2008年02月06日

シシャモ

 今夜は帰宅時駅に降りると雪になっていました。
 寒い寒い。
 早く帰ってお風呂に入りまずは一杯。
 ついつい、早足になってしまいました。
P2060019.jpg 今夜のおかずはシシャモです。
 本物です。
 ノルウェーとかアイスランド産のぺぺレイとは違います。
 数日前にニュースで釧路のシシャモの特集をしていました。
 ここの漁師さんは資源保護のためシシャモが産卵のため川を遡上する時期になると自主禁漁としていることを伝えていました。
 しかし、密漁者は遡上するシシャモを一網打尽に捕ってしまいます。
 何せ市場価格とんでもない値段になっているからです。
 このパックで少なくとも1000円以上するそうです。
 パックには298円と貼ってあり安いと買ってしまいました。
 でもよく見て下さい。
 釧路産オスとパッケージに記載されています。
 オス  卵が無いのです。
 焼く前にやっと気が付きました。

P2060021.jpg 焼き上がりです。
 味は違いました。
 ホントに美味い。
 これで卵が入っていたらそれはそれは美味かったんだろうなと心から思いました。
 本物と北欧産のシシャモもどきぺぺレイの違いをここに明記します。
 1.味が全く違います。
   卵なしのオス6匹298円
   絶対納得の味。
 2.魚体が丸っこく一回り大きい。
 3.色が黒い。
 4.口が小さい。
   これが一番わかりやすい。
 今回、初めて本物のシシャモと意識して食べました。
 本物は違います。


posted by jetpapa at 22:08| Comment(6) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
jetpapaさん、こんばんは。

居酒屋のシシャモはキュウリウオって聞いていましたが、
ついにペヘレイになってしまったのですか・・・

ペヘレイは霞ヶ浦でバスを釣っていた頃に、何度か釣れたことがあります。
巨大なウグイ?ワカサギ?みたいですよね。
あの口で、6インチワームを食ってくるのです^^;

僕はおそらく、本物のシシャモは未だ食べたことがないかもしれません。
機会があれば、違いを実感したいですね!
Posted by しげ at 2008年02月07日 23:16
 しげさん おはよyございます

 霞ヶ浦でぺぺレイですか。
 私が名前を間違えたかもしれません。
 ノルウェーとかアイスランドとかで取れている魚がシシャモもどきとして入ってくるそうです。
 シシャモは日本固有種で、北海道太平洋側が主たる生息地だそうです。
 今回、この年になって初めてシシャモと意識して食べました。
 地元漁民の方が漁を自主規制してやっと漁獲高が回復してきたとのことです。
 「根こそぎ禁止」キャンペーンがありますが、ここでは休漁期に遡上するシシャモを密漁者が網で根こそぎだそうです。
 市場価格キロ1万円。

 本来なら1匹200円ぐらいの値段になるそうです。
 美味しかった。
  
Posted by jetpapa at 2008年02月08日 05:33
アイスランド産の柳葉魚はキャペリンだったと思います。
Posted by にんにん at 2008年02月08日 09:25
 にんにんさん こんばんわ

 キャペリンでしたか、ありがとうございます。
Posted by jetpapa at 2008年02月08日 22:04
おはようございます。
キャペリン、聞いたことがあります。
以前、ニュースでやっていました。
なんでも、現地では家畜のえさとか…^^;
その時はカペリンと呼んでいましたが、キャペリンのことですね。
Posted by しげ at 2008年02月09日 05:53
 しげさん おはようございます

 今回釧路でのシシャモ密漁に関するニュースで本物偽物についてわかりましたが、カペリン?キャペリン?どちらにしても美味しく頂いていました。
 現地で家畜の餌とは、もったいないですね。
 美味しいのにネ。。。
Posted by jetpapa at 2008年02月09日 06:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。