですからね。
 この外に緑色の新酒。
 赤色のちょっと上級。あともう一色忘れてしまいました。
 そしてもう逸品。
 麒麟です。
 これ美味いですよ。
 300ml 500円でした。

PB260057.jpg  朝取りの甘エビです。
 目は真っ黒なんですがフラッシュで光ってしまいこんな感じです。
 スーパーの鮮魚売り場を覗いたらこれがありました。
 卵をいっぱい抱えて光っていました。
 一目見た瞬間、これ食べた〜い。
 即買ってしまいました。
 出張道具には醤油も入っていますからね。
 2泊目は、甘エビを魚に 菊水黒缶と麒麟でしっかり酔っ払ってしまいました。
 頭を外して脳みそをチュルル〜っと吸ってから身を醤油にちょっと漬けて。
 ああ〜美味しかった。
posted by jetpapa at 21:52| Comment(4) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

那覇で魚がおいしい店 「苫屋」

 苫屋さんです。
 ここの親父は10年来の古い友人で10年前に那覇に住んでいた時に大変お世話になっています。
 その後もたびたび訪問しています。
 今月初めに訪問した時にブログ掲載の承諾を得たので紹介させていただきます。
 隠れ家的な店でいろいろな方がやってきます。
 ハッキリ言って一見さんは勇気が要ります。
 しかし、ここの雰囲気がいいんで皆さんすぐになじんでしまうようです。

P90800109.jpg 伊勢海老が中心の刺身盛りが出てきます。
 美味しそうでしょう。
 これを手巻き寿司にして、またはそのまま刺身でいただきます。
 最後にこの伊勢海老、魚のあらで味噌汁を作ります。
 味噌汁は大鍋で出てきます。
 今回は7人で行きましたが、最後は目を白黒、大の男がもう勘弁してくれというほどの大満足でした。 
 どんな物がこの船に乗っているか?
 まずはでっかい海老です。
 アカジン・・沖縄の高級魚で、最近は少なくなりました。
 ウニ、ヒラマサ、ホタテ?沖縄で採れるの、夜光貝、シャコガイと沖縄の地物が盛られています。
 しかし、イラブーッチャが乗っていませんね。
 これは代表的な沖縄の魚ですがここでは出ません。
 理由、臭うから? 苫屋では出さないのです。
 この外にヘラクラべラ、白鯛、蝉海老、ヤンバルウナギ、そしてカウンター下の水槽に海老と一緒に泳ぐ
秘密の食材があるのです。
 秘密の食材はカウンターに座った人だけが見ることができます。
 そして、本当にラッキーでチャンスをものにした人だけが食べることができるのです。
 うちなーでもほとんどの人が食べたことはないでしょう。
 これはいろいろな料理になって出てきます。

P90800110.jpg 大将の伊佐則男さんです。
 皆さんこの親父の人柄に魅かれてやってきます。
 当然、魚は絶品ですからね。
 セリ人の資格を持っています。
 もともとは仲買人としての仕事をしていたが30年前に苫屋を始めたそうです。
 そんな訳で魚は絶品です。
 最近は占いに凝っているそうで、気が乗ると手相を見ているようです。
 本当にわかるのかしらん?
 面白い人々が集ってきます。
 知らない隣どおしで話に花が咲きます。
 陶芸家のMSMさん、漁協のICHさん、学校のYZAさん、染織家、船乗り、市役所、書店等々いろいろな方々がやってきますよ。
 ここのシステムンも面白いのです。
 親父の人柄でしょうか。
 お客を信用しています。
 ひとりで店をやっているので手が回らないのです。
 そんな訳でお酒はセルフです。
 生ビールも自分でサーバーから、泡盛も甕から自分で、氷も水も、終いには勘定までご自分でということになってしまいます。
 皆さん、満足して帰って行きます。

 場所ですか?
 098−8661ー9252
 国際通り北突き当り安里交差点を泊港方面に100m 安里バス停前 2階にあります。
  
posted by jetpapa at 06:04| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

沖縄の古い友人から伊勢海老が送られてきたこと

 8時過ぎに沖縄の友人から伊勢海老が送られてきました。
 毎年のことで、恐縮しています。
 今年のエビはびっくりです。
P8240016.jpg 体調が40cmを超えています。
 まな板の大きさと比較すればこの大きさがよく解ります。
 「あらら、また送ってもらっちゃったね。」
 軽い気持ちでクール宅急便を開くとモンスターが出てきました。
 さばくまで、虫の息でしたが生きていました。
 尾の身を刺身に、胴体は茹でて、蟹と同じく頂きました。
 この大きさです。
 足の太さもはんぱじゃないんです。
P8240017.jpg 茹でたら真っ赤っ赤です。
 色が変わってしまいました。
 きれいに変わりました。
 甲殻類はどんな色をしていても、茹でると赤くなりますね。
 蟹の足と同じです。
 ただし、甲羅は蟹よりも薄いので身を取り出しやすいのです。
 こんなでかい奴は沖縄でもめったに取れなくなってしまいました。
 友人に感謝して美味しく頂きました。
 ほっぺが落ちそうでした。

 先ほどお礼の電話を入れたところ、この海老の名前は島海老と沖縄では言うそうです。



posted by jetpapa at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

今月美味しかったもの

 今月美味しかったものが沢山あったのでとりあえず紹介します。

P8100032.jpg インディアンカレー煎餅です。
 先々週自由軒のインディアンカレーを食べましたが、帰ってきて若葉ウォークのスーパーマーケットで見つけました。
 味の比較、OKです。
 本物と同じ味付けでした。
 ついついたべすぎてしまいます。
 2袋買ってあっという間に食べてしまいました。
 美味しかった。

P8110034.jpg お盆に福島で食べたかつ丼です。
 本宮市にある柏屋食堂です。
 今回は2回目の訪問です。
 前回はかつ丼を注文して美味しかったのですが、奥は次はロースかつ丼を食べたかったこと、そして私はとじ卵のかつ丼を再度食べたかったので行ってきました。
 ソース味のロースかつ、絶品。
 かつ丼だけで客が絶えない訳です。

P8190096.jpg 司牡丹。
 高知の銘酒です。
 昔は一升行ってしまいましたが、今はこの瓶300mlで十分になってしまいました。
 純米吟醸、はらわたにしみわたりました。
 昨晩、高知でいただきました。
 オリンピックを見ながら気持ちよく酔っ払ってしまいました。


P8210102.jpg 夏蜜柑 丸漬です。
 夏蜜柑をくり抜いた中に白餡の羊羹が入っています。
 萩原産のすっぱい夏蜜柑を丸ごと使い中身をくり抜き蜜柑の形を残したまま羊羹を流しこみました、と説明書に書いてあります。
 このお菓子は奥のお気に入りで、出張時に買ってきます。
 先ほど食後のデザートにいただきました。
posted by jetpapa at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

インディアンカレー

 今週も暑い日が続いています。
 火曜日から大阪出張となり先ほど帰ってきました。
 大阪も暑かったのですが8時過ぎに駅から歩いてきたら汗だくになってしまいました。
 今日は熊谷で40度を超えたようですね。
 そんな訳で8時過ぎなのにまだ30度以上あったかと思いました。

P8060065.jpg あまりの暑さにお約束の釣りは止めです。
 かなり歩かないと釣り場まで到着できず、安近短の趣旨から外れるので止めました。
 今回はインディアンカレーです。
 まあるくドーナツ状にドライカレーを盛りつけます。
 そして中央に生卵がポッチャンと鎮座しているのです。
 自由軒のインディアンカレー。
 大阪に時々行くのですが食べる機会がなく、今回念願が叶いました。
 少し辛めのドライカレーですが、生卵をスプーンで崩して混ぜながら食べると絶品です。
 今回はめったに注文しない大盛りを注文してしまいましたが、余裕で完食でした。
 大阪ではドライカレーに生卵ですが、北九州では普通のカレーに生卵でした。
 これも美味いんですよ。
 やはりカレーと卵のトロトロが混ざると味がまろやかになり食が進むのです。
 この際ですから番外の美味しい卵かけご飯を紹介します。
 熱い赤飯で卵かけご飯。
 これが美味いんです。
 奥は気持ち悪いといいますが、うるち米とモチ米の違いで食感がかなり変わります。
 つるつるになるのです。
 好きな人はすき、ダメな人はだめなんでしょうね。
 でも、美味しい。
 
posted by jetpapa at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

長崎の不思議な食べ物

P5130084.jpg 長崎名物トルコライスです。
 お皿の上に白いご飯にカレー、カツ、スパゲッティーナポリタン、サラダが乗っています。
 これが基本形でバリエーションは無数にあります。
 カレーがハヤシになったり、カツはチキン、ポーク、ハンバーグと変化技があります。
 スパゲッティーはナポリタンその他多いろ、サラダはあるだけの種類。
 更にオムライスにカレーとか、バリエーションはそれこそ無数にありました。
 今回入ったお店で、あまりの品数の多さに注文はスタンダードにしてくださいとお願いしたところこれが出てきたのです。
 十分におなかがいっぱいになります。
 大人のおこちゃまランチでしょうかね。
 これと同じ系統の物が北海道にあったのです。
 エスカロップ。
 2007年9月22日の記事にあります。
 http://blogs.dion.ne.jp/koaze/archives/2007-09-1.html


P5130081.jpg 井上鯨肉店の鯨スティックです。
 鯨肉専門で店を構えているところが凄い。
 さえずり、オノミ、赤肉等々ありました。
 長崎ではほとんどの料理屋さんで鯨を食べることができます。
 鯨スティック350円、鯨の赤身を塩コショウ、パン粉でくるんで揚げています。
 美味いですよ。
 
posted by jetpapa at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

森 伊蔵

 今週は4時になると目がパッチリ覚めてしまいます。
 かといって2度寝をすると、何時まで寝ているか判りません。
 そんな訳で毎日早起き、そして毎日ブログを書くことができました。
 時差ボケが完全に抜けていないようです。
 え? いつも呆けているって!
 そりゃそうですが。
 毎日書いているとネタ切れです。
 そんなときは美味しいネタです。

P4060003.jpg 森 伊蔵です。
 知る人ぞ知る、知らない人は単なる焼酎です。
 シカゴから成田のJAL便でゲットしました。
 なかなか手に入らないのですが、機内免税品販売で運良く手に入れることができました。
 通常の一升瓶ではありません。
 720ml箱入りです。
 昔飲んだ一升瓶の森伊蔵と同じ味がしました。
 ホントはかなり前に飲んでいるので、どんな味がしたかは全く覚えていません。
 今回、あっという間に飲んでしまいました。
 最初は生で。
 次がロック。
 締めはお湯割り。
 甘くてトロリとして美味しい。
 いくらでも入ってしまいました。
 帰ってきた日曜の晩から、飲みだしたら。
 何時まであったかは御想像にお任せします。
 ホント、美味かった。
posted by jetpapa at 05:32| Comment(9) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

きなせ亭 鯨とお酒を

P3300005.jpg 今夜の夕食はきなせ亭へ家族で行ってきました。
 いつも昼間しか行っていなかったので、今夜はお酒がと期待して行ってきました。
 当然運転は娘がお勤めです。
 まずはつけ出し。
 こごみと蕨の胡麻和えでしょうか。
 ベースには寄せ豆腐が下に引いてあります。
 こじゃれた器と、食感がなんとも言えません。
 これを肴に注文した料理を待ちます。
 至福の一時がが始まりました。

P3300006.jpg ミンク鯨です。
 クジラの味が強い感じです。
 久しぶりの刺身です。
 九州に住んでいた時はほぼ毎週食べていたのですが20年ぶりの食感です。
 少し油の味が舌に残ります。
 注文時に鯨の味が強いと説明を受けたとおりでした。
 慣れれば最高の味と思われます。
 ところで、刺身の下にある黒っぽい板は何か判ります?
 クジラの鬚です。
 今は手に入らなくなってしまいました。
 貴重品です。
 ガット、ゼンマイ、穂先。
 判りますか。
 テニスのラケットのガット、からくり仕掛けの動力源としてのゼンマイ、カワハギ用竿の穂先。
 クジラは残すところが無いほどすべてを使っていたのです。
P3300007.jpg ナガス鯨が次に出てきました。
 ミンク鯨と比べると確かに上品な味と匂いです。
 醤油に小ネギ生姜を混ぜて頂きますが今回は生姜をほとんど入れないで味を確認しました。
 肉の食感、風味がよく判りました。
 つまり、鯨の味が薄く匂いも油感も弱いということです。
 私はどちらも美味しく頂いてしまいました。
 絶品であります。
 奥と娘はやはりナガス鯨が合うとのことでした。

P3300008.jpg そして鯨の南蛮漬けです。
 たれに漬けた鯨です。
 この上に松の実、鷹の爪、小ネギが乗っています。
 これも美味しい。
 奥は一番おいしかったと言っていました。
 レバーの刺身のような食感でした。
 癖が無くて見た目と違いさっぱりしています。

P3300009.jpg 番外として蛤焼きを注文しました。
 この炎、心憎い演出です。
 食べる前に、ワーっとびっくりしてしまい鱒。
 当然、おいしかったですよ。
 絶妙の火加減で、ハマグリがやわらかく仕上がっています。
 ちょっと塩味が強かったのですが出汁に磯の香りを感じました。
 そして きなせ定食を頼みました。
 今回は画像がありませんがこれも大満足の逸品でした。
 まぐろカツにトマトのみじん切り和え、マグロ剝き身とタコ刺し、ひじき、ほたての味噌汁、香の物にご飯。
 美味しかった。
 そして、麒麟麦酒と麒麟山を冷で。
 お酒も美味しかったのですが料理を引き立ててくれました。
 家族3人満足して帰ってきました。

 酔っ払っていますので、今までブログには意見とかを書かなかったのですが、美味しいクジラを食べたらまた食べたくなったのでつまらん愚痴をちょこっと。
 子供のころは給食で竜田揚げが定番でした。
 昭和30年代の小学校の給食には必ずあったメニューだったと思います。
 硬くて靴の底と言ったイメージがあります。
 当然、鯨より肉を食べたかった思い出があります。
 その後、九州(北九州芦屋)に住んでいた時、酒の席に出た尾のみ、絶品でした。
 目から鱗、今までの鯨に対する認識が一変しました。
 牛刺しよりも美味しかったんですから。
 それから、食べるようになったんです。
 調査捕鯨ではなく正式な捕鯨が再開されることを切に望んでいます。
 クジラも増えてしまい、このままでは逆にイワシなどの大量に発生する回遊魚が少なくなってしまいます。
 中国、インドをはじめ人口が激増しています。
 牛、豚を飼育する資料が不足します。

 鯨もかわいいんですよね。
 沖縄では何度か鯨を見る機会がありました。
 しかし、牛もかわいいですよ。
 家内の実家では牛を飼っていたそうです。
 機械化される前の畑仕事等の力になっていたそうです。ある時道から下に牛車ごと落ちてしまった時は、申し訳なく思ったのか涙を流したそうです。
 牛豚は食べられるためにうまれてきた?
 カンガルーも間引きされるために生まれてきた?
 グリンピースの行動を支援、黙認している国の心のうちは?
 食糧戦略で、世界を支配したいのかしらん。
 美味しい鯨を腹いっぱい食べたい。
 勇魚という小説をC.W.ニコルさんが書いていますが日本の鯨捕りと欧米の油だけを捕り外は捨ててしまう漁法の違いと文化がよく判ります。
 乱獲ではなく調整捕鯨で十分にやっていける時期に来たと思っています。
 あとは、クジラはかわいいという感情論だけですね。(この裏には鯨でタンパク質が補給されることにより牛豚の依存度が下がり、不利益を受ける国の情報操作があるためか。)
 ちょっと深読みしすぎか?
 酔っ払って、美味しい鯨を食べたい親父のたわごとでした。
posted by jetpapa at 21:56| Comment(16) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

生キャラメル

 噂の生キャラメルを探してみました。
 田中義武さんのキャラメルは売り切れで、入荷待ちと看板が出ていました。
 このキャラメルの説明は先にまるひろデパートの北海道物産展でgetしたことを記事(昨年11月6日のうまいものにあります)にしました。
 今回は、北海道村というところで作っている生キャラメルを買ってきました。

P3070060.jpg 株式会社北海道村 小樽市銭函というところで製造販売しているようで、千歳空港のターミナルにありました。
 この生キャラメルは何ヵ所かの売店で販売していたので、どんなものかと買ってみました。
 早速家族で食べてみましたが、花畑牧場の生キャラメルと味はそんなに変わらないんじゃないかという結論でした。
 やはり、有名人の牧場で作っているのと後発メーカーの差でしょうか。知名度が全くないのでこちらは在庫が沢山ありました。
 美味しいんですがね。
 ただし、630円です。マジ?




posted by jetpapa at 07:18| Comment(0) | TrackBack(1) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

モンブラン

 念願のモンブランを食べにフロワベールにいってきました。
 開店前に電話予約をして11時過ぎにお店に到着、 プラントFさん、激推の味を堪能してきました。

P2100014.jpg ここのシェフはお菓子の世界大会コンテスト?で2位に入った腕前だとか。
 何と表現したらいいでしょう。
 直ぐに売り切れてしまいなかなか食べられないといえば、だれもが評価している味ということが分ると思います。
 クリームが主体のお菓子です。
 真中にブランデー漬けの甘い栗が入って、土台はスポンジケーキの代わりにカリッと焼いたほんのり甘いタルトになっています。
 クリームもブランデーの香りがほんのりとします。
 コーヒーのほろ苦さとクリームの強すぎない甘さが舌をまろやかに刺激して癖になりそうです。

 ああ美味しかったで、終わらないところが食いしん坊の奥の真骨頂です。
 お茶はここで済ましたので、お昼ご飯はどこにしようか、その後は。
 また、きなせ亭に行ってきました。
 お気に入りのきなせ定食です。
 今日も期待を裏切りません。
 まぐろの赤身のステーキがメインでこはだとマグロ剥き身の刺身。
 きんぴらとかぼちゃの炊き合わせ。
 香の物、なめこの味噌汁とごはん。
 もう一品、奥が注文したのはメインが豚肉の天ぷら黒酢あえでした。
 どちらの定食も大満足、美味しく頂きました。
 帰りにはJA越生の農産物売り場と鳩山の農産物直売所を回ってきました。
 安くて新鮮な野菜が並んでいました。
 奥はいつもここで買いたいと言っていましが、ガス代と手間を考えたらやっぱり近くのスーパーでしょう。
 土日は釣りに行かなくちゃならないから、私暇なしなんです。


posted by jetpapa at 18:22| Comment(11) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

シシャモ

 今夜は帰宅時駅に降りると雪になっていました。
 寒い寒い。
 早く帰ってお風呂に入りまずは一杯。
 ついつい、早足になってしまいました。
P2060019.jpg 今夜のおかずはシシャモです。
 本物です。
 ノルウェーとかアイスランド産のぺぺレイとは違います。
 数日前にニュースで釧路のシシャモの特集をしていました。
 ここの漁師さんは資源保護のためシシャモが産卵のため川を遡上する時期になると自主禁漁としていることを伝えていました。
 しかし、密漁者は遡上するシシャモを一網打尽に捕ってしまいます。
 何せ市場価格とんでもない値段になっているからです。
 このパックで少なくとも1000円以上するそうです。
 パックには298円と貼ってあり安いと買ってしまいました。
 でもよく見て下さい。
 釧路産オスとパッケージに記載されています。
 オス  卵が無いのです。
 焼く前にやっと気が付きました。

P2060021.jpg 焼き上がりです。
 味は違いました。
 ホントに美味い。
 これで卵が入っていたらそれはそれは美味かったんだろうなと心から思いました。
 本物と北欧産のシシャモもどきぺぺレイの違いをここに明記します。
 1.味が全く違います。
   卵なしのオス6匹298円
   絶対納得の味。
 2.魚体が丸っこく一回り大きい。
 3.色が黒い。
 4.口が小さい。
   これが一番わかりやすい。
 今回、初めて本物のシシャモと意識して食べました。
 本物は違います。
posted by jetpapa at 22:08| Comment(6) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

きなせ亭

 今日は雪模様で釣りにも行けません。
 朝早く散歩にも行ってきました。
 いつも気持ち良く釣りに出してくれる奥に感謝をこめて、お昼は美味しい物を食べに行くことにしました。 
 久しぶりに奥と二人で、雪のドライブも楽しいものです。
 特に、何所に行くと決めもせず自宅を出発、東松山方面へ向かうと、きなせ亭が頭に浮かびました。
 ときがわ町にある鯨専門店です。
 ここの定食は絶品です。
 きなせ定食、3種類のおかずから2品を選びます。
 1品は何が出てくるかわかりません。
 私は、クジラと豆腐のハンバーグ、マグロ、おでん、香の物、味噌汁、ご飯です。
 やわらかく、ほのかに鯨の味がします。
 小学校の時に食べた靴の底のような竜田揚げとは全く違います。
 上品で、奥が深く美味しい肉です。
 まぐろのブツも絶品です。
 奥は、牡蛎と豆腐の卵和え、マグロ、おでん、香の物、味噌汁、ご飯です。
 牡蠣がうまい。
 端の方を頂きました。
 豆腐と牡蠣の風味が上手く会っています。
 これも美味しかった。
 満足のお昼ご飯でした。
posted by jetpapa at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

食事会

 昨日は釣りを途中で止めて食事会のスタンバイでした。
 後ろ髪を引かれる(あんた引かれるほどの髪があるのかって)思いで途中退場でした。
 ブログ整理などしながらお迎えを待っていました。

P1140060.jpg 今日の料理、先ずけです。
 これから美味しいものが次々と出てきました。
 美味しくて、嬉しくて何時もはこんなに食べれないのですが今回のコースは残すことなく頂きました。
 夫婦で正式なコース料理に招待されたのは初めてでした。
 嬉しくて、夫婦共々酔っぱらってしまいました。
 娘に、感謝、感謝。
posted by jetpapa at 05:41| Comment(4) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

さざ浪

 毛呂山町にある麻原酒造の昔ラベルのさざ浪です。
 手詰め中取り 無濾過純米生。
 埼玉県内の酒造会社で、麻原酒造はお気に入りです。

PC300049.jpg 琵琶のさざなみは前から気に入っていました。
 冷やして飲むとおいしいです。
 
 今回の昔ラベルはデザインがいいですね。
 昔のセンス、捨てたもんじゃありません。

 右のお酒は、先ほど釣りの帰りに買ってきた大吟醸です。
 滋賀県喜多酒造の純米大吟醸 夢銀河です。
 限定酒アルコール分17度以上18度未満、今夜飲んでみましょう。
 この酒を買った理由は、3150円という値段に魅かれてしまいました。

 どちらのお酒も「ほりこし酒店」から買ってきました。
 以前から日本酒はこの店で買うことにしています。
 ご主人が美味しい地酒を全国から集めて販売しているからです。
 これが今日の酒で一番うまいと断定するので、ついつい買ってしまいます。
 
posted by jetpapa at 13:02| Comment(4) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

UNDER GROUND

 今日のお昼は奥の希望で久しぶりにアンダーグランドに行ってきました。

PC220061.jpg 奥の注文は辛みそラーメンです。
 野菜大盛りニンニク増量を注文していました。
 今日はちょっとしたハプニングがありました。
 前のお客さんはチャーシュウ頑者ラーメンを頼んでいたせいか、チャーシューが辛みそラーメンに乗っていません。
 ご主人、すみっませんと一言別皿にチャーシューを載せて出してくれました。
 今日は味がチョコット濃すぎかな。
 美味しいんですがショッパイ。

PC220060.jpg jetpapaはラーメンです。
 いりこ出汁のラーメンでさっぱりしています。
 美味しく頂きました。
 メンマ、タマゴ、ホウレンソウ、ネギがトッピングされています。
 メンマが特に良い味でした。

 夕方から雨が降り出しました。 
 水位は低下、河床は汚れています。
 川が再生するようこのまま、しっかりと降ってほしいものです。
posted by jetpapa at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。