2008年08月31日

今朝も名栗に行ってきました。

 小畔川は150cmまで水位が下がってきましたが、まだドライで遊べる状況ではありません。
 来週はに寒気も抜けて残暑が戻ってくるようです。
 小畔川も水位が安定して遊べるようになると思われます。
 そんな訳で、今朝も名栗にいってきました。
P8310027.jpg 増水していますが釣りはできます。
 今朝は8時過ぎから開始です。
 最初は上名栗の神社前からここまで。
 反応は一度、神社前の溜まりを何度か流すとおチビちゃんが反応してくれましたが、当然鈎掛りはなし。
 更にJA前から入ってみましたが、おチビちゃんがあいさつしてくれただけで鈎掛りはなしでした。
 昨日より水位は下がり気味でしたが、川の中は水圧が凄い。
 今までは岸際を歩いて行けたところも川の中に入らなければ遡上できない状況でした。
P8310028.jpg そんな名栗川にもこんなスポットがありました。
 判りにくいのですが、左上には人家が見えています。 
 まだまだ増水しているので、大型の魚が反応してくれると期待したのですが、結果はボーズ。
 疲れました。
 今月の釣りも今日が最終回なのであえて増水の中を歩いてみましたががっかりでした。
 腕がともなっていないようです。

 今月は福島での釣り、湯の湖、高知と何時もより釣りの回数が増えて15日も行くことができました。た。
 1月からの総計は今日で83日の出漁となりました。
 初めて100日釣行を達成した昨年より早いピッチで釣りまくっています。
 ただし、結果は出ていません。

 今週は火曜日から奄美大島に出張です。
 前回挑戦できなかったティラピアを狙ってみたいと密かに計画しています。


posted by jetpapa at 20:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

忙しい一日でした

 何時もどおり5時に起きると外は雨でした。
 今日は釣りはお休みすることにして、お風呂に入りゆったりとした朝の時間を過ごしていました。
P8300012.jpg 外を見ていたら雨が上がりはるか遠きに青空が。
 うーーーーんん。
 行くーー。
 7時過ぎに飛び出していきました。
 名栗川は茶色で大増水。
 釣りになりません。
 とりあえず、名栗湖をチェックしてみました。
 この通り、水面は低く水がありません。
 8月17日の魚再棲塾の時と同じでした。
 これなら釣らなくっちゃと始めてしまいました。
P8300016.jpg 流石に増水しています。
 今までのポイントは水量が多く流すことができません。
 脇のたるみ狙いです。
 ヤマメが3匹釣れましたが、たもを使わないので写真を撮ろうと思ったら三匹ともピュッと逃げてしまいました。
 写真を撮るだけなんで、あと5秒辛抱してくれるだけでいいのに、忍耐の足りないヤマメでした。2時間のお楽しみで終了でした。
P8300017.jpg 昼からは巣鴨へ行く用事があり、その前に池袋ロサ会館1階の洋食屋さんでお気に入りのオムライスを。
 ちょっと変わったかな?
 卵のふわふわ感が少ないか?
 中のチキンライスはグーでした。
 奥はハンバーグ、これはソースが絶品でした。
 量も多くてお腹がパンパンでした。
 美味しかったー。
P8300019.jpg 巣鴨棘抜き地蔵商店街です。
 年寄りの原宿と言われていますが、若い人も結構いました。
 こんな雰囲気大好きです。
 







P8300023.jpg これが棘抜き地蔵です。
 お水を掛けて痛いところをさすります。
 体の痛みが消えるそうです。
 
 また雨が降ってきました。
 小降りで増水しなければ、明日も釣りに行きたいですね。

posted by jetpapa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

今朝の小畔川 川幅が広がっています。


P8290006.jpg 今朝6時45分出勤時の金堀橋からの様子です。
 水位は270cmです。
 昨夜の3メートルを超えた水位を想像すると凄かったんだな〜と思いました。
 一段目の堤防を越えて2段目まで迫っていました。
 草が寝ているところまで水位が上昇していました。




P8290009.jpg 仕事帰りの状況です。
 真っ暗な中でこの水量です。
 今夜も外はピカピカドッカーンザザザザーです。

posted by jetpapa at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あふれそうです。

 昨日から降り続いている雨はすでに170mmをこえています。
 ここまで水位が上昇したのは初めての経験です。
 
P8290001.jpg 八幡橋観測所では深夜1時に373cmを観測したようです。
 今は(5時)322cmに水位が50cm程最高時より下がっていますが、依然として反乱注意水位を上回っている状況です。
 小康状態ですが夜中は凄かったですよ。
 ピカピカゴロゴロドッカーンと鳴り響いて雨が降り続いていました。
 これからニュースを見ますが、各地で被害が出ていると思います。
 川越周辺は荒川に入間川、おっぺ川、小畔川が合流するため昔から水害が発生しやすい地形です。
 近年、スーパー堤防の完成と大規模排水ポンプ場が完成してからは浸水の被害が発生していませんが、今回は大丈夫か心配です。
 テレビから各地の浸水被害が流れています。
 全国的に凄かったんですね。
 昨夜帰宅時に、橋の上から撮ったんですが真っ暗で何も映ってなかったです。
 出勤時に金堀橋から増水した小畔川の写真を撮ってみます。 
posted by jetpapa at 05:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

ピカピカ、ゴロゴロ、ザザザザザー

 5時過ぎから降り出した雨はザーザー降りとなりましたが6時15分にはやみました。
 出勤時はうまいこと雨が止んでくれて傘なしで駅まで行くことができました。

 帰ってきてからが凄かったです。
 駅から帰るまで土砂降りでピカピカゴロゴロ大変な天気です。
 小畔川の水位も朝方から上昇し始めて9時には279cmになっています。
 夜なので、川の写真が映りません。
 8月16日の画像を見てください。
 284cmの水位でした。
 今夜はまだ降りそうです。
 各地で被害が出ています。
 雷さん、ここには落っこちないでくださいね。
posted by jetpapa at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

あわただしかった高知出張

 月曜日から一週間の予定で、また高知出張でした。

P8250025.jpg 香南市野市町のホテルに4時に到着しました。
 こんなことはめったにありません。
 チャンス。
 自転車を借りて大日寺にすっ飛んで行きました。
 四国八十八か所巡礼の二十八番札所。
 御本尊は大日如来様です。
 今まではなかなか早く時間が取れなかったので御朱印をいただくことができなかったのです。
 大日寺に着いてみると、ラッシュです。
 巡礼ファションのご老人が列を作っています。
 境内の広場ではきれいに整列して御詠歌歌を合唱していました。
 まるで小学校の朝礼のようでした。
P8260037.jpg 御朱印を頂きました。
 少し変わっているのは××山○○寺○○年△月□日参拝とか書いてくれるのですが、今回は御本尊の名前だけで日付はありませんでした。
 しかし、大満足です。
 ここの御朱印は3回通ってやっと頂けましたからね。 巡礼ツアーの方々はバスでスイスイ回っているようです。
 いっそのこと紛れ込んで行ってみたいと内心思ってしまいました。
P8250029.jpg 大日寺への参拝後、用水路を遡ってみました。
 野市地区に物部川から用水を引いています。
 どんな所を通っているか見てみたかったのです。
 「ウワー!! びっくりした」
 河童が出てきたかと思いました。
 なんと、この方はシジミを取っていました。
 用水の流れにシジミが沢山いるそうでそこの砂利を駕籠ですくっていました。
 半分はシジミでした。
P8250031.jpg この用水路は延々と続いています。
 河岸段丘の上の縁に沿って作ってあります。
 用水路の脇にはアジサイが植えられてアジサイ道路と名称が付けられていました。
 豊富な水量が流れており、野市の田畑を潤していることがよく解りました。
 「烏川にはアユが落ちてくるんじゃ。」とSOKさんが教えてくれたのがよく解りました。
P8270043.jpg お約束の釣りです。
 今回は時間を作って烏川の河口部に行ってみようと計画していました。
 とりあえず、今朝は用水路のオイカワを釣りに行っていました。
 婚姻色は消えてしまい地味なオスです。
 しかし、大きいですね。
 テンカラ竿をグンと曲げてくれました。
 今回のあたりフライは#21にブラウンハックルでした。
 最初は全く出なかったのですが、フライを替えてから入れ食いになってしまいました。
P8270044.jpg 田圃脇の用水です。
 こんなところに沢山いました。
 オイカワにカワムツです。
 約束したように、流れが速い所はオイカワ、ゆるい所はカワムツでした。
 
 そして仕事に出ると急に予定変更、今日中に帰って来るようにということになってしまいました。
 えーーー。
 急きょタクシーでホテルに戻り荷物をまとめて帰ってきました。
 アカメ釣りに今夜から行こうと思っていたのにな〜。
 SOKさんとSMRさんともお話をしたかったのにな。
 一寸残念な出張でした。   
posted by jetpapa at 22:29| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

沖縄の古い友人から伊勢海老が送られてきたこと

 8時過ぎに沖縄の友人から伊勢海老が送られてきました。
 毎年のことで、恐縮しています。
 今年のエビはびっくりです。
P8240016.jpg 体調が40cmを超えています。
 まな板の大きさと比較すればこの大きさがよく解ります。
 「あらら、また送ってもらっちゃったね。」
 軽い気持ちでクール宅急便を開くとモンスターが出てきました。
 さばくまで、虫の息でしたが生きていました。
 尾の身を刺身に、胴体は茹でて、蟹と同じく頂きました。
 この大きさです。
 足の太さもはんぱじゃないんです。
P8240017.jpg 茹でたら真っ赤っ赤です。
 色が変わってしまいました。
 きれいに変わりました。
 甲殻類はどんな色をしていても、茹でると赤くなりますね。
 蟹の足と同じです。
 ただし、甲羅は蟹よりも薄いので身を取り出しやすいのです。
 こんなでかい奴は沖縄でもめったに取れなくなってしまいました。
 友人に感謝して美味しく頂きました。
 ほっぺが落ちそうでした。

 先ほどお礼の電話を入れたところ、この海老の名前は島海老と沖縄では言うそうです。



posted by jetpapa at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

雨に煙る名栗川で坊主です

 今週は高知でオイカワに遊んでもらいましたが、ほかの方のブログにはヤマメが岩魚が釣れちゃってしまいましたと書いてあります。
 オイカワのあたりも楽しいのですが、やはり渓魚に遊んでもらいたくなってしまいました。
 ヤマメの俊敏なあたりと引きを楽しむために今朝は名栗に行ってきました。

P8230002.jpg 5時半に出発し、6時半には釣りを始めました。
 雨が降っているし、肌寒いし、今朝は誰も居ないかなと期待していたのですが、すでに先駆者あり。
 砂の上には先割れの足跡がくっきり残っていました。
 竿抜けポイントを狙って流しますが、当たりがありません。
 水量も回復し、いい感じなんですがね。
 どこかでドラッグがかかっているようです。
P8230006.jpg この堰堤の手前で出ましたが、ヒットに至らず。
 ここは餌釣りの方が毎日何人も入っています。
 魚はスレスレ。
 魚の数より釣り人が多いのかしらんと思うほどひっきりなしに人が入っています。
 水の力は凄い。
 ここでは正面から強い風が吹いてまともにキャストができません。(私はです、ほかの人はできると思います)
 200メートル程度の区間ですが、いかにも渓流という感じがするところです。
 これから名栗湖に水をため始めると、ここは水没してしまい、堰堤の手前まで水面が上がってきます。
P8230010.jpg 次に名栗小学校の裏へ。
 ここからJAの前まで様子を見てみました。
 ここは対照的にフラットな流れで底は砂と砂利です。
 ここから200メートル以上こんな風景が続きます。
 水深は浅く魚が隠れるところもありません。
 当然、ヤマメは居ないようでした。
 橋の下から魚が付きそうな渓相になってきます。
 橋の下でまた当たりがありましたがヒットせず。
 今朝は小雨交じりでコンディションは最高でしたがヤマメには鼻もひっかけて貰えず。
 ボーズ。
 よって、お魚の写真はなし。
 そんなわけで、8時過ぎには早々と切り上げて帰ってきました。
 2時間のお楽しみでした。

posted by jetpapa at 17:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

香南市の烏川でオイカワとカワムツを釣る

 平成の大合併で新しくできた香南市と言ってもピンときません。
 どちらかというと野市町が分かりやすいです。
 今回は高知県に出張でした。
 物部川に沿った旧野市町に3泊でした。

P8190093.jpg 早速ですが元気のいいカワムツです。
 前回の烏川釣行時のオイカワの写真も元気よく掌で跳ねていました。
 夕方仕事が終わってから自転車でやってきました。
 沢山います。
 10年前の小畔川を思い出します。
 ここのオイカワとカワムツはホボ完璧に棲み分けができています。
 流れのゆるいところではカワムツ、瀬ではオイカワが泳いでいます。

P8190092.jpg 今回はここで入れ食いでした。
 使用フライは#21黒のハックルでした。
 よく見るとライズの波紋が沢山映っています。
 堰の溜りにはカワムツがながれの速い所はオイカワでした。
 ただし、型が小さかったのです。
 よくこんなのが咥えてくれたと感心するほど小さかったです。

P8190090.jpg  ここから20メートル下流には物部川から取水された農業用水が合流しています。
 最初こちらで挑戦したのですが、魚はいるのですが全然反応がなく場所を替えたのです。
 なんという水草(オオカナダ藻ではないかと思うのですが)でしょうか?
 白い花が咲いていました。
 水もきれいです。
 烏川も用水と合流してから水量が増します。
 この地区は用水が網の目のように発達しています。
 田圃は当然ですが、市街地も庭先をきれいな水が用水として流れています。
 どこに行っても流れがあります。
 綺麗な流れがあると心が和みます。
 
 今回のびっくり、釣りをしようかと自転車から降りて仕掛けを伸ばしているとブーブーうるさいのです。
 ビニールハウスの中から聞こえてきました。
 誰かこっちを向いてトラクターに乗って手を振っていました。
 どうしたのかしらん?
 あらら?
 SOKさんでした。
 前回の高知出張の時に知り合った方です。
 8月2日の記事にお友達のSMRさんとご一緒の所があります。
 この付近の畑と田圃はSOKさんが所有しているそうです。
 釣りを始めたら今度はSMRさんがご子息と噛み犬を連れて自転車でやってきました。
 また再会できてうれしかったです。
 来週も行きますよ。
posted by jetpapa at 23:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今月美味しかったもの

 今月美味しかったものが沢山あったのでとりあえず紹介します。

P8100032.jpg インディアンカレー煎餅です。
 先々週自由軒のインディアンカレーを食べましたが、帰ってきて若葉ウォークのスーパーマーケットで見つけました。
 味の比較、OKです。
 本物と同じ味付けでした。
 ついついたべすぎてしまいます。
 2袋買ってあっという間に食べてしまいました。
 美味しかった。

P8110034.jpg お盆に福島で食べたかつ丼です。
 本宮市にある柏屋食堂です。
 今回は2回目の訪問です。
 前回はかつ丼を注文して美味しかったのですが、奥は次はロースかつ丼を食べたかったこと、そして私はとじ卵のかつ丼を再度食べたかったので行ってきました。
 ソース味のロースかつ、絶品。
 かつ丼だけで客が絶えない訳です。

P8190096.jpg 司牡丹。
 高知の銘酒です。
 昔は一升行ってしまいましたが、今はこの瓶300mlで十分になってしまいました。
 純米吟醸、はらわたにしみわたりました。
 昨晩、高知でいただきました。
 オリンピックを見ながら気持ちよく酔っ払ってしまいました。


P8210102.jpg 夏蜜柑 丸漬です。
 夏蜜柑をくり抜いた中に白餡の羊羹が入っています。
 萩原産のすっぱい夏蜜柑を丸ごと使い中身をくり抜き蜜柑の形を残したまま羊羹を流しこみました、と説明書に書いてあります。
 このお菓子は奥のお気に入りで、出張時に買ってきます。
 先ほど食後のデザートにいただきました。
posted by jetpapa at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

第4回魚再棲塾に行ってきました


P8170066.jpg 今日は朝から小雨がパラついています。
 魚再棲塾の4回目が開かれました。
 9時に湯の田ドライブインに集合して開始されました。
 今朝は5時に自宅発、6時には釣り始めていました。
 3時間、上名栗で準備運動をして塾に参加です。
 最初は川を耕して底石を浮かせました。
 どうしてこんなことをするの?
 どんな効果があるの?
 小砂利が浮いてその隙間に水生昆虫が入ります。
 河が豊かになります。
 結果として餌が増えるわけで魚も増えます。
 小畔川でもやってますよーーーん。
 川に入ったら底をいつもかき混ぜています。
 ここでは、鋤を使って底を畑のように耕しました。

P8170067.jpg グリーンフィールドを使って実習をしました。
 概ね30分その後、ゴミ拾いです。
 いい根性をしています。
 バーベキューをしてそのまま食い逃げです。
 網、食器、カン、灰皿等全て川に残して帰ってしまったようです。
 この外に、パラソル、イス、テーブルセット等が捨ててありました。
 モラルハザード
 何で俺がかたずけなくちゃいけないの?と自問自答。
 こんなことをしていると川遊びができなくなってしまいますよ。
P8170068.jpg 次は場所を変えてバスハンティングです。
 刺し網を仕掛けて一網打尽を狙いました。
 ここは名栗湖からの流れと本流が合流するところです。
 左が名栗湖から右が名栗川です。
 ここはバスが沢山いるところです。
 入間漁協名栗支部が中心となり刺し網の準備をしてくれました。
 当然私たちも刺し網をしかけました。
 ガサガサ岸辺の葦の下を刺激します。
 出ました。
P8170075.jpg こんなのが引っ掛かりました。
 コクチバスです。
 一番大きいのが3年魚です。
 この魚は1匹が年間1000匹の魚を食べて生きているそうです。
 名栗湖で平成2年に生息が確認されたそうです。
 大口バスもこの時期に確認されています。
 しかし、低水温とコクチバスの大繁殖で大口バスは淘汰されてしまったようです。
P8170077.jpg スズキ科の魚なので白身で味は淡白だそうです。
 名栗湖に生息するコクチバスを県水産課が検査したところ寄生虫類は全くいなかったそうです。
 このように生きているうちにさばくと臭みが全くないそうです。
 3枚におろして皮引きをすると最高の刺身になるそうです。
 ただし、皮が生臭いので、生きているうちにさばくことときれいに皮引きをすることがおいしく食べる条件だそうです。
 この魚は釣ったらリリースは禁止されています。
 問題になているバスですが、バスが悪いのではなく放流した輩が悪いのです。
 勝手にバスはここまで来れませんからね。
P8170078.jpg バスを捕まえた後は刺し網の手入れをして撤収です。
 3重になっている網は扱いが悪いと直ぐに絡まってしまいます。
 みんなで広げて引っかかった葉っぱ等をきれいに取り除いて作業完了でした。
 いるんですね。
 釣れたらリリースはしないでくださいね。
 お願いします。
 バスが悪いわけではありませんが、他の魚が居なくなってしまいますからね。
P8170083.jpg
 魚再棲塾はここまでです。
 今朝は6時から上名栗で朝錬そして今度は名栗湖のバックウォーターのチェックをしてきました。
 ダムの水位は下がりこのような状態です。
 ここの橋から釣り下って行きました。
 ウェットでダウンクロスで狙っていきました。・
 MCDさんと塾が終了してからチェックです。
 MCDさんは上流へ向かいました。
 残念ながら当たり無しで湖面まで下ってしまいました。
 下手くそなんですね。
P8170086.jpg これはトイレです。
 名栗に初めて来たのは20年以上前になります。
 当時は合併前で名栗村でした。
 現在は飯能市となっています。
 当時の公衆便所は汲み取り式でしたが、村内に適当な間隔で設置されていました。
 そして、綺麗なんです。
 付近の住民の方がボランティアで掃除をしていました。
 現在は水洗になっていますが昔からの伝統でしょうか、綺麗な気持ちの良いトイレです。
 私はおなかが弱いので重宝しています。
 今朝は出発前に爆撃をしたのですが、途中おなかが痛くなってしまい、2回お世話になってしまいました。

 そして今日の悲劇です。
 昨日買ってきたハッカ油のデビューです。
 しげさんからも2倍希釈でシュシュっと使うんですと教えてもらいました。
 薬局でも薄めてつけ過ぎに気をつければ問題なしと教えてもらいました。
 ズボラなjetpapaはそんな忠告に耳も貸さず、原液
のまま使ってしまいました。
 最初は少しつけてスリスリして薄めて塗っていました。
 そhしたら手が離れて、ボタボタと地面に垂らしてしまいました。
 勢いあまって手の平にも溜まるほど零してしまいました。
 もったいないので、両手でのばして首と額と頭に直接塗りこんでおきました。
 仕掛けを作って川に入ろうとしたら何か変なのです。
 涙が止まらなくなってきました。
 注意書きにもかいてありました、。
 目になんか入れては駄目ですよ。
 ひどい目に合いますよと書いてありました。
 ハイ、ひどい目に遭ってしまいました。
 涙が止まらなくなってしまい2時間泣きっぱなしでした。
 いい歳の親父がポロポロ涙を流しながら2時間釣りをしてしまいました。
 

posted by jetpapa at 22:02| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

ピカピカ・バリバリ・ドッカーン

 夕方の雨は強烈でした。
 気象情報によると日本各地で大気の状態が不安定で、記録的な集中豪雨が発生したようです。
 小畔川も3時過ぎからバケツをひっくり返したような雨が降りました。
P8160049.jpg ベランダから外を眺めていたら、川越市内から狭山市にかけて暗くなりゆっくりとこちらに近づいてきました。
 ピカピカ光っています。
 雲の底は平らで低く真っ黒です。
 ところどころにはバーガーが発生しており、のこぎりの歯のようにギザギザと地面まで垂れ下がっています。
 突風が吹き始めました。
 積乱雲が近づいてくるときに吹く前面風です。
 急に気温が下がり涼しくなってきました。
 ポツリポツリと降りだしました。
 最近にない大粒の雨です。
 ピカピカも近づいてきました。
 バリバリという音も近くなってきています。
 ピカドッカーンと同時に窓が震えました。
 屋上に直撃を受けたようです。
 本格的に降りだしました。
 ベランダは排水が追い付かずあふれだしました。
 白いカーテン越しに景色を見ているようです。
 アレれえれ?
 テレビが映らないよ。
 そうこうしていると携帯が鳴りました。
 親戚からの電話で、外出しているの?と聞かれてしまいました。
 固定電話が通じないとのことでした。
 早速かけてみるとだめでした。
 天気を見ようとPCを立ち上げるとインターネットが繋がりません。
 TV,TEL,NET3重苦です。
 電気が通じているのが何よりです。
 最初にTVが7時過ぎに復旧し、TEL,NETは9時過ぎにやっと復旧しました。
 こんなの初めてです。
P8160157.jpg3時過ぎの雨量は1時間で47mmでした。
 小畔川は100cmの水位でしたが雨があがって1時間後の5時には282cmまで水位が上昇しました。
 濁流で川幅が一気に10倍ぐらいに広がりました。
 最近にない水位の上昇でした。
 気をつけて早めの避難。
 付近の降水量を調べてみると降ったのは川越を中心とした地域で少し離れた飯能ではたいした雨ではなく、名栗では降っていません。
 雨があがってから虫よけにハッカ油を買いに行ったのですが薬局の床は水浸し、急に水が押し寄せてきたそうです。
 集中豪雨の恐ろしさを眼のあたりにしました。
 それにしてもおっかなかったなー。


posted by jetpapa at 21:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

毎日行ってしまいました。

 月曜日から福島へお盆の帰省で先ほど帰ってきました。
P8150048.jpg とりあえずヤマメです。
 今朝、出発前に阿武隈川の支流である大滝根川の上流へ行ってきました。
 おとといに引き続き2日通ってしまいました。
 おとといいが夕方そして今朝方と朝夕チェックすることができました。
 とにかく沢山いました。
 しかしオッチビばかりです。
 そんな中の一匹でした。
 いつも車を止めさせていただく農家のご夫妻の話では稚魚1000匹、家の前に放したそうです。
 来年が楽しみですね。
P8130045.jpg
 月曜日は我慢したのですが、毎日、夏井川支流の鹿又川に通ってしまいました。
 安近短をモットーとするjetpapaにとって最高の場所なのです。
 家から40分、車を止めて直ぐ釣り始められます。
 危険な場所はありません。
 阿武隈高地の渓流は落差が穏やかで川歩きも楽です。
 今回はなかなか結果を出すことができません。
 いい型がバシャっと出てもうまく掛りません。
P8120037.jpg そんな中で、いい型がここから出たのです。
 たまたまうまいこと流すことができました。
 しげさん、プラントFさんとの釣行で後ろから見取り稽古をした成果が現れたのです。
 ここの溜まりに入るように流れを自然に流すことができました。
 尺はなかったのですが25cm程度の岩魚が岩の下からゆっくりと出てパクっと咥えてまた岩の下に戻ろうとしました。
 流れと同じくフライが動いたのでゆっくりとした補食でした。
 ゆっくりと合わせて手元へ。
 浅瀬でお約束の写真撮影をしようとした瞬間でした。
 岩魚ちゃんはラッキーと言ったかどうか知りませんが尻尾でピッチャンと水面を叩いて流れの中に消えていきました。
 写真を撮ったら放してやるのにこらえ性のない岩魚でした。
 岩魚の写真がないので棲家の写真です。
 今回は朝夕と毎日通ってしまいましたが、夕まず目のほうが食いが立っていたようです。
 そして、昨夕は夕立の後に笹濁りの状態で川に入ったところ、狂ったようにフライに飛びついて来ました。
 昼間はどこにも魚が居ないね、今期はお終いかと思っていたのですが、増水と笹濁り、魚が動きました。
P8120040.jpg
 このアブ、凄いんですよ。
 朝から車を止めるとワーっと集まってきます。
 ドアを開けると車内に飛び込んできます。
 釣リたいが、アブに噛まれるのも嫌だなと思いながら車を飛び出していきます。
 今回はアブに噛まれずに済んだのですが、右腕がはれ上がっています。
 油断してしまいました。
 ブヨです。
 これはたまりません。
 釣りに来て刺されたのならあきらめるのですが、庭の木が茂ってしまい枝落としをしていたら刺されていました。
 ブヨは刺されると書きましたが噛むというのが正しいようです。
 蚊に刺された時は血が出ませんがブヨはトロリと出ます。
 ひどい時は1か月痛た痒い症状が続き腫れています。
 3か所です。
 直ぐに救急キットの毒を吸い出す道具で吸い出してみました。
 10分後でしたが、ドロリとした血液が出てきました。
 唾液が入っているのでしょうか、固まりません。
 痒くって痒くって堪りません。
 あああああーーーーーーーーーーーーーーーーー
 痒くって堪らん。
                

 
posted by jetpapa at 18:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

夕方は嵐のようなライズ

 昨日は暑さもひと段落したようで朝夕は涼しく感じられました。
 お昼に美味しい物を食べたいからどこかに連れてってと奥からお願いされてしまいました。
 急にそんなこと言われても心の準備というものがあります。
 考えた末、お気に入りのきなせ亭へ行くことにしました。
 こんな時はカメラを忘れるんですよね。
 私はクジラと豆腐のハンバーグこれ絶品、そして奥はマグロカツととヒレカツの盛り合わせを注文しました。
 この外にマグロとツブの刺身に海ブドウ乗せ、おからのサラダ、ヒジキ煮物、切干し大根の煮付け、ご飯にナメコとメカブ細仕立てが入ったトロトロの味噌汁、そしてクジラが入ったおでんでした。
 鯨の赤身と思われますがこれを豆腐をつなぎとして作ったハンバーグがおいしかったです。
 当然、量も十分でありコストパフォーマンスの高いランチでした。
 お昼のランチはお勧めです。
 デザートは定番でした。
 わたなべ豆腐店に立ち寄り豆腐のソフトクリームをゲット。
 いつもソフトクリームを食べているのですが、気が付きませんでした。
 カウンターに魔法のトッピングがあったのでした。
 シュ、シュと小さな霧吹きでかけるのです。
 恐る恐る、興味シンシンでかけてみました。
 特製のお醤油でした。
 ソフトクリームが冷ややっこになった気分でした。
 トッピングがなくなって暫くすると豆乳の香りが口の中にふんわりと広がって二度美味しかったです。

P8090028.jpg 6時過ぎ、薄暗くなってから小畔川です。
 涼しかったですよ。
 40分、気持ちよく遊んできました。
 ライズ、ライズで反応するのですが鈎掛りしません。
 5cm以下のおチビちゃんが主です。
 フライが着水した瞬間だけの反応です。
 打ち返しをしていたら勝手に3cmぐらいの極チビが掛ってしまいました。
 後ろに飛んで行ってしまいました。
 合掌、申し訳ありませんでした。
 そんな中で10cmぐらいの型が飽きない程度に連れ、その中の一匹がこのオスです。
 みんな細くなってサンマさんです。
 婚姻色が強く出てキラキラと輝いています。
 ここのところどんなふうに撮ったらオイカワ本来の色合い姿かたちの美しさを伝えることができるか、試行錯誤でした。
 結論は最近の写真のとおり、接写でフラッシュ設定、浅瀬で暴れない程度に水の中ということに落ち着きました。

 残念なことにラブログはいろいろな欠陥があり、私には対処できないのです。
 都度KDDIの担当部者に連絡し、解決をしてもらっている状態です。
 最近はサイドバーがどこかに行ってしまい探したらページの一番下に隠れて出てこないのです。
 たぶん今回もまだ治っていないかも知れません。

 
posted by jetpapa at 06:22| Comment(14) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

今朝の小畔川 一寸草刈りを

 今朝は5時過ぎから先週と同じ八幡橋と精進場橋の間にある調整池前のプールに行ってみました。

P8090077.jpg このサイズです。
 先週と比べて型が小さくなっています。
 反応はあるのですが、なかなか鈎掛りしません。
 しかし、熱くなってしまいますね。
 これでもかこれでもかとキャストを繰り返します。
 少し大きいのが反応すると鈎掛りします。
 このサイズは10cm以下です。
 今朝は少し欲求不満でした。
P8090078.jpg この景色は静かな川面ですが、すぐ上は遊歩道になっています。
 しかし、川岸の葦の背丈が高いので岸に寄っていると土手の上からは見えません。
 静かにライズ狙いで遊べます。
 今朝は、先週よりもおとなしい小さなライズリングができていました。
 当然ですね、魚が小さいんですからね。
P8090086.jpg 河床を歩きながら砂利底をかき混ぜて表面の水垢を取ってみました。
 毎回、川に入ると何箇所か底をかき混ぜて産卵床らしき場所を作っています。
 今回は幅1m長さ5m程度河底を長靴でひっかきまわしてみました。
 水垢がとれて石本来の色に変わってきました。
 実は、稚魚が沢山泳いでいるのです。 
 映るかなと期待して撮った写真ですが残念ながら写っていないようです。
 此処では少なくとも10cm四方に2,3匹がおよいでいました。
 魚は綺麗な石の表面が好きなようで、暫く静かに待っていると沢山集まってきました。
 全部無事に育ってくれと見守っていました。
P8090079.jpg 此処にアクセスできるように草刈り。
 踏み別け道から少ししっかりした抜け道になりました。
 代償は右手の切り傷数か所で、血が滲んでしまいました。
 ズボラをこいて軍手もしないで草刈りをした報いでした。
 先週は草を倒しただけの踏み別け道だったので、今朝は跡形もなくなっていました。
 この辺だったなと切り開いたのですが、5m上流で川に行きつきました。
 場所は、先週と同じく右岸調整池水門の約50m上流です。
 近くを見てもよく解らないので、川岸の背の高い草が切ってある所がアクセスポイントです。
 見極めてから進んでください。 
P8090090.jpg 調整池の真ん中あたりは綺麗に草刈がしてありました。
 何時もの河川事務所が行う草刈りの仕方とここは少し違います。
 何時もの草刈はここまで草を刈りません。
 川へ入るには3mぐらい草をかき分けなければ入ることができません。
 こんな草刈りをしてくれると釣りをするには最高なんですがね。
 此処もお勧めの場所ですよ。
 ちょっとした開けた渓流の趣があります。
 魚影も濃いですよ。
P8090091.jpg 対岸(左岸)から同じ場所です。
 昨年の釣り教室はここいら辺りで開きました。
 ここから入ってドライで釣り上がり。 
 いいですよ。
 今朝は瀬上でいい反応していました。
 鯉、そして50cmオーバーの似鯉が4匹群れていました。
 当然、オイカワは沢山いましたよ。
 流れが速いので、型も良かったです。
 
 
posted by jetpapa at 09:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

インディアンカレー

 今週も暑い日が続いています。
 火曜日から大阪出張となり先ほど帰ってきました。
 大阪も暑かったのですが8時過ぎに駅から歩いてきたら汗だくになってしまいました。
 今日は熊谷で40度を超えたようですね。
 そんな訳で8時過ぎなのにまだ30度以上あったかと思いました。

P8060065.jpg あまりの暑さにお約束の釣りは止めです。
 かなり歩かないと釣り場まで到着できず、安近短の趣旨から外れるので止めました。
 今回はインディアンカレーです。
 まあるくドーナツ状にドライカレーを盛りつけます。
 そして中央に生卵がポッチャンと鎮座しているのです。
 自由軒のインディアンカレー。
 大阪に時々行くのですが食べる機会がなく、今回念願が叶いました。
 少し辛めのドライカレーですが、生卵をスプーンで崩して混ぜながら食べると絶品です。
 今回はめったに注文しない大盛りを注文してしまいましたが、余裕で完食でした。
 大阪ではドライカレーに生卵ですが、北九州では普通のカレーに生卵でした。
 これも美味いんですよ。
 やはりカレーと卵のトロトロが混ざると味がまろやかになり食が進むのです。
 この際ですから番外の美味しい卵かけご飯を紹介します。
 熱い赤飯で卵かけご飯。
 これが美味いんです。
 奥は気持ち悪いといいますが、うるち米とモチ米の違いで食感がかなり変わります。
 つるつるになるのです。
 好きな人はすき、ダメな人はだめなんでしょうね。
 でも、美味しい。
 
posted by jetpapa at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

今朝の小畔川 やっとまとまった雨が降りました

 昨夕から夜半にかけて雷雲が発達し川越を通過していきました。
 所沢付近の落雷により西武新宿線を中心に付近の電車が止まったようです。
 東上線大丈夫かしらん?
 と思いながらサッと帰ってきました。
 ご近所さんも同じことを考えていたらしく電車でバッタリ会い、雨止んでいると良いねと言いながら帰ってきました。
 金堀橋から覗くと茶色の濁流となっていました。
 上流の飯能地区では19時頃50mmを超える激しい雷雨となっていたようです。
 川越では20mm程度で名栗はほとんど降っていなかったようです。
 肝腎の水位です。
 現在は130cm程度ですが、昨夜の最高水位は200cmを超えたようです。
 ここのところ100cm位で推移していたので、これで河床も洗われ小畔川は綺麗になったようです。
 今週末は期待できますね。
 天気予報では今日も降るようです。
 7月はほとんど降らなかったので、ちょうどいい雨です。
 できれば名栗地区にも降って欲しいな。
posted by jetpapa at 05:33| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

今朝の小畔川 産卵も終わり朝晩はライズです。

 昨日の夕方、少し涼しくなってから何時もの金堀橋上のプールです。
P8020044.jpg 6時です。少し薄暗くなってきたらライズが始まりました。
 瀬尻付近を中心に雨が降っているように始まりました。
 魚が都度出ますが咥えることができません。
 どうしたのかとヨクヨク見てみると、小さいのです。
 5cmぐらいの大きさが跳ねています。
 これでは小畔3号は咥えることができません。
P8020045.jpg  やっと釣れました。
 綺麗ですね。
 バシャっと瀬頭で出ました。
 この後、数匹が釣れたので、今度はすぐ下でウェットの練習です。
 瀬から流れが緩むところを流します。
 流れの中心をゆったりと流し、引き続き流芯を外して反転流にゆっくり持ってきます。
 流芯から外れるときに当たりがほぼ毎回ありました。
 最初は毎回この大きさが掛ったのですが20を超えてから当たりだけで鈎掛かりがなくなってきました。
 型が小さくなって食いきらなかったようです。
 7時前に夕方の釣りを止めました。

 今朝は5時前に起きましたが、名栗に行こうという気になれず、久しぶりに棘橋上の調整池前に行ってみました。
P8030049.jpg ここは八幡橋と棘橋の間で棘橋よりになります。
 右岸からここに入ります。
 夏草が茂りアクセスが一寸難しくなります。
 今回は調整池前の水門から50mほど上流に獣道を作りました。
 此処で釣りたい方は獣道を利用してください。
 川に入って上がプールになっています。
 久しぶりでどのようになっているか不安でしたが春先とほとんど変わっておらず、浅いプールのままでした。
 魚影は濃いんですよ。
 嬉しいことに稚魚を沢山確認することができました。
P8030048.jpg 上流に向かってドライです。
 最初は昨夕使った小畔3号で攻めてみましたが、ライズはありますが反応してくれません。
 暫く頑張ったのですが、フライチェンジです。
 ブラウンハックルに変えました。
 これが今日の当たりフライトなりました。
 キャスト毎に反応します。
 綺麗なオスも釣れました。
P8030057.jpg ここの魚はスマートになっていました。
 いつの間にか産卵を済ませていたようです。
 プールには鯉と似鯉もいました。
 鯉はいつものパターンで底をあさっています。
 似鯉は今季初めてです。
 似鯉の数も減っておりどうなっているか気になっていたところです。 
 数年前までは鯉と同数とは言いませんがそれなりに沢山いました。
 しかし、年々減ってしまい今年はやっと確認できました。
 良かった。
 鯰もいましたよ。
 岸辺の葦際に居ました。
 気付かずに近寄ったら葦がガサガサ揺れて足もとからバチャバチャとデッカイのが泳いで行ったのでびっくりさせられました。
 推定60cm。
 十分にドライを堪能した後は、水門上の瀬から流れが集まり太くなるところでウェット。
 いい型のオスが釣れました。
 追い星がはっきり出、顔は黒く鮮やかな体色です。
 よく見ると、角度によって鰭、体色が変化します。
 夏を感じました。
 7時過ぎライズも止んで今朝の釣りを終了しました。

P8030056.jpg

posted by jetpapa at 14:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

烏川で故西山徹氏の幼馴染と釣り談義

 今週は月曜日から高知2泊、鹿児島2泊と一週間の出張でした。
 お約束通り火曜日の夕方釣りに行きましたよ。
 そして、もう一つの楽しみである御朱印もいただこうと今回は自転車を調達して出発しました。

P7290030.jpg ここは四国88か所霊場の28番目
大日寺山門です。
 宿から自転車で30分弱、釣れそうないい川はないかチェックをしながらたどり着きました。
 中腹にある山門までたどり着くのが大変でした。
 ここから150mと登り口にありましたが、飛んでもハップン。
 遠い道のりでした。
 残念ながら5時を過ぎており、御朱印はいただくことができませんでした。
 お参りをして暫し休憩。
 巡礼の若い方が二人お堂の前で涼んでいました。

P7290033.jpg 山を下って今度は釣りです。
 すぐ脇を烏川が流れています。
 途中で物部川からの用水が合流して水量が増します。
 魚の棲み分けが面白い。
 用水が合流する上流は流れも遅く葦も沢山茂っています。
 驚いたことに鯰がたくさん泳いでいます。
 バス、ウグイも確認できました。
 夕方から夜にかけて楽しそうです。
 この写真の直ぐ上流で用水が合流します。
 ここではオイカワが釣れました。
 ピンピン跳ねているので、こんな絵になってしまいました。
 オイカワにカワムツが主になります。

P7290035.jpg テンカラで遊んでいると声をかけられました。
 「何が釣れているんじゃ?珍しいな〜、ここで釣りをしているのは俺ぐらいで誰もやらせん。」から始まりましてテツ西山さんのお話となっていきました。
 最初は左のSOKさんに声をかけられ話を始めたら右のSMRさんが犬の散歩で合流し、話が盛り上がってしまいました。
 お二人ともテツさんと同級生で幼馴染どうし22年生まれだそうで、何でまた釣りの道に向かったかを教えてくださいました。
 此処に生まれたら物部川のアユそして上流でアマゴ釣り、海はすぐそこ、何でも釣れてしまいます。
 釣りキチが誕生しない訳がありません。
 最高のロケーションですね。
 そして烏川にはアユもいるとのこと。
 ええー?遡上するんですか?
 違うの、用水経由で物部川から落ちてくるんじゃと教えてくれました。
 残念ながら今年は渇水気味でアユはいないとのことでした。
 小畔川より幅も狭いのですが水量は豊かで、魚が沢山います。
 お話も尽きなかったのですが、SOKさんは農作業の途中で声を掛けてくれたので終わりとしました。
 SMRさんも猛犬の散歩に向かいました。
 写真左の緑色はSOKさんの韮畑。
 早速スプリンクラーで放水が始まりました。
 余談ですが、ここは香南市野市地区です。
 平成の大合併で野市町から香南市に変わってしまいました。
 私の地理のデータベースは小学校の時に完成していたので、平成の大合併で新しい市が沢山誕生した結果、町の名前と位置が判らなくなってしまいました。

 水曜日は鹿児島に移動、宿は霧島市です。
 此処も合併して名前が変わってしまいました。
 旧国分市に宿泊です。

P8010040.jpg ここには天降川が流れています。
 水曜日は夕方雷雨。
 木曜日もグロゴロ。
 金曜日、帰る前に日の出から行ってみました。
 ライズは全くありません。
 どんな魚がいるかもわかりません。
 この場所で夜が明けるのを(日の出は5時半でした)静かに待っているとピッチャンピッチャンとオイカワ、ウグイの5cmぐらいが何匹かライズです。
 いる。確信が持てました。
 ここではウェットで挑戦することを決めていました。
 ドロッパーはありません。
 シングルでのキャストです。
 理由は簡単、キャスト下手くそなので、すぐに絡まって釣りにならないと思ったからです。
 目の前で、ヒラを打ち出しました。
 30cmぐらいの大きさで、たぶんウグイだと思います。
 食いません。
 3回ほど当たりがあったのですが、残念ながら鈎掛りはなし、ボーズで終わってしまいました。

P8010042.jpg 釣りをしていた直ぐ横からカヌーが漕ぎ出していきました。
 ここの川も水量が豊かで瀬もあり渕もあり練習には最適のようです。
 今回もスニーカーでの釣りです。
 ここはコンクリートのスロープができておりカヌーも漕ぎ出すほど足場のいいところです。
 少し上流には流れに変化があり釣れそうな所はたくさんあります。
 足もとがしっかりしていればなー、と思いながら撤退しました。
 出張先の釣り場を今回は2か所開拓しました。
 次回リベンジ。
 おまけですが、川向うに見える大きな工場はSONYです。
 そして京セラがあります。
 ちなみに釣りをしていた場所は京セラホテルの目の前でした。

posted by jetpapa at 09:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。