2008年03月30日

きなせ亭 鯨とお酒を

P3300005.jpg 今夜の夕食はきなせ亭へ家族で行ってきました。
 いつも昼間しか行っていなかったので、今夜はお酒がと期待して行ってきました。
 当然運転は娘がお勤めです。
 まずはつけ出し。
 こごみと蕨の胡麻和えでしょうか。
 ベースには寄せ豆腐が下に引いてあります。
 こじゃれた器と、食感がなんとも言えません。
 これを肴に注文した料理を待ちます。
 至福の一時がが始まりました。

P3300006.jpg ミンク鯨です。
 クジラの味が強い感じです。
 久しぶりの刺身です。
 九州に住んでいた時はほぼ毎週食べていたのですが20年ぶりの食感です。
 少し油の味が舌に残ります。
 注文時に鯨の味が強いと説明を受けたとおりでした。
 慣れれば最高の味と思われます。
 ところで、刺身の下にある黒っぽい板は何か判ります?
 クジラの鬚です。
 今は手に入らなくなってしまいました。
 貴重品です。
 ガット、ゼンマイ、穂先。
 判りますか。
 テニスのラケットのガット、からくり仕掛けの動力源としてのゼンマイ、カワハギ用竿の穂先。
 クジラは残すところが無いほどすべてを使っていたのです。
P3300007.jpg ナガス鯨が次に出てきました。
 ミンク鯨と比べると確かに上品な味と匂いです。
 醤油に小ネギ生姜を混ぜて頂きますが今回は生姜をほとんど入れないで味を確認しました。
 肉の食感、風味がよく判りました。
 つまり、鯨の味が薄く匂いも油感も弱いということです。
 私はどちらも美味しく頂いてしまいました。
 絶品であります。
 奥と娘はやはりナガス鯨が合うとのことでした。

P3300008.jpg そして鯨の南蛮漬けです。
 たれに漬けた鯨です。
 この上に松の実、鷹の爪、小ネギが乗っています。
 これも美味しい。
 奥は一番おいしかったと言っていました。
 レバーの刺身のような食感でした。
 癖が無くて見た目と違いさっぱりしています。

P3300009.jpg 番外として蛤焼きを注文しました。
 この炎、心憎い演出です。
 食べる前に、ワーっとびっくりしてしまい鱒。
 当然、おいしかったですよ。
 絶妙の火加減で、ハマグリがやわらかく仕上がっています。
 ちょっと塩味が強かったのですが出汁に磯の香りを感じました。
 そして きなせ定食を頼みました。
 今回は画像がありませんがこれも大満足の逸品でした。
 まぐろカツにトマトのみじん切り和え、マグロ剝き身とタコ刺し、ひじき、ほたての味噌汁、香の物にご飯。
 美味しかった。
 そして、麒麟麦酒と麒麟山を冷で。
 お酒も美味しかったのですが料理を引き立ててくれました。
 家族3人満足して帰ってきました。

 酔っ払っていますので、今までブログには意見とかを書かなかったのですが、美味しいクジラを食べたらまた食べたくなったのでつまらん愚痴をちょこっと。
 子供のころは給食で竜田揚げが定番でした。
 昭和30年代の小学校の給食には必ずあったメニューだったと思います。
 硬くて靴の底と言ったイメージがあります。
 当然、鯨より肉を食べたかった思い出があります。
 その後、九州(北九州芦屋)に住んでいた時、酒の席に出た尾のみ、絶品でした。
 目から鱗、今までの鯨に対する認識が一変しました。
 牛刺しよりも美味しかったんですから。
 それから、食べるようになったんです。
 調査捕鯨ではなく正式な捕鯨が再開されることを切に望んでいます。
 クジラも増えてしまい、このままでは逆にイワシなどの大量に発生する回遊魚が少なくなってしまいます。
 中国、インドをはじめ人口が激増しています。
 牛、豚を飼育する資料が不足します。

 鯨もかわいいんですよね。
 沖縄では何度か鯨を見る機会がありました。
 しかし、牛もかわいいですよ。
 家内の実家では牛を飼っていたそうです。
 機械化される前の畑仕事等の力になっていたそうです。ある時道から下に牛車ごと落ちてしまった時は、申し訳なく思ったのか涙を流したそうです。
 牛豚は食べられるためにうまれてきた?
 カンガルーも間引きされるために生まれてきた?
 グリンピースの行動を支援、黙認している国の心のうちは?
 食糧戦略で、世界を支配したいのかしらん。
 美味しい鯨を腹いっぱい食べたい。
 勇魚という小説をC.W.ニコルさんが書いていますが日本の鯨捕りと欧米の油だけを捕り外は捨ててしまう漁法の違いと文化がよく判ります。
 乱獲ではなく調整捕鯨で十分にやっていける時期に来たと思っています。
 あとは、クジラはかわいいという感情論だけですね。(この裏には鯨でタンパク質が補給されることにより牛豚の依存度が下がり、不利益を受ける国の情報操作があるためか。)
 ちょっと深読みしすぎか?
 酔っ払って、美味しい鯨を食べたい親父のたわごとでした。


posted by jetpapa at 21:56| Comment(16) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の小畔川 春ですね

 3時過ぎから小畔散策と思い歩きだしたら雨がふってきました。
 6時頃から降り出すとのことでしたが早めの降り出しのようです。

P3300001.jpg 吉田公園の桜です。
 6分咲きと言ったところでしょうか。
 このぐらいが大好きな咲き具合です。
 少しつぼみが残っているぐらいがよろしい。
 明日からまるまる一週間の出張なので恐らく桜吹雪は拝めないと思います。
 早朝一番にピンクのじゅうたんを歩くのは早起きの特権、贅沢な楽しみです。
 今年は無理かも。

P3300003.jpg 土手のカラシ菜も満開です。
 これは背が高くなる種類です。
 この中に背が低くて太くて柔らかいのも隠れています。
 きれいですね。
 黄色の絨毯のようです。
 もう少し季節が過ぎると種ができます。
 この種を集めてすり潰すと和辛子となるそうです。
 未だ挑戦していないので今年は自家製カラシを作ってみようかな。

 一日自重していましたがやはり右手の肘が痛いので、今夜はお酒を飲んで寝なくてはならないようです。
 話は変わりますが、釣りの仕方を総括してみました。
 フライフィッシングを始めて管理釣り場の釣り方を具体的に理解できたのはkingfisherさんの「管理釣り場のフライフィッシング」の中にある釣りの仕方でした。
 その中にシンキング、イマージャー、ドライ、リーダー釣り等々の説明が具体的に記載されていました。
 今回、久しぶりに記事を読み返してみると核心をついており、頭がリフレッシュされました。
 肘痛の一原因となったシェイクもすでに書いてあったのです。
 出張中に再度今年の釣りはこれからどうするか考えてみたいと思います。
posted by jetpapa at 16:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

川越水上公園 100に届かず

 今日は久しぶりに水上公園に来ました。
 先週の情報で、波のプールではドライが楽しめるとのことで、今朝は7時に入場しました。
 朝から北風が吹いていました。
 何時もの#2ロッドでは風上にはキャストができません。
 北側から開始しました。
 BF#14で開始、食いません。
 ライズはたまに出ますが見切ってしまいます。
 3匹釣ったところで8時を過ぎました。
 ここを見切ってプールの周りを状況確認です。
 南側に魚が溜まっていました。
 北風が吹いて南の縁に沢山いました。
 先行者と私は、入れ食いになってしまいました。
 水深が30cm程度の所に集まっているので、サイトフィッシングとなりました。
 一日券で入場したので、9時前に中抜けです。
 京都市の職員は仕事中に何処かに遊びに行ってしまうそうですが、私は、冬タイヤから夏タイヤへの入れ替えと半年点検のためディーラーへ行ってきました。
 12時前に戻ってきました。
 駐車場に入りロッドを組み立てていると、すぐ前にnofishさんが車を止めて声をかけてくれました。
 この後一日ご一緒させていただきました。

P3290013.jpg 中抜けの後は多目的プール北側に入ることができました。
 ゲッチさんが釣っており、その隣に入れてもらいました。
 北風が強いのでキャストがへたくその私にはベストポイントです。
 nofishiさんと三人並んでの釣りとなりました。
 ここでは、時々ライズが見られました。
 即、ドライです。
 しかし、天気が良くて釣れません?
 食いませんでした。
 雲がかかるとぱくっと食ってくれます。

P3290012.jpg 魚は浮いていました。
 ほとんどが真中から上にいたようです。
 BFで食わないときはこれをゆっくり引っ張ります。
 まさにイマージャーとなりました。
 BFは止めると浮くのですがゆっくり引っ張ると上手い具合に水面下10cm程度のところを進みます。
 上層に居る魚は直ぐに食ってくれました。
 雲ったら完全BFドライ、日が照ったら少し引っ張っての釣りを5時まで続けました。
 また、右手が痛くなってしまいました。
 腱鞘炎が再発したようです。
 本日の釣果91匹。
 ゲッチさんは軽く100を超えていました。
 美樹プルーンさんは波のプールで頑張っていました。
posted by jetpapa at 19:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

今朝の小畔川 今日はよく見えます


P3260001.jpg 昨日と同じアングルで小畔川です。
 水量は少なめで、オイカワ、カワムツ等の雑魚は全く見ることができません。
 鯉が2匹悠々と泳いでいました。
 オイカワチャンが、戻ってきてくれるのは何時になることでしょう。
 いつも小学生の登校時に交通整理をしているおばさんが「小さいのは居ないね。」と声をかけてくれました。
 そうか、春休みで暇を持て余しているんだ。
 出勤時にいつも声をかけて下さいます。

P3260005.jpg 昼休みは、お気に入りの散歩コースを昨日に引き続き今日も歩いてしまいました。
 ポカポカで気持ちが良かった。
 海老取川沿いに多摩川へ。
 この鳥居は羽田の鳥居で空港拡張時にここへ移動しました。
 いわくつきの鳥居です。
 そして、多摩川沿いに釣り船の溜まりを歩いて右折、狭い路地を通って歩きます。

P3260009.jpg 穴守神社へ。
 ここで、いつも5円玉をお賽銭に家内安全と交通安全をお願いして天空橋から海老取川沿いに職場へ戻ります。
 これは狛犬ではなく、狛きつね?
 ここには狛犬はありません。
 代わりに狐が対で神社を守っています。
 なんてったって穴守稲荷神社ですから。
posted by jetpapa at 21:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

今朝の小畔川 濃霧


P3250001.jpg 今朝5時半の状況です。
 5時に外を見た時は小畔川の土手の中に霧が立ち込めている状態で、堤防の外にあふれ出てくるような状況ではありませんでした。
 それから30分こんなになってしまいました。
 昨日降った雨と東風で、湿度が高い状態の夜。
 夜半から空が晴れて、放射冷却で冷えたこと。
 5時過ぎからそよ風が吹いたこと。
 こんな条件が重なって鼻をつままれても判らないような濃霧が発生しました。

P3250002.jpg 6時58分霞が関発の新木場行きの乗ったところ霧の影響でだんだん遅れてきました。
 朝霞駅で停車、電車が進みません。
 今度は有楽町線で車両故障、ここで運転打ち切り。
 マジかよ。
 今日は川越市で始発を待たなくても座れたのについていないな。
 振り替え輸送で東上線で池袋へ向かったところ、隣の有楽町線が運転再開。
 ダブルパンチ。職場には1時間遅れで10時前にやっと到着でした。

P3250006.jpg 踏んだり蹴ったりの朝でしたが通勤経路上の吉田公園で桜が咲き出しました。
 小畔川沿いの桜は開花しだしました。
 御伊勢公園の桜が有名で、アクセスも良く沢山の人が訪れますが、他にも沢山良い所があります。
 この週末は花見でしょうね。
 
posted by jetpapa at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

お彼岸

 木曜日出発予定が仕事が長引き、金曜出発となりました。
 私の所と家内のお墓にお参りして、その後は庭木の剪定でした。

P3220010.jpg 梨を剪定してみました。
 ど素人が何の知識もなく見よう見まねでやってみました。
 それらしくなっていると思いません?
 この他に、梅6本、山椒、こぶし、柘植をとりあえず切り詰めてみました。
 その外に裏山から攻めてきた竹を無数に伐採してきました。
 必死にやって、時間を作ってしまいました。

P3220014.jpg 当然お約束の釣りです。
 体が、あちらこちら痛みましたが行かなくっちゃ、と根本養魚場に2時過ぎに向かいました。
 家から15分。
 いわき市小白井地区にありひと山超えたところです。
 池の周りは桜です。
 靖国神社で開花と聞きましたが、ここのつぼみはまだ固く1月季節が遅い状況です。
 自宅の梅もまだ咲かない状況です。

P3220015.jpg 3時前から釣り始め、ぽかぽかのいい天気です。
 イマージャーから始めましたが、全然反応無し、ウェイト入りのマラブーもだめ、ドライもだめ何をやってもだめ。
 しかし地元の方は、釣っていました。
 お持ち帰りの魚籠を見ると3,40匹入っていました。
 魚に遊ばれてしまいました。
 2時間やって、岩魚が1匹とニジマスが1匹の計2匹。
 やられました。
 ここ、根本養魚場は10年前からイトウの養殖を始め、この5年やっと採卵から稚魚を育成できるようになったそうです。
 養魚池では1メートルほどの顔が真っ赤っかになった採卵用のイトウが泳いでいます。
 それは凄いですよ。

P3230016.jpg ポカポカ陽気でしたが朝は冷え込んで、霜が降りていました。
 車の屋根には奇麗な模様ができていました。
 未だ、梅も咲いていません。
 疲れました。
 
 今回、嬉しかったこと。
 高速をスピードメーター110km、実測103km走行、一般道は制限速度プラス20kmまでの走行で、帰りの燃費が17.5kmでした。
 今までの最高燃費を記録しました。
 前車ワゴンRとほぼ同等でした。
 
 
posted by jetpapa at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

出発前の確認事項

 昨日雨をもたらした低気圧はゆっくりと東進しており雨も夜半には止んできました。
 今日一日ぐづついたお天気となりそうですが、もうまとまった雨は期待できそうもありません。
 小畔川の水位も下がってきました。
 106cmの観測でこのままではまた渇水状況に戻ってしまいます。 
 入間川も同様に水位が下がっています。
 雨雨触れ降れもっと降れ〜。
 期待虚しく。
 しかし、春の天気は「4日の晴れ無」と言うほどで、周期的に変化します。
 三寒四温とも言いますね。
 周期変化を繰り返し徐々に暖かくなってきます。
 また直ぐに降ることを期待しています。

 さて、今日も5時半には起きているのですが、未だ出発できる気配がありません。
 奥が起きてきません。
 福島への道は遠く、時間を作って根本養魚場へ行ってみる計画は時間が過ぎるに従って難しくなってきました。
 福島県の解禁は4月1日で渓流には立てないのです。
 まずい、また釣りのことを考えて妄想にはまってしまっている。
 今回の福島行きはお彼岸のお墓参りを主として、日頃ご無沙汰している皆さんにご挨拶をすることです。
 そして、家の管理。
 剪定、掃除、その他諸々。
 たまらん。
 それでは、出発前に忘れ物が無いか、もう一度荷物の確認をしておこうっと。
 
 
posted by jetpapa at 06:04| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

久しぶりのまとまった雨

 月曜日から関西方面に出張でした。
 本来なら昨日帰ってくるところでしたが、問題発生、先ほど4時過ぎに帰ってきました。
 今日は春分の日、明日は休暇を取っていたので、今朝3時過ぎには福島に出発しているところでした。
 残念、出先の仕事はほったらかしにできません。

 紀伊半島南岸に低気圧が居座っているため大阪では、昨日9時過ぎから降り始め12時過ぎに出発するまで降り続いていました。
 帰ってきたら東京も嵐、風がビュンビュウ吹いて横殴りの冷たい雨。
 昨日なら気持ち良く帰れたのにと思いながら戻ってきました。

P3200056.jpg 自宅に入って直ぐの小畔川の様子です。
 嬉しいことに水位が上昇しています。
 八幡橋観測所のデータでは、昨日の水位96cmから最高123cmまで上昇して午後5時現在117cmとなっています。
 近くの農業大学の観測値、降水量累積で30mmとなっています。
 今夜も降り続いてくれると良いんですが。
 できればさらに50cm水位が上がると石についた苔も洗われ河床も再生されます。
 入間川(名栗川)はもっと深刻な状況でしたが、今回の雨で一息ついた感じです。
 月曜日に出勤時、鉄橋から河床を覗くといつ瀬切れが発生してもおかしくない状況でした。
 まさに恵みの雨。
 −36cmから23cmまで水位が上昇しています。
 上流の名栗では、60mmの降水を観測しています。
 よかった。

posted by jetpapa at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

川越FF

 今朝は川越FFで3時間の釣りでした。
 昨日大量放流とのことで、このところ●ボ続きの癒しを兼ねて出撃でした。
 7時開園だった思い6時45分に現地着。
 アレレ?
 もう釣り始めています。
 混雑していました。

P3160004.jpg ゆるゆると水車横に入ってイマージャーを流すと直ぐにヒット。
 でも小さい。
 小型ばかりなので移動。
 どこにしようかなと、歩いていると見たことがある人が南東角に。
 しげさんでした。
 隣に入れていただき釣りながら釣り談義。
 楽しい時間を過ごさせていただきました。
 そして岩魚が釣れました。
 残念ながら9時に用事があるのでしげさん撤収。
 そうしたら、今度は美樹プルーンさんに声をかけられました。
 遠くからjetpapaらしいのが釣っているのが見えて確認しに来たとのこと。
 釣れない釣れないと言いながら結構なペースで釣れていました。
 今日はシンキングに徹しているとのことでした。
 何と、午後は水上公園にダブルヘッダーをするとのことです。
 あんたも獣編になってるぞーと、後ろから応援しておきました。
 さて、私、本日3時間券で頑張りました。
 イマージャーに始まり途中モール、ドライを経て最後はまたイマージャーで閉めました。
 ここの魚はなかなかしぶとい。
 味噌汁なので、魚がどこについているか水中は判りません。
 状況判断はイメージと遊泳層を探すことに尽きます。
 岸近くは、駆け上がりにかけて底中心のようでした。
 水車の流れが強い所では、中層から上に付いているようでした。
 流れが弱い所では中層から下が良かったように思います。
 ところどころで散発のライズが長い間隔で(ほとんどライズなし)。
 これはと思う所にドライを振り込んでみましたが全く反応して貰えない状況でした。
 東側の島へ北側から。
 ライズらしいのが見られたので、イマージャーをここにキャスト。
 沈むと同時にヒットパターンが終了間際に続きました。
 沖目は魚が浮いているようでした。
 プレッシャーが強く、上層の魚は岸から離れていたように思えました。
 #2ロッドぎりぎりのキャストでした。
posted by jetpapa at 20:20| Comment(9) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辛い辛い

 昨日は珍しく、早めに釣りから帰ってきました。
 ポカポカ陽気このまま何もしないのはもったいないので、小畔川沿いに散歩に出かけました。
 薄いシャツ一枚でも汗ばむほどの天気でした。

P3160006.jpg カラシ菜です。
 ざっと見て3種類のカラシ菜が小畔川の土手河川敷に自生しています。
 ヒョロヒョロと伸びていていち早く花が咲き出したものから、太くて少し成長は遅れ気味だがやわらかい物があります。
 ホントは、1種類かもしれませんが、見た目3者3様です。
 辛い順番は、右の葉っぱ太めのものから順に123です。
 旬ですから、美味しいですよ。
 鼻にツーンときます。
 お茶のお供に、食事の香の物、酒のつまみとどんな食べ方をしても美味しいですよ。
 jetpapa的カラシ菜の塩もみレシピ
1.カラシ菜を摘んでくる。
  新芽のやわらかいところ。
  手で軽く折りとれるぐらいが美味しい。
2.水洗いの後、湯通し。
  ざるにカラシ菜を置いて上から熱湯をかける。
  直ぐに冷水で冷やす。
3.まな板の上でゴリゴリと両手で揉む。
  これが大事です。
  十分に揉んでやることにより辛味が出ます。
4.終了したら適量の塩を振って更に全体に馴染むよ  う揉む。
5.ジップロックに入れて冷蔵庫で一晩寝かす。
  直ぐに食べても美味しいのですが、一晩寝かすこ  とにより塩が馴染んでくる。

  はい、出来上がりとっても簡単。
  すぐそこにある春の食材です。
  袋から出して時間が経つと辛味が抜けてきます。
  食べる時はすぐに食べること。

 春を味わってください。
 栽培種と違い、辛さの度合いが株によって違うところが野生種の特徴です。

posted by jetpapa at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

上名栗

 今朝は近くのプラントFさんと上名栗に遠征しました。
 6時出発途中C&R areaをチェックして上名栗に到着したのは7時でした。
 天気予報では金曜日の夕方から土曜日未明にかけて雨が降ることになっていたので、今日は釣れるぞと期待していましたが。
 雨はカラ振り、相変わらず渇水、魚が動きません。

P3150002.jpg ポイントに振り込むプラントFさんです。
 良い所を流していますが反応がありません。
 魚も走りません。
 今日の気温は20度まで上がって4月下旬の気候でしたが、ついにライズを発見することもできずに終了しました。
 放流しているんですがね。
 途中で会った餌釣りの方も釣れないとぼやいていました。
 修行が足りないとつくづく感じさせられました。
 本日も○ボ。。。。。。。。。。。。
posted by jetpapa at 23:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

放流

 今朝は7時自宅発、名栗に向かいました。
 10時ヤマメ放流のお手伝いです。
 今日は、10時まで、川を歩いて先月放流したヤマメを何匹確認できるかという目的がもう一つありました。

P3090014.jpg 養殖池に漁協の役員が集まって稚魚を見ています。
 30cm程度に育ったヤマメを全部とった後に池を清掃して稚魚を5000匹再度入れたところです。
 実は、10時に到着したら既に放流は終了していました。
 先月の残りヤマメを放流しました。
 ほとんどがC&R区間に放流されました。
 残りが本流です。
 私は、ちょっと違うんじゃないのと疑問を持ってしまいました。
 同じ入漁料を払って餌釣りはほとんど釣れていません。
 同じ割合で放して欲しいと思ってしまいました。
 午後2時過ぎに作業終了。
 3時過ぎからC&R区間に初めて入ってみました。
 放すだけでなくたまには釣ってみたいですからね。

P3090015.jpg 湯の田に駐車して川に入ってみました。
 何人か先行者がいたので、邪魔をしないように開いているところをポツポツと釣り上がってみました。
 最初の橋の下のプールには沢山魚が入っていましたが、上流では確認できません。
 どうして?
 10時から放流した後なのにどこに行ってしまったんでしょうか?
 ライズもありません。
 途中ルアーマン、フライマンと情報交換をしましたが、釣れないとのこと。
 放流したんですがね。
 来週から土日は朝1時間または夕1時間皆勤するつもりです。(ウソ、安近短がモットーなのでちょっとキツイ)


P3090007.jpg ぶらぶらと10時まであちらこちらを見物です。
 この橋は、県の重要文化財です。
 名栗橋、コンクリート製のアーチ橋で貴重なものとのこと。
 大松閣入口の前にかかっています。
 この他に沈下橋を3か所歩いてみました。
 (残念ながらこのブログの容量がほぼ満タンになってしまい写真を載せることができません。古い記事を削除する必要があるそうです。)
 川の中を3km程歩いてみましたが、魚が走りません。
 本流の魚は何処に行ってしまったのでしょう。
 魚密度からすれば、C&Rareaとは比較にならない程薄いのですが、それにしてもおかしい。
 この区間で全く見ることができません。
 午前中、魚を確認できずがっかりしていました。
 帰りにC&R Areaでボーズまたガッカリ。

posted by jetpapa at 21:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

今朝の小畔川 春がそこまで

 今朝小畔川河畔を久しぶりに散歩しました。
 長い冬も終わりそろそろ春の気配が感じられました。

P3080003.jpg お気に入りの木ですがまだまだ芽が出る気配はありません。
 ここのところ雨が降っていないので水量も少なく生き物の気配はありません。
 しかし、春はすぐそこまでやってきているようです。


P3080001.jpg カラシ菜です。
 もう食べられます。
 花芽も付けています。
 早速、新芽を摘んで帰りました。
 夕飯にはカラシ菜のお浸しが一品追加です。
 湯通ししてジップパックに仕込みました。
 塩もみをした時点でツーんと鼻にくるほど辛い。
 夕飯が楽しみです。

P3080004.jpg まだありました。
 ノビルだと思います。
 固まって生えています。
 スコップで塊毎掘り起こして土をふるい、球根を取ります。
 茎を少し残してさっと湯通し、甘い味噌で食べるとおいしい。
 そのまま、鰹節をまぶして醤油をかけても辛くて美味しいですね。
 酒の肴に最高です。
 土手にはアブラナも花が咲く寸前です。
 早くオイカワさん俎上してください。
 待ってます。
 
posted by jetpapa at 16:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生キャラメル

 噂の生キャラメルを探してみました。
 田中義武さんのキャラメルは売り切れで、入荷待ちと看板が出ていました。
 このキャラメルの説明は先にまるひろデパートの北海道物産展でgetしたことを記事(昨年11月6日のうまいものにあります)にしました。
 今回は、北海道村というところで作っている生キャラメルを買ってきました。

P3070060.jpg 株式会社北海道村 小樽市銭函というところで製造販売しているようで、千歳空港のターミナルにありました。
 この生キャラメルは何ヵ所かの売店で販売していたので、どんなものかと買ってみました。
 早速家族で食べてみましたが、花畑牧場の生キャラメルと味はそんなに変わらないんじゃないかという結論でした。
 やはり、有名人の牧場で作っているのと後発メーカーの差でしょうか。知名度が全くないのでこちらは在庫が沢山ありました。
 美味しいんですがね。
 ただし、630円です。マジ?




posted by jetpapa at 07:18| Comment(0) | TrackBack(1) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

川越水上公園 昼はポッカポカ

 今朝は10時から出撃でした。
 多目的プール北側中央が上手いこと開いていたのでここに入れてもらいました。
 ライズが散発的に発生していました。
 ラッキー。
 ドライでGO。
 BFと小畔で十分に遊ばせてもらいました。
 久しぶりのドライで、しかも朝からできて満足でした。
 昼前にkingfisherさんが出撃してきました。
 波のプールではyuujiさんとチャッキーさんがダブルハンドの練習をしていました。
 昼前には風も止み、ポカポカです。
 上着を1枚2枚と脱いで快適です。
 久しぶりにyuujiさんのシェイクも見せてもらいました。
 ランチは暖かかったので、プール横でいただきました。

P3020007.jpg 今日は釣り人が沢山です。
 昼からは南風が強くなり場所移動です。
 反対側に移動して、イマージングの釣りです。
 キャストがへたくそで、向かい風になるとお手上げです。
 こんな時はサッサと風上にという訳でここに来ました。
 その後、波のプール、流れるプール、半円プールと水上公園のプール全制覇です。
 最後に、多目的プール南側水車前で釣っていると、プラントFさんに声をかけられました。
 ホント、久しぶりでした。
 美味しい物の情報交換(釣りの話は?)をして、一緒に帰りました。
 今日は結局、kingさんと一日ご一緒に釣りをさせていただきました。
 昨日より釣れて満足の二人でした。
 本日、51匹。


P3020001.jpg 蘭の花が咲きました。
 2年前にいただいたものですが、気がついたら咲いていました。
 最初の花はたくさん咲いていましたが、2年目は、ひっそりと控えめに咲きました。
posted by jetpapa at 20:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

二週間振りの釣り

 今日は埼玉県の渓流解禁日です。
 6時半、外は快晴無風、穏やかで絶好の日和です。
 低気圧が南岸を何度か通過していますが県内ではほとんど降水が無かったため、各河川の水量は少なくなっています。
 解禁の状況は如何だったでしょうか?

 風邪がやっと治ってきたところで渓流どころではありません。
 そんな訳で、水上公園に行ってしまいました。
 気合いを入れて7時半から開始しました。
 無風快晴、気温は低くても日差しが暖かく気持ちの良い日和です。
 しかし、釣れません。
 イマージャーで開始しましたが全くあたりが無く、最初の一匹は8時15分でした。

P3010008.jpg 厳しい一日でした。
 最初は多目的プール水車前の流れがあるところに入りました。
 今日は、何処でもやり放題、空いていました。
 この時間で15人程度の入場のようです。
 解禁で皆さん待ちに待った渓流に行ったようです。
 この後も続きません。
 散発でポチポチ釣れる程度です。
 11時過ぎから北風が吹いてきました。
 真正面からの風で、もう釣りになりません。
 なんせ#2ロッドですから。
 早々に流れるプールに移動。
 2週間ご無沙汰していたら、きれいな水になっていました。
 渓流気分でウェットの釣り。
 ラインで当たりが取れるので食いついた瞬間が良くわかりました。
 しかし、ここも渋い。
 午前の釣りは18匹でした。
 昼食を摂りに休憩所に行く途中、ゲッチさんを見かけました。
 昼食後、多目的プール北側で並んで最後まで釣りました。
 
P3010011.jpg 北風が強くここから動けません。
 キャストがまともにできません。
 ロールキャストで十分です。
 南側には誰も居なくなってしまいました。
 1時過ぎkingfisherさんもやってきました。
 強風が吹き荒れる中、並んで釣り続けました。
 5時、風に負けないように立ち続けていたら膝ががくがくでした。
 親父3人それぞれに納得して終了。
 本日44匹。

 

 
posted by jetpapa at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。