2009年02月14日

水面で勝負

 今日はバレンタインデーでしたが、久しぶりに川越水上公園へ出撃でした。
P2140047.jpg 別にバレンタインデーと釣りは関係が無いんですが。
 8時半水上公園に入場、出遅れで釣り場は人人人と覚悟して行きましたが、拍子抜けでした。
 ガラガラです。
 昨夜の春一番そして今日も強風が吹くという天気予報に影響されたのでしょうか。
 ガラガラです。
 風もなくポッカポカを通り越して暑いほどでした。
 陽気のせいでしょうか。
P2140043.jpg 波のプールではライズです。
 ボコボコ出ていました。
 そんな訳で今日は水面で丸一日勝負をしたのです。
 昼近くまでほとんど風もなく気温がどんどん上がってきました。
 波のプールの水は透明できれいでした。
 魚が良く見えます。
 小畔3号によく反応してくれました。
 シェイクを入れたりほっといたりいろいろやってみました。
P2140045.jpg 昼からは北風が強くなってきました。
 昼飯を食べてから多目的プールでイマージャーの釣りをやってみましたが、全然反応がありません。
 さっさと諦めて流れるプールへ。
 イマージャー用のハックルがほとんどついていない鈎でドライと同じにテンションをかけずに流すとガっボと出ます。
 反時計回りに2週回ってしまいました。
 此処で一つ気がついたこと。
 何人か入ってプレッシャーが高くなり食わなくなった時です。
 向こう側の岸にフライを投げてここからポトッと落とします。
 即パックンでした。そして最後にまた波のプールへ。
 ライズの嵐、イマージャーを投げると引っ張る前にパックンと食います。
 堪能させていただきました。
 本日、水面のみで62匹。
 その他、食いついても途中で鈎が外れたのが同じぐらいありました。
 ちなみにドライ系で遊んでいたのは私一人だったようです。


P2130042.jpg 昨日娘からチョコレートを頂きました。
 嬉しかった。
 そして美味しかった。
 その場でまず一個。
 そして今朝、全部食べてしまいました。
 ありがとね。



posted by jetpapa at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

どうも落ち着かなくて

 昨日、一昨日と雨を降らした低気圧は東方海上に移動したため、西高東低の冬型となり、とんでもない強風が夜半から吹き荒れています。
P2010011.jpg ちなみに小畔川周辺では100mm程度の雨が降り、水位は100cmから250cmまで、150cmの増水となりました。
 今朝は水位も下がり125cm笹濁りで釣りには最高のコンディションとなっています。
 河床は今までに溜まっていた泥、水垢がすっかり流されてとてもきれいな状態に戻っています。
 夏の水位が高く時々雨が降っていた頃と同様に砂利底に戻っています。
 橋の上から覗いてみましたが、魚は確認できません。
 もう少し水が澄んだら再確認ですね。
P2010018.jpg 凄い風が吹いてオイカワ釣りはできません。
 そんな訳で、FF川越に出動してきました。
 12時半から3時半まで3時間券で入場しましたが、こんな状況で、キャストがまともにできません。
 南東角は御覧のとおり波しぶきがバシャバシャとかぶっています。
 何時もはマーカー釣りをしている方が何人かいる場所ですが、誰もいません。
 フライの方は皆さんマーカーであたりを取っていました。
 ラインであたりを取りながら遊んでいるのは私一人でした。
 これだけ風が吹いて波が立っているとダイレクトにあたりを感じるまで解りません。
 難しいーー。
P2010019.jpg そんな中で今日は5匹、ばらしも5回でした。
 マーカーの方もショートバイトでなかなか鈎掛りせず、苦労しているようでした。
 ただし、私よりは皆さん釣れているようでしたよ。
 今日みたいな日に釣りをしている人って、やっぱり獣偏だなとつくづく思いました。
 後ろから強風にあおられて危うくドッポンしそうになったり、寒くて寒くてちじこまって、アンタ何やってんの?
 そこまでしなくてもいいんじゃないのと言われそうです。
 
 
posted by jetpapa at 16:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

今週もFF川越

P1250084.jpg 昨日は雪もちらつきとても寒かったので釣りはお休み、百観音温泉に行ってきました。
 そんな訳で、今日は気合いを入れて先週のリベンジにFF川越です。
 と言いながら、10時からゆっくり暖かくなってからの3時間勝負です。
 最高でした。 
 風もなく、暖かい日差しの下、昨日とは全く季節が違ったようで快適な釣りができました。
 日曜日の昼前後、今日も沢山釣り人が入っています。
 7時からの方は帰り始め、入場すると入口左が開いていたので、ここに入らせていただきました。
P1250086.jpg 今日は活性が高くよく当たります。
 何時もどおりラインであたりを取りながらの釣りですが、マーカーの方に負けないほど簡単にあたりを取ることができました。
 よほど活性が高いのだと思われます。
 最初はギアナのマラブー仕様で鈎に錘を巻いています。
 流れに任せて底付近を流すとラインが止まったりピュっと動いたり食っているのが良く解りました。
 次はタコフライオレンジ、これもラインの動きが変化して良く解りました。
 次にイマージャー用の鈎で挑戦してみました。
P1250089.jpg これは難しかった。
 中層をゆっくり引いてみましたが、ほとんど関心を示してくれません。
 ラインを止めて、底近くまで沈めて流れに任せるとかすかな当たりが感じられました。
 このあたりが川越FFの難しいと言われるところかと思います。
 ショートバイトとでも言うのでしょうか。
 当たりがあっても乗りません。
 2回3回と誘ってやっと乗ってきました。
 当たりは数知れず、手元でほとんどが外れてしまいます、。
 食いが浅いんですね。
 いいえ、違いました。
 鈎の先が折れていました。

 これはいい方法です。
 鈎外しのわずわらしさがありませんからね。

 満足の3時間でした。
posted by jetpapa at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

全く反応がありません

 今週は月曜日から4泊5日で宮古島へ出張でした。
 本島と向かいにある伊良部島の間に橋を建設している最中(ある意味で壮大なる無駄とも思われますが)で、活気にが伝わってきました。
 また、市長選挙及び市議の補欠選挙の選挙戦まっただ中で○○候補宜しくお願いしますとか、歌を歌ったり、盛り上がっていました。
 ちなみにいつも夕食兼晩酌に行く店のグループオーナーも出馬しているようで、別のお店で従業員とバッタリ出会ったったら、○○サンよろしくと声をかけられてしまいました。
P1210071.jpg さて、お約束の釣りです。
 定宿から歩いて釣り場へ向かっていますから、場所が限定されています。
 近場で釣れるのは平良港周辺です。
 水曜日早朝、やってきました。
 パイナガマビーチです。
 6時45分の画像ですが真っ暗で何も見えません。
 ちなみに日の出は7時24分、日没は6時30分頃だったと思います。
 フラッシュをたいています。
 ここは港に隣接する海水浴場で遠浅の砂浜なのです。
 この時期は海開きがまだで散歩の人のみ。
 ルアーで遊ぶのには最高です。
 真っ暗で音を頼りの釣りでした。
 一投め、ラインは出て行ったのですが、巻き取りができません。
 トップガイドの中をラインが通っていません。
 支えの枠に通っていました。
 これを外してガイドに通すため、どうしようと途方に暮れて、うううん・・・・・・・・^^。
 そうだ!自動販売機があった。
 また道路に戻ってサンプルを照らす照明で修正完了。
 めげますね。
 老眼親父にとっては拷問みたいなものですよ。
 海岸に戻って5投、たった5回です。
 時間を取られてもう帰る時間です。
 空はまだまだ明るくなってきません。
 6時45分でした。
P1220077.jpg 翌日、木曜日の夕方5時です。
 同じ場所です。
 釣れそうですよね。
 今回は仕掛けもバッチリ、早速釣り開始です。
 投げても投げても反応がありません。
 居るはずなんですがね。
 我慢ができなくなり堤防に移動。
 ごろた石周りを狙ってみますが、反応がありません。
 此処で、地元のルアーマンにすがってみました。
 彼はエギでイカ狙いでした。
 いますよ。
 時間も日没前後、最高なんですがね^^^^。
 ほら、底にカサゴが見えるでしょう。
 ハイ、でかいのがいますね。
 あれを釣ればいいんですよ。
 この時間と早朝はガーラも入ってきますよ。
 昨日もこの角で小魚を追いかけていましたよ。
 うううーーーーんんん、。−^¥>。
 私のルアーには誰も見向きもしないんですよーーー。
 今回も、ノーヒット、当たりすらありません。
 実は、宮古島で未だ釣れたことが無いのです。
 ××連続ボーズの釣りとなっています。
 くやしい。
 
posted by jetpapa at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

Fishing Field 川越 激渋でした


P1180060.jpg
 昼から3時間、やってきました。
 夜半からは雨という予報で曇り空、寒いです。
 手袋をはめても手はかじかんでしまい、最後には痛くなってきました。
 最初は水車前からです。
 何時もどおり、#5フローティングラインであたりを取る釣りです。
 1時間、全く当たりがありません。
 渋い、近くでも釣れていません。
P1180054.jpg 1時間頑張って、移動しました。
 次は写真の一番向こうです。
 岸際の駆け上がりをゆっくり引いて一度反応がありましたが、後は沈黙。
 また移動、次は東側です。
 此処でこらえ切れずに、エボレスヤーンを使ったダブルチャンスシステムに変更。
 3匹。
 鱒はインディケーターに興味を持っているようでした。
 此処で、ドライに変更。
P1180059.jpg  そしてこいつが釣れました。
 なんと、ブラウンでした。
 ガボっと大胆に出ました。
 これで今日の激渋はお終い。
 後はドライでバンバン。
 そんな、甘くはありませんでした。
 その後3匹追加して、3時間で7匹。
 厳しい釣りとなりました。
 そんな中で、コンスタントに釣っている方が何人かいました。
 脱帽です。
posted by jetpapa at 05:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

猫にひっかかれた

 昨日は9時過ぎから川越水上公園へ。
P1110004.jpg 土曜日はものすごい風が吹いていたので、一日置いて日曜日の釣りとしました。
 風もなく釣り易いから、混んでいるのだろうと思って入場したら、意外と空いていました。
 多目的プール南側水車前が開いていたのですんなり入ることができました。
 こんな鱒が遊んでくれました。
 風も弱く釣れるだろうと期待して来たのですが、激シブでした。
 9時から11時までここで頑張りましたが、2時間で7匹釣れません。
P1110006.jpg テント前入口側が開いたのでここに移動。
 釣れませんね。
 そんな中でポツポツと2匹これで9匹です。
 10匹釣ったらお昼と決めていたら超大物が直ぐに釣れました。
 鈎外しに手間取っていると「あれれれ? どうしたの?」プールの中から茂みに向かってすっ飛んで行きました。
 ぶっ飛びビックリでした。
 なすすべもなく、ジーとリールがなってプッツンと0.8号フロロティペットが瞬時に切れてしまいました。
 左手中指第2関節から出血です。
 そうなんです。
 川越水上公園には野良猫が沢山いるのであります。
 私みたいにぼんやり鈎外しをしていると後ろからひったくっていくのであります。
 今回も魚は水中、鈎を持って外していたのですが、奴は両手を水中に突っ込んで鱒をひったくって行ったのです。
 唖然、血は流れるし、老眼親父が苦労してアイを通して鈎を結んでいるのにまた結び直しです。
 そんな訳で昼はこれでお終い、後は午後の釣りとしました。
 今もちょっとズキズキ痛んでいます。

 今までどんな釣り方をしているか報告して居なかったので、恥ずかしいのですが多目的プールでの私なりの釣り方を紹介してみます。
 とは言っても、フローティンラインを使ってラインの動きであたりを取るのが何時もの釣りです。
 ライズがあればとうぜんドライ狙いとなります。
 
 今回は底を取っての釣りでした。
 #5WF #5 7.5ftリーダー先を詰めて6ft 0.8号フロロハリス1ヒロ。これにウェイトの入った#14のマラブー、MSC、ウーリーバガー等で狙っています。
 ラインが止まったり、スッと動いたり、沈んだり、いろいろな動きをします。
 これであたりを取っています。
 面白いですね。
 詳しくはリンクして頂いているkingfisherさんの管理釣り場のフライフィッシングhttp://homepage1.nifty.com/kingfisher/leader-fishing.htmに詳しく記載されています。
 此処で覚えてはまってしまいました。
posted by jetpapa at 08:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。
 本年も小畔川通信よろしくお願いします。

 今年も100日釣行を目指して頑張ります。
1124.jpg 白河フォレストースプリングスから今年の釣りが始まりました。
 暮れから福島で過ごしており、元旦は午後から釣り始めとなったのです。
 林養魚場で育った魚が入っています。
 鰭もきれいで、引き味抜群、コンディションのいい魚が泳いでいます。
 黒川の畔に位置して大きなプールが3つあり、魚も沢山入っています。
1125.jpg 水上公園の2倍ぐらい大きなサイズがアベレージ。
 そのほかにドナルドソンの大物、岩魚、サクラマスが確認できました。
 時々バシャバシャバシャっと大型の魚が餌を食べています。
 追いかけられた小鱒は必死で逃げますが、バックリと食べられてしまいます。
 凄い迫力でした。
 今年の夏はまた訪れたい管理釣り場です。
P1030038.jpg そして今日は川越水上公園です。
 10時入場です。
 入口でいきなりITOさんとバッタリ出会いました。
 今朝は6時から入っているそうで、気合が入っていました。
 波プールで遊ばれて、多目的プールに入るとNZEさんも入っていました。
 午前中はマラブーで19匹。
 お昼はカレーヌードルとおにぎりをレストルームでいただきました。
 kingfisherさんとお昼ごはんをご一緒させていただきました。
 昨日は入場者が多くプレッシャーが今日も残っているようと教えてもらいました。
P1030040.jpg 午後は、多目的プールの北側真中が開いていたので、kingさんとすんなり入らせてもらいました。
 並んで釣っているとにんにんさんもいらっしゃいました。
 ちゃっきーさんも波プールから挨拶に来てくださいました。
 マラブーにスレてしまったのと、魚が少し上ずってきたような気がしたので、今度はイマージャーで表層を引っ張ってみましたが、全く反応なし。
 沈めてゆっくりアクションを与えるポツポツと食いだします。
 だましだましの釣りです。
 これもスレてしまい、次はタコフライと、とっかえひっかえの釣りでした。
 最後に日が沈み始めてドライの釣りが楽しめるかと思いましたが、不発に終わりました。
 本日43匹。
 渋かったなりに楽しませてもらいました。

 今年の釣り始めの出来事です。
 初めての釣り場でワクワクして出かけましたが、老眼鏡を忘れて、アイにティペットが通りません。
 クリッパーを忘れてラインを噛み切って使いました。
 鈎外しを忘れて飲みこんだらどうしようと気になって早合わせに徹していました。
 今年の釣りを暗示していたようです。
 出かける前には忘れ物が無いように確認しましょうね。

posted by jetpapa at 21:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

久しぶりの川越水上公園

 11月15日以来、今期4度目の水上公園です。
 昨年は土日はほとんど出勤でしたが、今年はなかなか来る機会が無かったのです。

PC130045.jpg 12月から開園が6時ということで、今朝は明るくなった7時に入場しました。
 びっくりです。
 7時というのに多目的プールはこのとおり満員でした。
 噂によると昨日サクラマスが放流されたようで、そのために朝から並んだ入場者が何人もいたそうです。
 波のプールから始めました。
 此処も朝は空いているのですが、ダブルハンドの方がたくさん入っていました。
PC130046.jpg とりあえず一匹釣って坊主は無しです。
 25cm程度がアベレージでハッキリ言って小さいです。
 オイカワとばかり遊んでいたので、グイグイ、ジャンプを期待しましたがあっさり寄っています。
 ヒレが丸まっており力が出ないようです。
 午前中は11時まで、13匹でした。
 1日券の有効活用をさせてもらいました。
 此処で一時帰宅、宅急便を出して、昼飯を食べて、冬タイヤの交換もしてしまいました。
 ちょっと、ぎっくり腰気味になりながら無事タイヤ交換終了。
 午後は3時前から開始です。
 ゲッチさんが多目的プールで釣っていました。
 久しぶりです。
 今季87日目の釣行とのことです。
 お互いに獣偏で頑張っているのであります。
 大物がいる釣り場を回っていたので、ここの引きは物足りないとのことでした。
 同感です。
 ちゃっきーさんもいました。
 今日は釣りはしないで見学、これから小畔川で鯉釣りに行くとのことでした。
 釣れません。
 5時前、暗くなるまで頑張りましたが、4匹でした。
 ヘッタクソなんですね。
 脇で釣っていた方は、ほぼ入れ食い凄いことになっていました。
 魚は確実にいて腕の問題なのです。
 夕方からのライズを期待して、#2RSTで挑戦したのですが、さっぱりでした。
 欲求不満だけが残った釣りとなってしまいました。
posted by jetpapa at 20:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

今月初めての釣りは大浦川


PC090023.jpg 市内を走るチンチン電車です。
 これは新しい型ですが、旧車はグリーンとベージュのツートンカラーでなかなか味があります。
 築町電亭から浦上車庫までこれに乗って向かいました。
 火曜日は仕事が早く終わったので急いでホテルに戻り、出張用のテンカラ仕掛けを持って飛び出したのであります。
PC090024.jpg  何時もは中島川で眼鏡橋の少し上流のお気に入りの場所で釣るのですが、今回は浦上川です。
 流れがあります。
 左から右へ流れています。
 これは、潮が満ちてきて上流へ流れているのです。
 そう、川の水が逆流しているのです。
 この辺は川幅も広くなっています。
 長崎港から3キロ程度上流になります。
PC090027.jpg  さらに上流に行くとこんな川になってしまいましたが、いるんですよ。
 長崎は坂の町と前記事で案内していますが、残念ながら中島川にしても、ここ浦上川にしても川ではなく水路です。
 先の長崎大水害からこのようになってしまったのかその前からか、判りませんが味も素っ気もありません。
 しかし、いるのです。
 沢山います。
PC090028.jpg 夕方1時間ほどの釣りでしたが#21のフライにでてくれました。
 これはオイカワですが、この外にカワムツが釣れました。
 ここでは誰も釣っていません。
 長崎市内を流れる川で釣りをしている人を見たことがありません。
 皆さん、港で釣っているのです。
 ちょっと汚いですからね。
PC090030.jpg  こんなきれいな魚が住んでいますが、水質は最悪です。
 下水がそのまま流れ込んでいるようです。
 そのせいでしょうかね。
 私が釣っていると通りがかりの人は好奇の目でジーーーっと見ながら通り過ぎていくのです。
 上からジーっと見て通って行くのです。
 
posted by jetpapa at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

川越水上公園 たくさん釣れましたが、水はカフェオーレ


PB150110.jpg 9時15分に入場したらこのとおり、多目的プールは一杯で入る隙間がありません。
 流れるプール、船の前、水車流れ出しから開始です。
 釣れませーーーーン。
 他の人はポツポツ釣れていますが、私にはきません。
 10時前にやっと一匹。
 とりあえずボーズは免れました。
 ぐるっと流れるプールを一回りしたら、次は波のプールです。
 
PB150113.jpg  ヒレが綺麗なニジマスです。
 イマージャーに食いついてきます。
 しかし、小さいのです。
 今季3度目の水上公園ですが、前回の魚より小さい。
 平均20cm強、たまに30cmぐらいの奴が釣れます。
 魚は綺麗ですが、これではね。
 何時ものRST#2は曲がりません。
 先週は清流の里で30cmオーバーをこの竿で釣ったので、物足りなさが残りました。
 昼近くなると多目的プールに隙間ができたので、テント側中央の一番いい場所に。
 イマージャーで一時入れ食いに。

 フライ初心者という方にどんなフライで釣っているかと質問をされました。
 とりあえず、フライを一つ進呈し、釣り方は恥ずかしいけれど見てくださいと言うことで試してもらいました。

 昼食の後、今度は反対側、水車の流れ出しにイマージャーを流すとここでも良く釣れました。
 本日41匹。

 暗くなって来たので4時で撤収。
 水が汚いので少し臭いました。
 
posted by jetpapa at 17:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

川越水上公園 管理釣り場

 10月4日プール開園の時はかろうじて坊主を免れましたが、釣れたのは、たったの1匹でした。
 今日はリベンジです。
 午前中小畔川でウェットの練習をしておきました。

PA130025.jpg 午後2時入場、3時間券です。
 暑い、日差しが厳しい。
 多目的プール南側に入りたかったのですが、人がいっぱいで入れません。
 テント側の端が開いていたので入れてもらいました。
 グリズリーハックルを巻いたウーリーバガーで開始です。
 ポツリポツリと最初の1時間で11匹。
 中央柵の直下に落とすと食いついてきます。
 手前では全然食いつきません。
 フライをロストして、2個目はイマージャー用のハックルがほとんどない鈎です。
 これでまた10匹。
 南側、水車前が開きました。即移動です。
PA130027.jpg このままイマージャーでほぼ入れ食いが続きました。
 30を数えたところでカウンターが無かったのでもうどうでもよくなりました。
 隣の方が、ドライで釣れています。
 さっそくBFにチェンジ。
 ポツリポツリと釣れます。
 やはりドライはいいな。
 モワっと出たり、着水と同時に激しく出たり、楽しませてもらいました。
 後ろから声をかけられました。
 HGWさんです。
 この方FFめちゃうまです。
 ITOさんのお友達で時々ここで一緒に釣らせてもらっています。
 今日は新潟でエギングに行って来たそうで帰ってから見学に来たそうです。
 kingfisherさん、ゲッチさん、ちゃっきーさん、yuujiさんも釣っていました。

 リベンジしたぞー!
 

posted by jetpapa at 18:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

玉砕か? かろうじて1匹

 土曜日は川越水上公園管理釣り場開園の日であります。
 午後から予定があり、どうしようか悩んだ時には水上公園に来ていました。
 何も考えずに来てしまい、携帯もデジカメも忘れてしまいました。
 そんな訳で、今回は画像無しです。
 8時半水上公園到着。
 アレレレ どうなっちゃってんのでしょうか?
 凄い行列でした。
 200人ぐらいが並んででいました。
 こんなの前代未聞、初めてです。
 最初の人が入場してから30分かかってやっと入場でした。
 この行列を見たときに、帰ろうかと思いましたが、ついつい並んでしまいました。
 なんたって今日は開場の日ですからね。
 最初は半円プールで、30分当たり全くなし。
 そうしたら東松山のITOさんが多目的プールの北東角にいらっしゃいました。
 半年ぶりの再開で、御挨拶です。
 弟さんとの釣行でした。
 何時ものOCAIさんとは都合がつかなかったので、弟さんとの釣行となったとのことでした。
 嬉しいことに隙間に入れてもらいました。
 でも釣れません。2時間全く当たり無しです。
 フライの方は皆苦戦しているようです。
 今日はルアーが好調です。
 ITOさん、最終的に3じかん、28匹だそうです。
 そうこうしているうちに、type r tataさんがいらっしゃいました。
 しばし歓談していると、今度は藪次郎さんが声をかけてくれました。
 波のプールではちゃっきーさんがダブルハンドでビュンビュウン飛ばしています。
 隣ではYUJIさんが更に距離を延ばしています。
 御挨拶をしてまた多目的プールです。
 釣れません。
 当たりすらありません。
 柵を超えた向こう側では良形が跳ねているんですが、釣れません。
 釣れるのはルアーの方々ばかりです。
 あせればあせるほどだめなんですね。
 ついに玉砕を覚悟したところ、自殺願望の鱒さんが私のフライを食べてくれました。
 やったー。
 一匹は一匹ですからね。
 坊主と一臂では雲泥の月とすっぽんの差があります。
 良かったーーー。
 写真は撮れませんでしたが隣のITOさんと藪次郎さんが見ていてくれました。
 そして12時納竿です。

 よかった。
 今日ほど一匹の重みを感じたことはなかったです。

 その後、皆さんの釣果は如何だったんでしょうか?
posted by jetpapa at 01:02| Comment(11) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

今期の渓流は今日でお終いです。

 今朝も懲りずに名栗上流に向かってしまいました。
 9月末日で今季の渓流は禁漁期に入ります。
 昨夜は、明日はゆっくり寝ていようとビールを飲んで気持ちよく寝たのですが、規則正しいというか、子供のようと言うのか、釣りに行きたくて5時には起きてしまいました。
 スケベ心を出して昨日の8寸ヤマメと今日も遊んでもらおうなんて調子のいいことを考えながら出発しました。
P9280002.jpg 今朝は少し遅れて6時半出発でした。
 途中、何時ものセブンイレブンで朝食を調達して一路上名栗を目指しました。
 最近はいつも同じところに駐車するので、付近の方とも顔なじみになってしまいました。
 まずは犬の散歩の娘さん。
 かみつかないから心配無用と解説していただきました。
 時々吠えるのは臆病だからだそうですって。
 俺って犬からみると恐ろしげに見えるのかしら?
 次は川向かいのお宅のご主人です。
 仕掛けを作っていると盛装して車で帰ってきました。
 お神酒を1本抱えています。
 朝の挨拶をすると、最近の川の状況昔の状況の話を少ししてしまいました。
 昨日のおじさんも同じことを言っていました。
 魚が少なくなったこと、昔は尺越えが簡単に釣れたこと。
 昔はよかったと、今の釣り師は節操がないこと。
 余裕がないねと言っていました。
 何で朝から一升瓶?
 帰りに解りました。
 昨日から神社の例祭で今朝は本祭りのようで沢山の氏子さん達が集まっていました。
 本題の釣りです。
 写真のとおり今朝はウグイが釣れました。
 此処で渓流をやって今季初ものです。
 冗談抜きで今までヤマメ以外は釣っていなかったのですが、最後に釣ってしまいました。
 しかも釣れたのはこれ一匹でした。
 今朝は完璧に見切られてしまったのです。
 うまいこと流れにフライは乗ってくれたのですが、ヤマメはフライに食いつきません。
 フライと同じスピードで自然に流れていきます。
 ゆっくり、じっくりフライを見ているのがこちらからもよく見えます。
 2メートルぐらい流れながら見ていましたがくるっとまわってまた流芯に戻って行きました。
 理由はあるんですよ。
 昨日のフライはしげさん謹製素晴らしい出来栄えのもの。
 そして今朝のフライはjetpapaのいい加減ぐるぐる巻きフライだったのです。
 少し釣り上がると全く当たりがなくなってしまいました。
 魚がフライ着水と同時に走るのが見えました。
 やられました。
 ほんの50m先を頭っぱねされたようです。
 今朝は一時間で止めました。
 そんな訳で、渓流最終日はウグイが1っぴきでした。
 今季の渓流は、今朝の一時間に凝縮されていたようです。

 帰りに四里餅を粒あんとこしあん2個ずつ奥と私用にゲットして帰りました。
 これ美味いんですよ。


P9280004.jpg 今日の昼飯は豪勢に鯛飯です。
 最近奥はテレビ番組の影響で、炊き込みごはんに凝っているのです。
 そんな訳で、出張時のお土産はその土地の美味しそうな炊き込みご飯の素を仕入れて来るようにしています。
 簡単なんですよ。
 普通にご飯を炊くように具材を一緒に入れて炊き上げるだけなのです。
 あーーーら不思議、一流料亭の味になってしまいました。
 調理したのは柚子の皮を刻んだだけのようだったですよ。
 炊きあがったら柚子を混ぜて鯛の身を混ぜるだけです。
 美味しかった。
 満腹と朝の疲れもあり、1時間食後のお昼寝をしてしまいました。


P9280006.jpg 3時前から第2ラウンドは小畔川です。
 今日は下流へ、この川で一番大きなプールへ行ってみました。
 精進場橋上流にあります。
 調整池の前で、5年前までは深いところがあったのですが今はフラットになっています。
 しかし、魚影は濃いですよ。
 昼からライズです。
 今日はドライ一本と決めて2時間遊んできました。
P9280008.jpg アベレージです。
 キャスト毎このサイズの魚は50%以上の確率で掛ります。
 これより小さいと30%以下になります。
 #21でブラウンハックルをぐるぐる巻きのフライです。
 小さい魚の口には入らないようですね。
 しかし、時々どうやって食ったんですか、教えてくださいというようなサイズが食いついて来るんですよ。
P9280009.jpg 今回は一匹だけカワムツが釣れました。
 デッカイでしょう。
 かかった瞬間、#1ロッドがググーっと曲がりましたよ。
 オスのオイカワかと思うほど良く引きました。
 今季最大のカワムツでした。
 このフライは藪次郎さんに頂いたものです。
 今日は自作ぐるぐる巻きフライから藪次郎さん特性フライに替えて性能チェックをさせていただきました。
 ここのプールに来たのはほかにも理由がありました。
 藪次郎さんはカワセミを見たことがなく是非見たいとのことだったのです。
 そんな訳で、自転車で川沿いに散歩がてらここまで来てみました。
 しかし、今日はカワセミが見られません。
 何処にも飛んでいませんでした。
P9280012.jpg 帰りに見たくないものがありました。
 ペットボトル、殺虫剤、不燃物等々3袋が捨ててありました。
 此処まで持ってくるのは大変でしょうにね。
 不法投棄禁止と書いてありますよ。
 捨てたのはお猿さん(字が読めないから)?
 ゴミ収集日に捨てれば自宅前で簡単に処分できるのにね。
 きっと猿知恵で頭が回らなかったんでしょうね。
posted by jetpapa at 17:12| Comment(13) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

名栗で8寸ヤマメをオートリリース

 今日を含めてあと4日で今季の渓流は禁漁となります。
 最後の週末ですからね。
 まだ暗い5時に何時もどおりに起床。
 名栗に行ってしまいました。
P9270045.jpg 今季は何回来たでしょうか。
 回数の割には結果が出ていないのです。
 毎回何匹か釣れるのですがおチビちゃんがほとんどで、それなりのサイズにはお目にかかっていないのです。
 渓相は素晴らしく、魚が居そうですが、そうそう甘くはありません。
 放流もしていますが、おチビちゃんだけが残りそれなりの魚はどこかに行ってしまい釣れません。
P9270044.jpg そんな私にも神様がほほ笑んでくれました。
 8寸ヤマメが出ました。
 正面の溜り流れ出しからゆっくりと出ました。
 魚体を翻し、下って行きました。
 ロッドは久しぶりに満月にしなり、素晴らしい感触です。
 グイグイグイと何度も突っ込みます。
 名栗にも居たんですね。
 ヤマメちゃんも諦めて手元に寄ってくれました。
 記念写真を撮ろうとカメラを胸ポケットから取り出し、ポーズを取ってもらおうと思ったらアレレレレ?
 どっかに行ってしまいました。
 そんな訳で、ヤマメの写真はありませんが釣れた場所を見てくださいね。
 魚を見ないで場所を見ても詰まんないか。
 この後、4寸ヤマメが更に2匹釣れましたが、これもオートリリースでした。

 昼まで遊んで帰り道、GF沿いの道路を走っていると見たことのある後姿を確認しました。
 type r tataさんでした。
 今朝はGFを釣り上がり駐車場に戻るところとのことでした。
 御挨拶と釣果確認。
 しっかりと3匹釣ったそうです。

 巾着田横を通って帰りましたが大渋滞でした。
 秋分の日も渋滞していたので学習しているはずなんですが、すっかり忘れていました。
 忘却とは忘れ去ることなり。
 巾着田のマンジュシャゲが見ごろとなっており県外ナンバーが列を作っていました。
 此処に行かなくても何処にも咲いているんですがね。


P9270046.jpg 夕方は小畔川です。
 活性が高くドライでもウェットでもよく釣れました。
 金堀橋上のプールから何時もどおりに釣り始めました。
 10cmぐらいのオイカワが良く追いかけます。
 水中を見ると小型が群れを作っていました。
 ライズはないのですがフライに飛びついて来ました。
 次に鉄橋下でウェット。
 此処も出ましたよ。
 更に上の瀬でドライに反応してくれました。
P9270050.jpg 吉田橋をくぐって上流のプールをチェックしようと歩いて行ったら、橋の上から声をかけられました。
 藪次郎さんです。
 皆勤賞ですね。
 毎週末、通っていますね。
 カワセミを見たくて午後一から来ていたそうです。
 そうなんです。
 先ほど自宅から川を双眼鏡で観察していたら、藪次郎さんらしき人が金掘橋上の水門から本流への水路をチェックしていたのです。
 まさかとは思いましたが、お話をしてみるとカワセミチェックで歩いていたそうです。
 話は戻って、橋の上にはもう一人いらっしゃいました。
 プラントFさんでした。
 可愛い娘さん2人を連れての自転車で散歩です。
 一緒にプールへ向かいました。
 プラントFさんにロッドを貸してその間に可愛い娘さん2人と遊ばせてもらいました。
 子供は天使ですね。
 こんな一時は最高の幸せですね。 
 お父さんが釣ったオイカワに興味しんしんでした。
 
 その後藪次郎さんと吉田橋下のプールへ、今日一番の大物が瀬頭で掛りました。
 
 暗くなって来たので今日はお終いです。
 また明日も釣っちゃおー、なんて思いながらお別れしました。
posted by jetpapa at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

福島にて

P9210006.jpg 今週も先週に引き続き福島に向かいました。
 留守にしている住宅周りの作業を適当に済ませ、いざ渓流へ。
 この河床です。
 先週と同じ状況でした。
 先週の大雨で道路が何箇所か流され川には土砂が大量に入ったようでした。 
 今週はこの土砂も流されているかなと思い川に向かいましたが、増水気味でしたが、底にはまだ砂が積もっていました。
P9210002.jpg 鹿又川の何時もの入渓地点の横の小さな流れですが、こんなところにも魚がついていました。
 何時もは無視して右の流れに向かいますが、今回はなんか引っかかってここを流してみました。
 沢山いるんですね。
 チビちゃんですが、一投毎に食いついてくれました。



P9210003.jpg こんなおチビちゃんでしたが最後まで付き合ってくれました。
 しかし釣れたのはここだけで、その後音さたなし。
 早々に切り上げました。
 上の砂が溜まっているところまで場所替えです。
 下はヤマメ、ここからは岩魚が出ます。
 出るだろうと目星をつけたポイントからは都度出ましたが、鈎掛しないのです。

P9210008.jpg いい型の岩魚が張り出した枝の下に泳いでいるのを発見、ボーキャストが決まり目の前にポトリとうまい具合に落ちました。
 岩魚さん、何の警戒もなくパックン。
 ゆっくりと確実に合わせてっと。
 あれれれれ?
 竿が張り出した枝にひっかっかってしまい、合わせができません。
 勝手に食って勝手に掛って、勝手に外れてしまいました。
 デカカッタのです。
 アーアーアーアー!
 こんな声を出していたんでしょうね。
 辛かったです。
 その後も何匹か出たのですがバシャとかシュっとかで掛っても全部外れてしまいました。
 
 このマスはあんまりガッカリしたので、夕方近くの根本養魚場の釣り場まで癒されにいって釣れました。
 この外にでかいのが何匹か釣れました。
 水上公園開幕の予行演習にもなりました。
P92200019.jpg 今朝起きると外はこんな状態でした。
 夕方からの雨が夜半に強くなり(5時現在)バンバン降っています。
 明るくなって外の状況を確認するととても釣りどころではないようで、でも川を見に行かなくっちゃ。
 寝床でどうしようか1時間悩んで結局行ってしまいました。


P92200111.jpg 夏井川です。
 自宅から5分のところです。
 カフェオーレ。
 釣りにはなりませんよね。
 デモ、病気ですから行ってみないと気が済まないのです。 
  納得して帰路に就きました。
 4時に川越に帰って来ましたよ。



posted by jetpapa at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

ヤマメとヨシノボリ?

P9060048.jpg 今朝も5時起床、名栗に行ってみました。
 名栗渓流観光釣り場上流に行ってみました。6時40分過ぎに到着。
 川沿いに上流を目指すと既に4台入っていました。
 多摩、八王子、大宮、所沢ナンバーでした。
 今朝は何時に家を出たんでしょうかね?
 これでは釣りはできません。

P9060049.jpg
 ここを諦めて、名栗湖への流れ込みに向かいました。
 久々のヤマメです。
 最近は魚を水中から出さずに写真を撮るようにしているため、ウマいこと逃げられ続けています。
 やっと写真を撮れました。
 ほんと久々のヤマメです。
 今週は名瀬でボーズを食らい、がっくりきていたので、癒してもらいました。
 いいですね〜。
 バシャ、ガボ、ブルブル。
 食うだろうポイントに流して予想した場所で食わせるとうれしいですね。
 今回はでっかいのが走って逃げました。
 口をアングリ開けてアリャリャリャリャ〜と魚を見送ってしまいました。

P9060045.jpg 名栗湖への流れ込みにはトウヨシノボリ?がいました。
 これも大きかったです。
 小畔川にいるヨシノボリの倍近くあります。
 といっても、7,8cm程度の大きさです。
 残念ながらピンボケとなってしまいましたが、写真を撮るまで動かずにじっとしていてくれました。
 背中に縞縞がありました。
 ヨシノボリの写真を撮ることができてラッキーでした。
 これで、ピントが合っていたら言うことなしなんですがね。


P9060052.jpg 今日の夕飯は久しぶりにかすみ食堂でいただきました。
 海老のフワフワ卵炒めです。
 これは絶品ですよ。
 今回は車で来たので、定食にしてもらいお酒は無しでしたが、、これをおかずにビール〜〜〜〜〜。
 妄想の世界でよだれを流していました。
 ホント美味しいですよ。
 卵白と黄身を分けてうまいこと炒めてあります。海老の火のとおりも完璧です。
P9060051.jpg 奥はレバニラ炒めです。
 これも美味しいんです。
 レバーを軽く揚げてから炒めています。
 そして、皿の上をようく見てください。
 白いチョウチョが留っています。
 前にも紹介したことがありますが、マスターは気が向くとこんな飾りをつけてくれます。
 ちなみに大根の蝶です。
 海老のフワフワ炒めにも飾りをつけてくれました。
 人参で作った花です。
 ツバキをつけてくれました。
 心憎い演出でした。

 
 
 
posted by jetpapa at 22:40| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

今朝も名栗に行ってきました。

 小畔川は150cmまで水位が下がってきましたが、まだドライで遊べる状況ではありません。
 来週はに寒気も抜けて残暑が戻ってくるようです。
 小畔川も水位が安定して遊べるようになると思われます。
 そんな訳で、今朝も名栗にいってきました。
P8310027.jpg 増水していますが釣りはできます。
 今朝は8時過ぎから開始です。
 最初は上名栗の神社前からここまで。
 反応は一度、神社前の溜まりを何度か流すとおチビちゃんが反応してくれましたが、当然鈎掛りはなし。
 更にJA前から入ってみましたが、おチビちゃんがあいさつしてくれただけで鈎掛りはなしでした。
 昨日より水位は下がり気味でしたが、川の中は水圧が凄い。
 今までは岸際を歩いて行けたところも川の中に入らなければ遡上できない状況でした。
P8310028.jpg そんな名栗川にもこんなスポットがありました。
 判りにくいのですが、左上には人家が見えています。 
 まだまだ増水しているので、大型の魚が反応してくれると期待したのですが、結果はボーズ。
 疲れました。
 今月の釣りも今日が最終回なのであえて増水の中を歩いてみましたががっかりでした。
 腕がともなっていないようです。

 今月は福島での釣り、湯の湖、高知と何時もより釣りの回数が増えて15日も行くことができました。た。
 1月からの総計は今日で83日の出漁となりました。
 初めて100日釣行を達成した昨年より早いピッチで釣りまくっています。
 ただし、結果は出ていません。

 今週は火曜日から奄美大島に出張です。
 前回挑戦できなかったティラピアを狙ってみたいと密かに計画しています。
posted by jetpapa at 20:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

雨に煙る名栗川で坊主です

 今週は高知でオイカワに遊んでもらいましたが、ほかの方のブログにはヤマメが岩魚が釣れちゃってしまいましたと書いてあります。
 オイカワのあたりも楽しいのですが、やはり渓魚に遊んでもらいたくなってしまいました。
 ヤマメの俊敏なあたりと引きを楽しむために今朝は名栗に行ってきました。

P8230002.jpg 5時半に出発し、6時半には釣りを始めました。
 雨が降っているし、肌寒いし、今朝は誰も居ないかなと期待していたのですが、すでに先駆者あり。
 砂の上には先割れの足跡がくっきり残っていました。
 竿抜けポイントを狙って流しますが、当たりがありません。
 水量も回復し、いい感じなんですがね。
 どこかでドラッグがかかっているようです。
P8230006.jpg この堰堤の手前で出ましたが、ヒットに至らず。
 ここは餌釣りの方が毎日何人も入っています。
 魚はスレスレ。
 魚の数より釣り人が多いのかしらんと思うほどひっきりなしに人が入っています。
 水の力は凄い。
 ここでは正面から強い風が吹いてまともにキャストができません。(私はです、ほかの人はできると思います)
 200メートル程度の区間ですが、いかにも渓流という感じがするところです。
 これから名栗湖に水をため始めると、ここは水没してしまい、堰堤の手前まで水面が上がってきます。
P8230010.jpg 次に名栗小学校の裏へ。
 ここからJAの前まで様子を見てみました。
 ここは対照的にフラットな流れで底は砂と砂利です。
 ここから200メートル以上こんな風景が続きます。
 水深は浅く魚が隠れるところもありません。
 当然、ヤマメは居ないようでした。
 橋の下から魚が付きそうな渓相になってきます。
 橋の下でまた当たりがありましたがヒットせず。
 今朝は小雨交じりでコンディションは最高でしたがヤマメには鼻もひっかけて貰えず。
 ボーズ。
 よって、お魚の写真はなし。
 そんなわけで、8時過ぎには早々と切り上げて帰ってきました。
 2時間のお楽しみでした。

posted by jetpapa at 17:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

香南市の烏川でオイカワとカワムツを釣る

 平成の大合併で新しくできた香南市と言ってもピンときません。
 どちらかというと野市町が分かりやすいです。
 今回は高知県に出張でした。
 物部川に沿った旧野市町に3泊でした。

P8190093.jpg 早速ですが元気のいいカワムツです。
 前回の烏川釣行時のオイカワの写真も元気よく掌で跳ねていました。
 夕方仕事が終わってから自転車でやってきました。
 沢山います。
 10年前の小畔川を思い出します。
 ここのオイカワとカワムツはホボ完璧に棲み分けができています。
 流れのゆるいところではカワムツ、瀬ではオイカワが泳いでいます。

P8190092.jpg 今回はここで入れ食いでした。
 使用フライは#21黒のハックルでした。
 よく見るとライズの波紋が沢山映っています。
 堰の溜りにはカワムツがながれの速い所はオイカワでした。
 ただし、型が小さかったのです。
 よくこんなのが咥えてくれたと感心するほど小さかったです。

P8190090.jpg  ここから20メートル下流には物部川から取水された農業用水が合流しています。
 最初こちらで挑戦したのですが、魚はいるのですが全然反応がなく場所を替えたのです。
 なんという水草(オオカナダ藻ではないかと思うのですが)でしょうか?
 白い花が咲いていました。
 水もきれいです。
 烏川も用水と合流してから水量が増します。
 この地区は用水が網の目のように発達しています。
 田圃は当然ですが、市街地も庭先をきれいな水が用水として流れています。
 どこに行っても流れがあります。
 綺麗な流れがあると心が和みます。
 
 今回のびっくり、釣りをしようかと自転車から降りて仕掛けを伸ばしているとブーブーうるさいのです。
 ビニールハウスの中から聞こえてきました。
 誰かこっちを向いてトラクターに乗って手を振っていました。
 どうしたのかしらん?
 あらら?
 SOKさんでした。
 前回の高知出張の時に知り合った方です。
 8月2日の記事にお友達のSMRさんとご一緒の所があります。
 この付近の畑と田圃はSOKさんが所有しているそうです。
 釣りを始めたら今度はSMRさんがご子息と噛み犬を連れて自転車でやってきました。
 また再会できてうれしかったです。
 来週も行きますよ。
posted by jetpapa at 23:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

烏川で故西山徹氏の幼馴染と釣り談義

 今週は月曜日から高知2泊、鹿児島2泊と一週間の出張でした。
 お約束通り火曜日の夕方釣りに行きましたよ。
 そして、もう一つの楽しみである御朱印もいただこうと今回は自転車を調達して出発しました。

P7290030.jpg ここは四国88か所霊場の28番目
大日寺山門です。
 宿から自転車で30分弱、釣れそうないい川はないかチェックをしながらたどり着きました。
 中腹にある山門までたどり着くのが大変でした。
 ここから150mと登り口にありましたが、飛んでもハップン。
 遠い道のりでした。
 残念ながら5時を過ぎており、御朱印はいただくことができませんでした。
 お参りをして暫し休憩。
 巡礼の若い方が二人お堂の前で涼んでいました。

P7290033.jpg 山を下って今度は釣りです。
 すぐ脇を烏川が流れています。
 途中で物部川からの用水が合流して水量が増します。
 魚の棲み分けが面白い。
 用水が合流する上流は流れも遅く葦も沢山茂っています。
 驚いたことに鯰がたくさん泳いでいます。
 バス、ウグイも確認できました。
 夕方から夜にかけて楽しそうです。
 この写真の直ぐ上流で用水が合流します。
 ここではオイカワが釣れました。
 ピンピン跳ねているので、こんな絵になってしまいました。
 オイカワにカワムツが主になります。

P7290035.jpg テンカラで遊んでいると声をかけられました。
 「何が釣れているんじゃ?珍しいな〜、ここで釣りをしているのは俺ぐらいで誰もやらせん。」から始まりましてテツ西山さんのお話となっていきました。
 最初は左のSOKさんに声をかけられ話を始めたら右のSMRさんが犬の散歩で合流し、話が盛り上がってしまいました。
 お二人ともテツさんと同級生で幼馴染どうし22年生まれだそうで、何でまた釣りの道に向かったかを教えてくださいました。
 此処に生まれたら物部川のアユそして上流でアマゴ釣り、海はすぐそこ、何でも釣れてしまいます。
 釣りキチが誕生しない訳がありません。
 最高のロケーションですね。
 そして烏川にはアユもいるとのこと。
 ええー?遡上するんですか?
 違うの、用水経由で物部川から落ちてくるんじゃと教えてくれました。
 残念ながら今年は渇水気味でアユはいないとのことでした。
 小畔川より幅も狭いのですが水量は豊かで、魚が沢山います。
 お話も尽きなかったのですが、SOKさんは農作業の途中で声を掛けてくれたので終わりとしました。
 SMRさんも猛犬の散歩に向かいました。
 写真左の緑色はSOKさんの韮畑。
 早速スプリンクラーで放水が始まりました。
 余談ですが、ここは香南市野市地区です。
 平成の大合併で野市町から香南市に変わってしまいました。
 私の地理のデータベースは小学校の時に完成していたので、平成の大合併で新しい市が沢山誕生した結果、町の名前と位置が判らなくなってしまいました。

 水曜日は鹿児島に移動、宿は霧島市です。
 此処も合併して名前が変わってしまいました。
 旧国分市に宿泊です。

P8010040.jpg ここには天降川が流れています。
 水曜日は夕方雷雨。
 木曜日もグロゴロ。
 金曜日、帰る前に日の出から行ってみました。
 ライズは全くありません。
 どんな魚がいるかもわかりません。
 この場所で夜が明けるのを(日の出は5時半でした)静かに待っているとピッチャンピッチャンとオイカワ、ウグイの5cmぐらいが何匹かライズです。
 いる。確信が持てました。
 ここではウェットで挑戦することを決めていました。
 ドロッパーはありません。
 シングルでのキャストです。
 理由は簡単、キャスト下手くそなので、すぐに絡まって釣りにならないと思ったからです。
 目の前で、ヒラを打ち出しました。
 30cmぐらいの大きさで、たぶんウグイだと思います。
 食いません。
 3回ほど当たりがあったのですが、残念ながら鈎掛りはなし、ボーズで終わってしまいました。

P8010042.jpg 釣りをしていた直ぐ横からカヌーが漕ぎ出していきました。
 ここの川も水量が豊かで瀬もあり渕もあり練習には最適のようです。
 今回もスニーカーでの釣りです。
 ここはコンクリートのスロープができておりカヌーも漕ぎ出すほど足場のいいところです。
 少し上流には流れに変化があり釣れそうな所はたくさんあります。
 足もとがしっかりしていればなー、と思いながら撤退しました。
 出張先の釣り場を今回は2か所開拓しました。
 次回リベンジ。
 おまけですが、川向うに見える大きな工場はSONYです。
 そして京セラがあります。
 ちなみに釣りをしていた場所は京セラホテルの目の前でした。

posted by jetpapa at 09:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。