2009年01月12日

猫にひっかかれた

 昨日は9時過ぎから川越水上公園へ。
P1110004.jpg 土曜日はものすごい風が吹いていたので、一日置いて日曜日の釣りとしました。
 風もなく釣り易いから、混んでいるのだろうと思って入場したら、意外と空いていました。
 多目的プール南側水車前が開いていたのですんなり入ることができました。
 こんな鱒が遊んでくれました。
 風も弱く釣れるだろうと期待して来たのですが、激シブでした。
 9時から11時までここで頑張りましたが、2時間で7匹釣れません。
P1110006.jpg テント前入口側が開いたのでここに移動。
 釣れませんね。
 そんな中でポツポツと2匹これで9匹です。
 10匹釣ったらお昼と決めていたら超大物が直ぐに釣れました。
 鈎外しに手間取っていると「あれれれ? どうしたの?」プールの中から茂みに向かってすっ飛んで行きました。
 ぶっ飛びビックリでした。
 なすすべもなく、ジーとリールがなってプッツンと0.8号フロロティペットが瞬時に切れてしまいました。
 左手中指第2関節から出血です。
 そうなんです。
 川越水上公園には野良猫が沢山いるのであります。
 私みたいにぼんやり鈎外しをしていると後ろからひったくっていくのであります。
 今回も魚は水中、鈎を持って外していたのですが、奴は両手を水中に突っ込んで鱒をひったくって行ったのです。
 唖然、血は流れるし、老眼親父が苦労してアイを通して鈎を結んでいるのにまた結び直しです。
 そんな訳で昼はこれでお終い、後は午後の釣りとしました。
 今もちょっとズキズキ痛んでいます。

 今までどんな釣り方をしているか報告して居なかったので、恥ずかしいのですが多目的プールでの私なりの釣り方を紹介してみます。
 とは言っても、フローティンラインを使ってラインの動きであたりを取るのが何時もの釣りです。
 ライズがあればとうぜんドライ狙いとなります。
 
 今回は底を取っての釣りでした。
 #5WF #5 7.5ftリーダー先を詰めて6ft 0.8号フロロハリス1ヒロ。これにウェイトの入った#14のマラブー、MSC、ウーリーバガー等で狙っています。
 ラインが止まったり、スッと動いたり、沈んだり、いろいろな動きをします。
 これであたりを取っています。
 面白いですね。
 詳しくはリンクして頂いているkingfisherさんの管理釣り場のフライフィッシングhttp://homepage1.nifty.com/kingfisher/leader-fishing.htmに詳しく記載されています。
 此処で覚えてはまってしまいました。


posted by jetpapa at 08:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。腱鞘炎?は完治されましたか?僕は4番限定使用でラインハンドが使えるようになると共に良くなりました。要は使いすぎでしょうね。
僕も同じ釣り方で通してます。HOOKのオーナーに引っ張りでダメな時はこういう釣り方も!と教えて頂いてからハマっています。マーカーが無いだけキャストし易いし、タナに悩まなくて済みますし。そのまま引っ張り系へ無段階に移行出来ますし。リーダー・ラインがツッと来た時は気持ち良いですし、渋い時のリーダーの水面に沈む場所の小さい波紋で合わせられた時もナイス!深いタナでの釣りでフライライン先端がヒョッと動いたりとか・・・。
タナが水面直下の時は勝負が早くてナイス!ですね。
Posted by 源 at 2009年01月12日 14:21
Jetpapaさん、こんばんは。
災難でしたね。本当にあの野良猫には困ります。

この記事を拝見してから行ったので、今日は奴等に細心の注意を払いました。


Posted by ちゃっきー at 2009年01月12日 17:44
 源さん こんばんわ 久しぶりですね。
 教えていただいたように気をつけましたが右手の腱は完治しないようで、少し頑張りすぎると痛いです。
 遊び過ぎなんでしょうかね。

 ラインであたりを取る釣りって面白いですね。
 表面から底まで慣れてくると思ったタナを探ることができるようになってきました。
 活性が高くなり、魚が浮いて来るとイマージャーで入れ食いになるし、渋い時はドラッグフリーでリーダーを見ていると奇妙な動きをした時は魚が食っている時で良く解るようになってきました。
 これは面白い。
Posted by jetpapa at 2009年01月12日 17:50
 ちゃっきーさん こんばんわ

 ひっかかれないよう気をつけてくださいね。
 それにしても野良猫の数が増えてきました。
 今回、ひっかかれて血がポタポタ流れましたが、それ以上に心配しているのは感染症です。
 肉食獣の爪には危険な細菌が沢山いますからね。
 お互いに気をつけましょう。
Posted by jetpapa at 2009年01月12日 17:59
そうですか。僕は秋からは又、保温用のサポーターを毎日着用しています(腕まくりをしなくなった頃から)。12月始めに突然、朝起きたら膝が腫れてまして膝にもサポーターです。お陰さまで毎週、釣行出来てます。冷えは大敵です。
去年は初めての奥多摩川通いを経験の長いルアーで通しましたが、今年はフライです!。奥多摩フィッシングセンターでもマーカー無しで十分ですし、箒川などでも大丈夫でした。川ではややテンションを強めに(厭でもテンション掛かりますが)でしょうか。御身体をケアしながら楽しんで下さい。
Posted by 源 at 2009年01月12日 21:41
 源さん ご心配いただきありがとうございます。

 前期は#5、#8ロッドを振り回して腱を痛めたので、その後は#3と#2、#1と軽いロッドで肘に負担がかからないようにしています。
 昨日今日と一日外にいましたが、今はやりのヒートテックはいいですね。
 これの厚手を来ていると川越あたりでは上着が要りません。
 下着、シャツとフリースでOKです。

 今年も鹿又川、名栗川でウェットを練習してみます。
 小畔川はウェットでオイカワばっちりです。
Posted by jetpapa at 2009年01月12日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。