2008年10月28日

久しぶりの小畔川 魚の付き場が変わったようです

 月曜日は時差ボケが解消せず。
 ということにして小畔川に。
13時間の時差を解消するのにどうしたらいいか?
 結局カナダでは日本時間で生活したので、帰ってきたら一発で元に戻ってしまいました。
 そんな訳で早速、川でした。

PA270012.jpg なかなかの良型がでてくれました。
 金堀橋の下から開始です。
 ここから高橋まで釣り上ってみました。
 結論から言いますとここが一番釣れました。
 今までは高橋下流のプールから鉄橋下のプールまでが魚影も濃くいい場所でしたが、付き場が変わってきたようです。
 何時もの通りこの時期になると徐々に下ってきているようです。
 先先週の土曜日はここから下流をチェックした結果なかなかの型が上がりました。
PA270114.jpg
 そろそろここを中心とした釣りの時期になってきたようです。
 今年孵化した稚魚がたくさん泳いでいます。
 このおチビちゃんもドライにアタックしてきます。
 当然#21フックにはヒットしませんが毎回キャストする度にアタックしてきます。、
 そんな中、こんな良型がバシャっと出るのです。
 止められませんね。
 これで病気も治まってしまいました。
 今年は久しぶりに魚の数が多いのですよ。
 そして型もいい。
 当分楽しめそうです。

PA270016.jpg 楽しんでいるとゴーっと凄い音です。
 T−4の4機編隊が低空で何回も頭上を旋回して行きました。
 どうしたのン?
 そうだ、航空祭です。
 例年11月3日は航空自衛隊入間基地の航空祭なのでした。
 1週間前なので飛行展示の練習でした。
 ダイヤモンド、アロー隊形を変換しながら低空で飛行していました。
 今年もブルーインパルスが来るんでしょうね。
 私は恐らく福島へ行くことになるので見ることはできません、残念。
 そのかわりに見せてくれたのかな?



posted by jetpapa at 22:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

こんなものがお土産でした

 毎日が時差ボケとお腹との戦いで木曜日まで時間が過ぎて行きました。
 金曜日は仕事が終了して明日は帰国ということで同僚とスイス料理を食べに行きました。
 やっとここでおなかの調子が戻ってきたのです。
 時既に遅し、明日は帰るのにね〜。
 しかし、時差ボケはそのままです。
 そんな訳で、眠らないで(居眠りをしながら)日本時間で過ごしてしまいました。

PA200035.jpg ノートルダム寺院の中です。
 カナダで一番美しい教会だそうです。
 時差ボケが解消されず、外で光にあたって解消しようと思ったのですが寒いのでここに半日いました。
 日本からの観光客も沢山訪れていました。
 日本語が飛び交っていましたが、頭がガンガンするので、礼拝堂の椅子で気絶していました。
 話は戻りまして。ここは綺麗ですよ。
 後ろの青は空をイメージしています。
 キリストを中心に預言者が周りを囲んだモニュメントです。
PA210041.jpg 入口からここまで、両サイドにはこんなものが延々と続いています。
 何これ?
 各小屋の真ん中と両脇に入口があります。
 延々と両サイドに続いています。
 これは懺悔をするための小屋で真中に牧師(お坊さん)が入って脇の所に懺悔をする人が入るそうです。
 自分の犯した罪を悔いることで許されるそうです。
 もし、俺が入ったら懺悔が終わるまで何日かかってしまうンだろうなんて思いながら中を覗こうと思いましたが、鍵が掛っていました。
 他の場所で中を覗いてみたところお互いに顔が見えないように格子で仕切られ中は薄暗くなっていました。 
PA200029.jpg  教会の表通りにはとて馬車がずらりと並んでいます。
 この馬車に乗って旧モントリオール地区を観光するのです。
 馬糞があちらこちらに落ちていて懐かしく思いました。
 この馬は大人しく私が顔をなでてもブルルンともいいません。
 無視されたのかしらん。
 こんなのに乗って街を流したら気持ちいいでしょうね。
 当然、脇には美しいご婦人が侍ってですよ。
PA240058.jpg 今回の家族向けお土産の数々です。
 毎回好評なハッカ飴、3袋。
 ヨーグルトレーズン、日本でもありますがここのは結構いけますよ。
 カプライス缶入りビスケット、これもウマいので2缶買ってしまいましたが、実はMADE IN ギリシャでした。
 美味いからいいか。
 今回はカマンベールチーズ2個、スーパーで一番高いのを2個買ったのですがしょっぱくてしょっぱくて、日本製が一番、これ失敗。
 スモークサーモン3袋。
 免税店で買うと高いんですが、街のスーパーで買うと安くていいものがよりどりみどり。
 そして職場にチョコレート。
 定番のメイプル製品は何も買いません。
 サミットで売っていますからね。
PA240061.jpg 自分用のお土産はこれです。
 釣具屋、雑貨店、デパ地下など旅先の店を覗くのが大好きなのです。
 今回はホテルの近くのスーパーに隣接する大型雑貨店で物色してきました。
 釣り具コーナーで面白い物を見つけました。
 パイクのソフトルアーです。
 ルアーは海でやるだけですが、このソフトルアーはチビパイクで顔がひょうきんなので、つい買ってしまいました。
 オイカワのようなバイトソフトルアー。
 なかなか可愛いです。
 鱒が描いてあるトランプ。
 これは定価の3分の1でした。
 ケース破損のためでしたが、中身勝負でこれもゲット。
 Fenwickの5Xリーダー。
 なんと帰ってからよく見てみると日本製でした。
 これ失敗?
PA270005.jpg 今回の目玉がこれMAGIC STRIKERです。
 早い話が、角にくっついている棒をやすりで勢いよく擦ると火花がバチっと出る火つけ棒です。
 能書きが素晴らしい。
 +3000°Fとパッケージに印刷されており、凄い火花が散っています。
 これを見たときには既に買い物籠の中に入っていました。
 昨夜、こいつを試しながらふと思いました。
 いつ使うの?
 たき火は今時ライターだよね。
 結構火付きが大変だったよな。
 思い出しました。
 前にもこんなの買って引出しの隅に眠っていたな〜。
 これが男のロマンだ! 
posted by jetpapa at 09:22| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

今度の出張はモントリオール

 先ほど帰って来たのですが、今週は海外出張でした。

PA200012.jpg 日曜日の昼に成田を出発、シカゴ経由でモントリオールには同じ日曜日の夕方に到着しました。
 13時間の時差がありますからね。
 これが原因で大変なことになったのですが。
 紅葉が綺麗です。
 裏山がこんな感じで錦秋と言う言葉がぴったりでした。
 ここモントリオールは食の都と呼ばれています。
 1km歩くと200軒のレストランがあるといわれています。
 美味しいもの、食べるぞーーーーと張り切ってきたのですがーー。
 お腹が痛くなってしまいそれどころではないのでした。
 機内で出された食事を完食、ビール御代り、ワインも飲んでしまいました。
 とにかく出されるものは全部食べてしまいました。
 普段食べないのに調子に乗ってしまったのです。

PA200024.jpg
 翌月曜日は、時差調整のために一日フリーに。
 今回は釣り道具は持って来なかったのです。
 釣りのことは忘れて仕事一筋と来たのですが、ついついここに足が向いてしまいました。
 前回は吉田さんが経営するアングラーズ・ルーストを訪れましたが、今回は足がないことと毎日厳しいお仕事が待ってるので釣りには絶対に行かないと決心して日本を発ったのです。
 しかし、時間もあることだし来てしまったのです。
 「SALMO NATURE」ORVISの専門店です。
 モントリオールの観光地であるオールドモントリオールに隣接しています。
PA200026.jpg 何だかんだと言いながらモントリオールに来ると必ず立ち寄っています。
 今回は親父に店の中写真撮って良いかお願いしたのです。
 最初はだめ、しかし毎年来ているぞと言ったら直ぐにOKが出ました。
 北米で一番レイアウトがいい店と自慢話が始まりました。
 いろいろ面白いものが沢山ありました。
 小物から衣類まで、ORVIS物ならなんでもあります。
 この店の門構えが最高なんです。
 普通の家なんですね。
 表にORVISの赤い旗が看板がわりになびいているから判るのですが、そうでなかったら通り過ぎてしまいそうな店でした。

 今回は夜が長い出張となってしまいました。
 寝れないのです。
 夜になるとパッチリ目がさえてしまいます。
 おかげさまで昼は眠くて眠くて、日本時間で睡眠パターンが続きました。
 
 続きは次回に
posted by jetpapa at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

川越祭

 5時過ぎに奥と二人で川越祭見物に出かけました。

PA180024.jpg 川越市駅から本川越経由で中央通りを歩きながら見物です。
 人の多さにびっくりしてしまいました。
 例年祭見物の人は沢山で道路をまともにあるこことができません。
 今年はさらに出店が沢山で身動きもできません。
 この通りにはずらーっと山車が並んで御囃子の競演をしています。


 各山車ごとに御囃子が流れています。
 出し物もそれぞれです。
 この山車ではひょっとこさんが踊っています。
 ひょうきんな動作で観客を笑わせていました。
 この御囃子がいいですね。
 前に御囃子が気に行ってしまい出張時に楽器屋さんで衝動買いをしてしまったことがありました。
 御囃子の横笛を買ってしまったのです。
 暫くの間、出張時に部屋で練習していたことがありました。
 誰も知らないだろうと思っていましたが、先週の出張時の夕飯で同僚が参ったと酒を飲みながら告白してくれました。
 みんな知ってたのね。
PA180026.jpg きつねです。
 しぐさが素晴らしい。
 キツネです。
 踊りで一番好きです。
 
 各町内の舞台でも御囃子にあわせて滑稽な踊りを踊っています。
 トントコトコトン、スットントン、トコトントコトン、スットントン、ストントストスト、ストトントン。
 このリズムが延々と続くのです。
PA180032.jpg 魚釣りの滑稽なしぐさを披露していました。
 餌をつけてぶっ込んで、食いついて、やり取りをして、取り込むまでを滑稽な仕草で演じていました。
 これにあやかって、いつも大漁をお願いしておきました。


 10月7,8,9日と長崎の「くんち祭り」を見物してきましたが、川越祭は同じ祭りでも違うのです。
 長崎では道路は閑散として、各出し物を披露する諏訪神社、市民会館広場、御旅所、八坂神社等が主たる祭りの中心です。
 川越祭と比べると人も少なかったです。
 川越祭の人出はとにかく凄い。
 来春から始まるNHK朝の連続ドラマの舞台がここ川越です。
 明日はもっとにぎやかになると思います。
 明日も見物に来たいのですが。

 明日の朝は6時過ぎに出勤です。
 久しぶりの海外出張で再来週の週末まで釣りはお休みです。
 辛い。
 時差ボケも厳しいが竿を持たないと禁断症状が出そうで怖い。
 
 

 
posted by jetpapa at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 川越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの鯉釣り

 明日日曜日から出張なのであります。
 そんな訳で今日はやることがいっぱいあります。
 まずは釣りです。
 今朝は何時もどおりに5時起床。
 朝は釣りに行って夕方からは川越祭を見物に行くと決めました。
 とりあえず釣りです。
 奥は「何処に行くの? 水上公園ですか? 川ですか?」と聞きますが、悩んでしまうのです。
 贅沢と思いますが、水上公園の鱒、小畔川のオイカワ どっちにしようかなと考えていたら、ふと思いつきました。
 この前はちゃっきーさんが鯉、しげさんも鯉釣りで良型を上げたようです。
 久しぶりに鯉釣りに決定!
123.jpg 鯉は気温が上がってからが釣れるようです。
 9時過ぎから小畔川に向かいました。
 鷺とカワウの連係プレーです。
 私が近付くと逃げて行きました。
 カワウが潜って魚を追いかけ、鷺は瀬尻で逃げて来たオイカワをつつきます。
 鷺のほうが頭がいいんでしょうかね?
 釣り人が何人も入って、散歩の人も沢山川縁を歩くとカワウも寄りつかないのですがね。
PA180015.jpg 気持ちを切り替えて鯉釣り開始です。
 鯉を釣るぞーーー! と家を出る時から気合いを入れて釣るのは2年ぶりのことです。
 鯉は出るのですが、フライの直前でビックリしたように反転します。
 アレレー どうしてこんなにスレてんの。
 何回流しても直前で反転です。
 こんな時は流れがある所に移動です。
 じっくり見ていると餌が流れてしまいますからね。
 やっと食ってくれました。
PA180009.jpg デッカイでしょう。
 グッドファイトの後で疲れた顔をしていました。
 黄金の鯉です。
 よく太って綺麗な体をしています。
 ひげも立派です。
 疲れてしまったのか、目がひっくり返っていましたよ。
 此処で自信をつけました。
 また戻って丁寧に流すと今度は食いついてくれました。
 

PA180005.jpg 今回はシマノフリーストーン#8
にダイワロッホモアL/A7 WFFラインにティペットはシーガーグランドマックス2号 鈎はカン付きチヌ4号です。
 フライは定番のパンフライでした。
 このロッドのパット部分はちょうど30CMです。
 最初のガイドまでは78CMです。
 概算で全長70CM 重さは5ないし6KGていどでしょうか。
 このクラスが3匹釣れたので、満足でした。
 久しぶりの鯉とのやり取りでしたが、3匹で腕がパンパンになってしまいました。


posted by jetpapa at 15:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

今朝の小畔川 小畔川は綺麗でしたが電車が止まっていました。

 今朝はゆっくり8時前の出勤です。

PA150028.jpg 川が朝日で輝いています。
 川底まで日が射してキラキラと輝いていました。
 今朝は、残念ながら跳ねを見ることはできなかったのですが澄んだ流れを見ることができ、満足です。
 ルンルン気分で駅に向かいました。
 途中、いつも子供たちのために交差点で誘導をされている奥さんに御挨拶です。
 今日は電車が止まっているよと教えてくれました。
 どうしたの?
 常盤台で飛び込みだってよ。
 ええええーーー!
 電車が動いていないから帰ってきた人が何人かいたよお! 今日は止めといたら。
PA150029.jpg 止めちゃおうかなと思いつつも、とりあえず駅まで行ってみるよ。なんていいながら霞が関駅に来てみると。
 人人人なのです。
 構内から改札の外まで人人人。
 この駅でこんなに混んでいることは無いのですが。
 「7時30分ごろに常盤台駅付近で人身事故があり各駅に車両が停車しており、復旧の見込みは不明です。」とアナウンスをしていました。
 次に、レスキュー隊が負傷者を救出しましたが安全確認のためまだ列車は動きませんとアナウンス。
 暫くしてこの列車は川越市駅まで動きますとアナウンス。
 とりあえず、川越市まで行くことにしました。
PA150030.jpg 駅でせっかくなのでJRの代替え輸送切符をゲット。
 目的地の桜田門では1時間50分の遅延証明書をもらっておきました。
 話が脇道にそれましたが、川越市で新木場行きの始発に乗車しました。
 いつもこの電車で座って出勤するのです。
 発車が遅れますに始まり、信号が青になったら発車ですと車内放送です。
 しかし、隣のホームを次々と列車が追い抜いて行きます。
 9時にやっと発車となったのですが、寸前に都合によりこの列車は志木止まりととなりますと非情なアナウンス。
 何で途中までなの。
 とどめを刺されました。
 そんな訳でいつもなら1時間35分のところ、3時間近くかけて出勤でした。
 
 今回東武鉄道株式会社には、文句があります。
 かなり頭にきました。
 事故で遅れるのは仕方がないですね。
 事故は絶対になくならない訳ですから。
 その後の対応は乗客に対するサービスよりダイヤを優先していました。
 毎回の事故対応のノーハウ、教訓が生かされていないようでした。
 どの列車が先に発車か、待つとしたら何番目の発車か。
 どこまで走るのか。
 わかっているのにぎりぎりまで引っ張って情報をリリースされたら時間の無駄、私なんか安近短ですからね。
 この短は短気の短でも有るんですよ。

 通常ダイヤでも乗り換えができるのかできないのか教えてくれません。
 そして、TJライナーが走り始めて余計に時間がかかるようになってしまいました。
 東武さんしっかりして下さいよ。
 川越から先は東武の独占ですからね。
 


 


posted by jetpapa at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

今朝の小畔川 跳ねがありました

 出勤時の小畔川です。
 何時もどおり金堀橋を6時45分に渡りながら、チェックです。
 今朝は先客の方がいました。
 何時もの古タイヤが沈んでういるところで水面を眺めていました。
 私はその横で1分だけチェックです。
 フラットな流れですが、良型のオイカワが跳ねています。
 どうしたことでしょう。
 これから職場まで2時間20分の遠足です。
 後ろ髪(もうないんですが)引かれながらこの場を立ち去りました。
 午後から雨が降って来ました。
 魚も解っていたのでしょうか。
 ピョンピョン跳ねていました。
 
 週末が楽しみです。
posted by jetpapa at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

川越水上公園 管理釣り場

 10月4日プール開園の時はかろうじて坊主を免れましたが、釣れたのは、たったの1匹でした。
 今日はリベンジです。
 午前中小畔川でウェットの練習をしておきました。

PA130025.jpg 午後2時入場、3時間券です。
 暑い、日差しが厳しい。
 多目的プール南側に入りたかったのですが、人がいっぱいで入れません。
 テント側の端が開いていたので入れてもらいました。
 グリズリーハックルを巻いたウーリーバガーで開始です。
 ポツリポツリと最初の1時間で11匹。
 中央柵の直下に落とすと食いついてきます。
 手前では全然食いつきません。
 フライをロストして、2個目はイマージャー用のハックルがほとんどない鈎です。
 これでまた10匹。
 南側、水車前が開きました。即移動です。
PA130027.jpg このままイマージャーでほぼ入れ食いが続きました。
 30を数えたところでカウンターが無かったのでもうどうでもよくなりました。
 隣の方が、ドライで釣れています。
 さっそくBFにチェンジ。
 ポツリポツリと釣れます。
 やはりドライはいいな。
 モワっと出たり、着水と同時に激しく出たり、楽しませてもらいました。
 後ろから声をかけられました。
 HGWさんです。
 この方FFめちゃうまです。
 ITOさんのお友達で時々ここで一緒に釣らせてもらっています。
 今日は新潟でエギングに行って来たそうで帰ってから見学に来たそうです。
 kingfisherさん、ゲッチさん、ちゃっきーさん、yuujiさんも釣っていました。

 リベンジしたぞー!
 

posted by jetpapa at 18:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の小畔川 ボランティアの環境調査に出会う

 今朝は9時から下流に向かいました。
 10時半まで賞味1時間半の釣りでした。
PA130006.jpg とはいってもほとんど川べりを歩いていました。
 金堀橋下右岸の水門からの流れ出しで親子の釣りです。
 先週はここでおかゆ練餌で入れ食いの方がいました。
 今朝は苦戦しているようです。
 魚は沢山いますからね。
 仕掛けを細くして浮きも唐辛子浮き等の感度の良いものに替えたらいかがでしょうか。
 と思いながら釣り下りました。
PA130008.jpg ウェットに徹しています。
 入るポイントポイントで当たりがあり食いついてきました。
 左岸に入り流れを横切りポイントを探しながら下って行きました。
 金堀橋から下流はあまり釣り人が入っていません。
 そのためでしょうか、大きいのが沢山いました。
 鯉も沢山います。
 足もとからバシャバシャさせながら飛び出していくとびっくりします。
PA130011.jpg これが小畔川お勧めスタイルです。
 長靴です。
 できるだけ深いものがいいですよ。
 私は、3年前カインズホームで1450円で買った来たものを使っています。
 これで行動すると2,30cmの深さならば、立ちこみOKなのです。
 また、川にアクセスする時の藪こぎでは足元を気にせず、動き回れますよ。
PA130019.jpg 今朝一番の大物です。
 15cmを軽く超えていました。
 #1ライトスタッフを思いっきり曲げて抵抗しました。
 いつもこれくらいのが釣れると楽しいんですよね。
 細仕掛けの釣りの醍醐味でした。
 八幡橋上の小畔川水位観測所のプールから下流側、瀬に変わっていくところでのヒットでした。

PA130012.jpg 体長10cmのモスラがいました。
 この時期にいるんですね。
 秋も深まり朝夕は冷え込んできました。
 これからさなぎになって冬を越すのでしょうか?
 こんなところにどうしてあなたはいるんですか?
 鳥に食べられなううちに藪の中に逃げ込んでね。
 ところで、このモスラは羽化したら何という蝶になるんだろう?
PA130022.jpg 更に八幡橋をくぐって川を下っていくと、投網、雑魚網を持ってチェストハイウェーダーに着替えている一団に会いました。
 ちょっと不審な感じがしたので、何時もの通り「こんにちわ」とあいさつをして何事か教えてもらいました。
 ボランティアで河川環境の調査をしている団体の方だそうです。
 武蔵西部漁協に申請をしての調査だそうです。
 ここは入間漁協も噛んでいるので次回からは通報だけで結構ですから連絡をお願いしました。
 大変な作業ですね。
 川に入って投網を打って水生生物を採集しています。
 聞いて下されば沢山いるところを教えてあげるのですが、邪魔をしないように遠くで眺めていました。
 釣り上がりはドライで行こうと思い、ラインを延ばしたらその直ぐ上流で調査が始まってしまいました。
 今朝の釣りはこれでお終いでした。
 ちなみに、ここはkingfisherさんお気に入りの場所でした。

 

 
posted by jetpapa at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

今日は4人のフライマンと出会いました

 久しぶりの小畔川です。
 今日は午後3時から釣りを始めました。

PA120004.jpg 金堀橋のすぐ下です。
 橋脚のところから左岸を釣り上がりました。
 ここは、フラットな流れで10年前は橋の上から下を覗くと何時もキラキラと平を打つオイカワを見ることができました。
 この3年は魚も少なくなりましたが、今日は沢山泳いでいました。
 各キャスト毎の反応とはいきませんが、3回に一度はアタックがありました。
 時々上手い具合にヒットします。
PA1201002.jpg このサイズが当たります。
 これより小さいサイズは鈎掛りしません。
 鈎を小さくすればヒットするのでしょうが、#21で十分です。
 ドライで十分に楽しませていただきました。
 ここをスタートに左岸を釣り上がって行きました。
 場所により魚の数が違いますが、何処からでも出てくるような感じでした。
 よく見ると稚魚の数が多いのです。
 ここ3年で最も多いような気がしています。
 来年が楽しみです。
 最近カメラの調子が悪いようで近くにピントが合わないのです。
 ピンボケですが、大きさが判るので掲載しておきます。
PA120005.jpg さらに釣り上がり高橋下のプールまでドライだけで釣り上がって行きました。
 飽きない程度のポツポツと釣れます。
 高橋下では魚が出るのですがヒットには結び付きません。
 犬の散歩の方がしばらく後ろで見物していました。
 場所を移動しようと思ったら声をかけられました。
 フライをやるそうで、ミッジですかと質問です。
 使用フライを見てもらいFFで遊びましょうとお誘いもしておきました。
 親子のFFマンとも出会いました。
 小学生でしょうか?
 キャストが決まっていました。
 お父さんもなかなかの腕のようでした。
 右岸に移り次はウェットで釣り下がりです。
 こちらはいい型が次々と掛りました。
 4時半を過ぎると活性もさらに上がりひったくるような当たりが出てきました。
 アレレレレ
 見たことのある方が。
 ちゃっきーさんがいました。
 今回は鯉とオイカワでした。
 そうこうしているとプラントFさんもやってきました。
 ちゃっきーさんを紹介し、しばらく話をしながら3人で釣り。
 日が落ちるのも早くなってきましたね。
 5時を過ぎると薄暗くなってきました。
 そんな訳でお開きとしました。
 今日も釣れました。
 明日は午後からプールもいいかなと思いながらの帰り道でした。
posted by jetpapa at 18:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

長崎くんち 本場所・後日神輿お上がり

9日も朝から、くんち見物です。
 何でくんち?9日に終わるからくんちだそうです。
 今朝は5時半に宿を出発したのです。
 病気が出てしまいました。
 とりあえず釣竿を抱えて眼鏡橋の3つ上の橋の下の向かいました。
PA090145.jpg 6時前空が白々と明るくなる頃に釣りを始めようと思い仕掛けを作ろうと思ったところ、この竿を持ってきてしまいました。
 テンカラにルアー竿?
 寝ぼけていたんでしょうか?
 袋に入れたまま、中身を確認しないで持ってきました。
 どちらも握りの部分が太いので間違ってしまったようです。
 ヘタりました。
 目の前ではライズの嵐です。でかい魚です。
 グヤジイー!
PA090149.jpg 諦めて耳を澄ますとトントコトン、ピーヒャラピー。
 御囃子が聞こえてきました。
 6時に御囃子?
 新橋町の本踊り、阿蘭陀万歳の一行が港にある御旅所を目指す行列が静々と進行していました。
 ついつい、後に続いてそのまま御旅所まで一緒に行ってしまいました。
 早朝の御囃子もいいですよ。
 お姉さん方も粋でした。

PA090157.jpg
 別嬪さんですね。
 こ丸さんです。
 わざわざ表まで出てくれました。
 検番の芸子衆がくんちで踊るのは22年振りのことだそうです。
 












PA090158.jpg  
















PA090159.jpg

 万歳の染葉さんと才蔵の勝丸さんです。上が才蔵で下が万歳のようです。
 THE NAGASAKI というタウン誌にお二人の紹介が載っていました。




 今回踊りを見物して粋だなと思ったのは、御囃子の御姐さん方でした。
 黒の着物に草履です。
 石畳の上に直に正座をして三味線を弾いていました。
                                  草履を後ろに揃えて脱いであります。
 背筋をシャンと伸ばしての演奏は粋でした。
                          踊りも良かPA090166.jpgったですが、御囃子の御姐さん方も素敵でした。
 まだまだ続くのですが龍踊りを最後に御旅所を後にしました。
 仕事に行かなくっちゃ!

 くんちと川越祭を比べると微妙にお祭りの雰囲気が違うように思いました。
 くんちの会場以外はお祭りの感じがしません。
 街は静かなのです。
 通り一杯に人、人、人の波ということがなかったのです。
 PA090169.jpg                               桟敷を中心とした会場は異様な盛り上がりですが一歩離れると普段の町の風景でした。

 川越祭は真っ直ぐ歩けないほどの人出ですからね。
 ひっかわせが始まるともう動くことができなくなってしまいますからね。
 
 どちらも好きです。


posted by jetpapa at 22:20| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎くんち 本場所 中日

 長崎くんちも2日目8日です。
 今朝も6時には宿を出て八坂神社の向かいました。
 八坂神社は諏訪神社の対面にあり、唐寺で国宝の崇福寺と清水寺に挟まれています。
 繁華街の思案橋を通り、坂を登って行きます。

PA080129.jpg 昨日の諏訪神社と同じく7時から奉納の出し物が始まりました。
 ここは諏訪神社と比べると桟敷席の規模が一回り小さくなります。
 有料の立ち見席はありません。
 桟敷席のみです。
 そんな訳で、正面後ろにかぶりつきで入ることができました。
 朝から沢山人が集まって楽しんでいます。

PA080111.jpg 各町内の出し物は傘鉾を先頭に出陣?してきます。
 傘鉾、凄いんですよ、これが。
 まず先頭に入場して会場をくるくる回りながら隅から隅と歩きます。
 重さは100キロを優に超えているそうです。
 これをひとりで中に入って担いでいます。
 昔からの伝統で男衆だけが中に入ることができるのです。
 当然、女の人は中を覗くことすらできません。
 これは西古川町の傘鉾ですが、お願いしたら快く中を見せていただくことができました。
 バランスを取るために、寛永通宝の通しを100枚単位で重りにしていました。
 また、中には鐘があります。
 写真は当然無しですよ。
 これを担ぐのは大変なことだと思いました。
PA080120.jpg 笠鉾の後には櫓太鼓が続きます。
 土俵入り弓取り式をする大関です。
 この方は、現役のアマチュア相撲の選手です。
 まわしに注目。
 「みのもんた」と下に書いてあります。
 横綱白鳳が締めている化粧回しです。
 今回の奉納に合わせて横綱に是非貸してほしいとお願いしたところ、快くOKが出たそうです。
 現役横綱の化粧回しまで提供されるお祭りです。
 豪華賢覧と言う言葉がぴったりでした。




PA080140.jpg 夜は庭先回りでまた櫓太鼓の西古川町と出会いました。
 各家の前で少しだけ演目を行います。
 どれだけやるかはお祝いの金額による?
 どうなんでしょうか。
 これも趣がありました。
 
posted by jetpapa at 05:34| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

長崎くんち 本場所 前日神輿御下り 傘鉾パレード

 今週は月曜日から3泊4日で長崎に出張でした。
 なんと、くんちと重なった出張でした。
 ラッキー。
 今回は釣りは止めて、くんち三昧と決心しました。
 しかし、仕事優先でありまして、朝夕の時間を活用して見物することとしました。
 くんちとはどんなお祭り?
 よく解りませんが7,8,9日の3日間とにかく楽しむこととしました。

PA0700135.jpg 眼鏡橋を渡って諏訪神社へ向かいました。
 いつもならこの下でオイカワとたわむれているのですが、今回は我慢です。
 6時です。
 長崎の夜が明けて来たところで眼鏡橋もこの通りです。
 よく見るとライズが始まっているのです。
 なかなかの良型が跳ねています。
 後ろ髪を引かれながら一路諏訪神社へ向かいました。
PA070241.jpg 諏訪神社では早朝7時から本場所が始まります。
 いよいよ祭りの始まりです。
 ここには桟敷席は設けられここで各町内から出される催し物を見学するのであります。
 桟敷席は各升12000円から18000円ほどするそうですが、直ぐに売り切れてしまうそうです。
 そんな訳で、当日発売の立見席をゲットしました。
 桟敷の後ろに立って見物なのです。
PA070243.jpg すごい人です。
 異様な雰囲気で、掛け声がすごい。
 各町内から、龍踊、阿蘭陀漫才、恵比寿船、本踊等の出し物が演じられます。
 「もっとこーい!」なんて掛け声が響いています。
 アンコールです。
 何が何だか判りませんが、みんな興奮しています。
 私も乗ってきました。
 隣のおじさんは「もってこーい!」の連発です。
 観客総出で掛け声をかけます。

PA070275.jpg 龍踊も始まりました。
 あー、もう8時前です。
 8時25分のバスで出勤です。
 それこそ後ろ髪引かれる思いで会場を後にしました。
 これから盛り上がるところですが、仕事に穴は開けられません。
 まだ、朝食も取っていません。
 途中、弁当を2食、朝飯と昼飯を買ってバスに飛び乗りました。
 これにて、朝の部終了。

PA070200.jpg 夜は仕事をそそくさと切り上げて、7時半には諏訪神社の桟敷席後方に立っていました。
 今度の場所は参道の石段最上部です。
 ここは無料で観覧できます。
 長崎の夜景とライトアップされた演目を見ているとあっという間に時間が過ぎていきます。
 踊りのお姉さんがきれいでしたよ。
 最終日に近くで撮っておきましたから、本場所後祭り今日9日の部で紹介します。
PA070205.jpg あっという間に時間は過ぎてお開きです。
 階段を出し物の船が下って行きます。
 勇壮ですよ。
 岸和田のだんじりと同じです。
 形が舟型です。
 これから出発した町内に戻っていくのです。
 こうしてくんち初日の灯が暮れて行きました。

 

 


posted by jetpapa at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

小畔川で昨日の傷を癒してもらう!

 午後2時過ぎから小畔川に出てみました。

PA050023.jpg これが通常の水位です。
 今まで10cm程度水位が高かったため、ここいら辺は水面下でしたが河原が広がってきました。
 浅いところでは沢山の稚魚が泳いでいました。
 ここからドライで遊ばせてもらいました。
 バシャっと出ますがなかなかフッキングしません。
 スリルがたまりませんね。


PA050021.jpg ドライに出ました。
 15cm弱でしょうか、グングン引きます。
 #1ロッドをしっかり曲げてくれました。
 今日は金堀橋下流から始めました。
 ウェットで出たのがこれでした。
 更に金堀橋上のプールでドライ。
 鉄橋上でドライとウェット。
 高橋下流のプールではドライで攻めてみました。
 全体に水深が浅くなってしまい不用意に近ずくとライズが止まってしまいました。
 ラインが上を通過するとオイカワは上流に逃げていく状況でした。
 餌釣りの方と話をする機会がありました。
 昼過ぎから釣り始め歩きながらの拾い釣りだそうです。
 今日で5回目の小畔川で例年より今年は釣れだすのが遅かったこと。
 今日は、練りオカユでよく釣れたことを教えてくれました。
PA050018.jpg 別の方も練オカユで釣っていました。
 撒き餌を時々しながら、魚を散らさないように釣っていました。
 なかなかいいペースで釣っていました。
 今回写真のチェックを兼ねて双眼鏡の覗き口にカメラをあてて撮影してみました。
 3倍ズームが30倍ぐらいになっていると思われます。
 左側は接眼部とレンズがしっかりと合わせられなかったため暗くなってしまいました。
 しかし、双眼鏡にデジカメをくっつけるだけでスーパーズームになってしまいました。
 これって使えそうです。
PA050024.jpg こんなのが地面にコロコロころがっていましたよ。
 くるみが熟しています。
 そろそろ収穫ができそうです。
 川沿いにクルミの木が沢山生えています。
 知っている方はクルミ拾いをしていますよ。
 早い者勝ちです。
 私的には落ちて真っ黒に外皮がなって簡単に中身が取れる頃がいいと思いますが、その頃にはもう拾われてないんです。
 クルミと言えば今朝方、新潟でクルミ拾いのおばあさんがクマに襲われたそうです。
 これは俺のくるみと熊さんが怒ったのでしょうかね。
PA050022.jpg 金堀橋上のプール下の河原にこんなものが落ちていました。
 そのままにしてはおけないのでこちらに移動しました。
 東京国際商科大学図書館の書籍です。
 その数三十数冊。
 英語会話の教材のようです。
 どうしてこんなところにあるんでしょうか。
 不思議でした。
 とりあえず大学に回収をお願いしました。



 
posted by jetpapa at 17:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉砕か? かろうじて1匹

 土曜日は川越水上公園管理釣り場開園の日であります。
 午後から予定があり、どうしようか悩んだ時には水上公園に来ていました。
 何も考えずに来てしまい、携帯もデジカメも忘れてしまいました。
 そんな訳で、今回は画像無しです。
 8時半水上公園到着。
 アレレレ どうなっちゃってんのでしょうか?
 凄い行列でした。
 200人ぐらいが並んででいました。
 こんなの前代未聞、初めてです。
 最初の人が入場してから30分かかってやっと入場でした。
 この行列を見たときに、帰ろうかと思いましたが、ついつい並んでしまいました。
 なんたって今日は開場の日ですからね。
 最初は半円プールで、30分当たり全くなし。
 そうしたら東松山のITOさんが多目的プールの北東角にいらっしゃいました。
 半年ぶりの再開で、御挨拶です。
 弟さんとの釣行でした。
 何時ものOCAIさんとは都合がつかなかったので、弟さんとの釣行となったとのことでした。
 嬉しいことに隙間に入れてもらいました。
 でも釣れません。2時間全く当たり無しです。
 フライの方は皆苦戦しているようです。
 今日はルアーが好調です。
 ITOさん、最終的に3じかん、28匹だそうです。
 そうこうしているうちに、type r tataさんがいらっしゃいました。
 しばし歓談していると、今度は藪次郎さんが声をかけてくれました。
 波のプールではちゃっきーさんがダブルハンドでビュンビュウン飛ばしています。
 隣ではYUJIさんが更に距離を延ばしています。
 御挨拶をしてまた多目的プールです。
 釣れません。
 当たりすらありません。
 柵を超えた向こう側では良形が跳ねているんですが、釣れません。
 釣れるのはルアーの方々ばかりです。
 あせればあせるほどだめなんですね。
 ついに玉砕を覚悟したところ、自殺願望の鱒さんが私のフライを食べてくれました。
 やったー。
 一匹は一匹ですからね。
 坊主と一臂では雲泥の月とすっぽんの差があります。
 良かったーーー。
 写真は撮れませんでしたが隣のITOさんと藪次郎さんが見ていてくれました。
 そして12時納竿です。

 よかった。
 今日ほど一匹の重みを感じたことはなかったです。

 その後、皆さんの釣果は如何だったんでしょうか?
posted by jetpapa at 01:02| Comment(11) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

今週も北海道でした

 今週は4泊5日で女満別にまた行ってしまいました。
 当然、お泊まりは湖南荘であります。
 2週間前と比べると秋が近付いたと実感できました。

P9300016.jpg お約束の釣りです。
 朝一に日の出とともに出漁でしたが、今回も完全ボーズ、目の前で魚が跳ねているのでありますがそこまでキャストが届かないのです。
 漁師さんがやってきて仕掛けた網を上げていました。
 ご覧のとおり、遠浅なのです。
 しかも藻が岸際に繁殖しているため、引っかかってしまいます。
 漁師さんと暫し情報交換。
 結論、「釣れないベ」
 「ここいら辺で釣りをしている人、見たことね〜よ。」
 「ここは遠浅だから、船で出ねーとまず釣れないんだー。」
 先々週と同じ答えでありましたが、クククー。
 やっぱり目に前でライズがあるとやってしまうんですね。
 5時半から7時過ぎまで粘りましたが、あと5メートル10メートル先までフライが届けば釣れるーと信念を持って粘りましたが、小畔3号を紛失して終わったのであります。
 そんな訳で、出張中の釣りは火曜日の朝だけで止めました。


P9300021.jpg 網走湖湖畔の道路脇には白樺が植林されています。
 北海道と言えば白樺です。
 恐らく何処にでも生えている一般的な樹木だと思われます。
 この木は焚きつけに最高なのです。
 どうしても火がおきない時に皮を薄くはいで使います。
 白い部分が上のように薄くはがれます。
 そしてその下の樹皮をこのように少し薄くはがすことができます。
P9300022.jpg 白いのを根気よく集めて最初の焚きつけに、そして樹皮にさらに枝にさらに太いものにと火を大きくするのです。
 どういうう訳か冬の雪の中でもこの方法だと火をおこすことができます。
 ほかの木でも焚きつけにできるのですが白樺は最高なのです。
 雨が降っていたり雪の中では他の材料は湿っていますからね。
 そして、白樺がない場合は、杉っ葉が最高の焚きつけです。
 杉林の下を見れば枝に葉っぱがついて茶色く乾燥したやつです。
 しかし、雨が降っていたりすると難しいですね。
 こんな時はタランボが最高の火つけになります。
 タラの芽を採集するとげとげの木ですよ。
 この皮が完璧に乾燥しており、ウマいこと火が付きます。

 釣れないもんで話が飛んでしまいました。
 元に戻ります。
PA010071.jpg 水曜日は仕事が早く終わったので、網走市街に出かけてみました。
 網走番外地であります。
 実は、夕方6時に先々週お世話になったGUNちゃんが宿まで迎えに来てくれることでお約束をしていたのですが、こんなチャンスはありませんからね。
 前回は真っ暗な所に着いて、真っ暗な所を帰った訳で町がどうなっているか解らなかったのです。
 GUNちゃん曰く。
 「何にもないんだから迎えに行くまで待ってたら。暇持て余すよ。」
 2時33分発で仲間4人が先発しました。
 私は6時からのお約束があるので3時53分で出発です。
 少しだけGUNちゃんのアドバイスを参考にしてみました。
 石北線終点が網走です。
 女満別から2駅です。
 帰りはタクシーです。
 何故ならば、ここの終電は7時半なのです。
 やっぱり、原住民の言うことは真摯に受け止めるべきでした。
 
PA010074.jpg アーケードを往復して早々に駅に戻ってきました。
 駅に戻ると先発隊が。
 アレレー。
 5時半の電車?ジーゼルカーです。
 これでもう帰ることにして駅でたむろしていたそうです。
 6時、GUNちゃんきました。
 また新鮮な刺身と蟹を御馳走になってしまいました。
 ホッキ、ホタテ、クジラの刺身、甘くてうまーい。
 キンキの煮付け、堪らん。
 脳髄のコラーゲンまでしゃぶってしまい残ったのは硬い骨だけ。
 最後にアブラ蟹。
 一見、タラバガニの子供のように見えますが別の種類です。
 地元では安くてうまいのはこれだとお勧めでした。
 観光客はタラバの高いのを買っていくけど味は変わらないのでした。
 3人で飲んで食らって満足。
 10時まで頑張ってしまいました。
 街は30分で飽きてしまいましたが、ここは3時間半を過ぎても名残惜しく、タクシーでの帰還となったのでした。

PA010070.jpg 最後に全く関係ないのですが、今回の仕事先の玄関に蝶が止まっていました。
 気温8度朝は寒かったせいか、こんなに近寄っても逃げません。
 あんまり綺麗だったもんでパチリ。
 なんという名前でしょうか? 





 9月はなんだかんだと17日も釣りに行く機会があり、ここ女満別湖で今年の通算100日釣行を早々と達成しました。
 二年連続の100日釣行は望外の喜びであります。
 昨年は117日、このペースで行くと今年は125日となる?はずです。

 とりあえず今日は川越水上公園プールの今季開園日です。
 行ってしまいそうです。
 ちなみに開園時間は9時。

 しかし、午後から予定がはいているので迷ってしまいます。
 3時間券で12時まで、いいかも。
posted by jetpapa at 06:59| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。