2007年08月19日

百日釣行中間報告

 今年の目標はまた百日釣行とし、年頭のブログに掲載しました。
 昨年も同じく百日釣行としましたが、初夏に急性膵炎で入院したため、体力が回復しなかったので夏場はほとんど釣りができない状況でした。
 今年は目標達成に向けて、せっせと通っています。
 1月 8日 ほとんど水上公園で鱒釣りでした。
      1日 小畔川で釣りをしましたが魚が本流に落ちていました。
 2月 3日 水上公園
 3月 6日
 4月 6日 渓流を始めました。
 5月 12日 出張で釣りを始めました。
 6月 12日 小畔川が主となってきました。
 7月 17日
 8月 11日 19日現在 
 釣行日数は本日現在で75日を数えることができました。 
 普通のサラリーマンですと週休2日の職場で、休日が104日、祝日が15日(土日と重なる祝日があるので実際は12日程度)有給休暇は職場により異なるが20日として139日程度は休みとなります。
 実際は残業、休日出勤等がありこの日数を確保することは厳しいかも。
 そして、家族サービス、冠婚葬祭、その他御近所とのお付き合い等に時間を割かれると100日釣行は厳しい目標です。
 私の場合、直ぐ目の前が小畔川、出張先でムリムリアフターファイブは釣りの時間を作ってしまううこともあり、環境に恵まれています。
 しかし、1日中釣りをしていることがありません。
 特に5月から9月にかけては、朝夕の涼しい時間帯に1,2時間の釣となります。
 こんなことで体力的には継続できたのかもしれません。
 精神的にも楽しくて。
 数グラムのオイカワから10kg近くの鯉まで釣りますが、魚の大小にかかわらずいかに食わせるか、釣れた時の感触、これが病みつきになっています。
 俗に言う「獣へん」です。
 この王様は「狂」となります。
 釣りキチ
 趣味・・道楽・・三昧となるそうですが、さて私はどのへんなのか。
 パチンコではフィーバーするとワケのわからん脳内物質が分泌され気持ちよくなるとか。
 これが続くと依存症となり止められなくなるとか。
 2年前までjetpapaも依存症でした。
 今は、釣り依存症。
 今年のトピックスは、フライで渓流に目覚めたことです。
 フライを始めて3年目ですが、本格的に渓流魚を釣り始めました。
 今までは、コテコテの餌釣りでしたが、はまってしまったのです。
 しかし釣れない日々が続いたのです。
 木に引っ掛け薮にハリを取られて、嫌になり1度の釣行で止めていました。
 渓流は餌に勝るもの無しと思っていたのでした。
 そして、面倒臭がり。
 釣りは、近短に限る。
 遠征などはもっての外、1時間以上かかって行く釣りはしません。
 川越から渓流は遠いのです。
 ところが、今年ご縁があり福島在住の老眼親父さんに渓流の手ほどきを受けました。
 目から鱗、一度の釣行でしたが学ぶところが沢山ありました。
 この連休も御一緒したかったのですが先方の都合で、御教授受けられず。
 オイカワを相手に練習をしています。
 成果は帰省のたびにそれこそ、車で5分の超スレッカラシヤマメが棲む川でチェックをしています。
 そろそろ空も白んできました。
 今日もオイカワちゃんに遊んでもらおっと。 


posted by jetpapa at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。