2007年12月30日

今年一年お世話になりました。

 10月末にカウンターを設置して6000アクセスを超えました。
 今年一年、いろいろな方がこのブログを訪問して下さりありがとうございました。
 また、それがきっかけとなりご一緒に釣りをする仲間も増えました。

 jetpapaは嵐が来たり晴れたり曇ったりの変化の激しい一年でした。

 ちゃっきーさん、TSZKさん、おちゃさん、
 slow fisherさん、クラさん、leopardさん、
 しげさん、
 老眼親父さん、tobitaniさん、京極堂さん、
 type r tataさん、ゲッチさん、nofishさん、
 PADDYさん、Maniaqe@Anglerさん、
 TAROTAKOさん、にんにんさん、眠人さん、
 プラントFさん、美樹プルーンさん、野島さん、
 たにしさん、山ちゃんさん、hontakaさん、
 ヒデッキーさん、kingfisherさん、NZEさん、
 MCDさんそしてブログを訪問、回覧して下さった 皆様、今年一年お世話になりました。
 来年もよろしくお願いします。

 
 年末年始のご挨拶はここまで。

 今年の釣りの目標であった「百日釣行」を11月4日、川越水上公園で達成しました。
 本日、川越フィッシングフィールドで釣り納めをしたところ、117日の釣行となりました。

PC300042.jpg
 50年余の人生でこんなに釣りをしたのは初めてでした。
 2年前から「百日釣行」に挑戦していましたが、例年体調を崩して入院し、90日台で終わっていました。
 今年も10月に虚血性大腸炎で入院し目標達成は無理かと諦めかけていましたが、思いのほか回復が早くまた足腰のリハビリの成果か、その後体調もよく順調に釣りを続けることができました。
 どこに行くにもとりあえず、釣り竿を持って行きました。
 暇を作っては釣りをしました。
 雑魚相手がほとんどでしたが、その土地その土地の釣り人と話をする機会があり、有意義でした。
 また、土日には努めて小畔川でオイカワと遊びました。
 管理釣り場にも行きました。
 オフ会も始めて経験しました。
 新しい仲間ができたのが一番うれしかった一年でした。
 釣り納めも、しげさん、リョウシさんとご一緒しました。

 来年も釣りまくるぞ!!!!


posted by jetpapa at 18:33| Comment(19) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さざ浪

 毛呂山町にある麻原酒造の昔ラベルのさざ浪です。
 手詰め中取り 無濾過純米生。
 埼玉県内の酒造会社で、麻原酒造はお気に入りです。

PC300049.jpg 琵琶のさざなみは前から気に入っていました。
 冷やして飲むとおいしいです。
 
 今回の昔ラベルはデザインがいいですね。
 昔のセンス、捨てたもんじゃありません。

 右のお酒は、先ほど釣りの帰りに買ってきた大吟醸です。
 滋賀県喜多酒造の純米大吟醸 夢銀河です。
 限定酒アルコール分17度以上18度未満、今夜飲んでみましょう。
 この酒を買った理由は、3150円という値段に魅かれてしまいました。

 どちらのお酒も「ほりこし酒店」から買ってきました。
 以前から日本酒はこの店で買うことにしています。
 ご主人が美味しい地酒を全国から集めて販売しているからです。
 これが今日の酒で一番うまいと断定するので、ついつい買ってしまいます。
 
posted by jetpapa at 13:02| Comment(4) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

返り討ちにあう

 1時過ぎ、買い物から帰ってくるとkingfisherさんから連絡があり、直ぐ出撃しました。

PC290038.jpg 2時過ぎの水位は110cmまで下がっていましたが、濁っています。
 雨があがって9時間以上過ぎて、水位も平常時から10cm高いだけですがひどい濁りです。

 八幡橋下流でkingfisherさんが待っていました。
 いつものカーブでウェットです。
 なんか冴えません。
 反応無し。
 濁っているのが原因か魚がいないのか、音沙汰無だそうです。
 私は昨日、ぼうずをくらっているので、今日の日並を考えると爆釣予定で来きたんですよ。
 暫く見ていましたが、釣れる様子もありません。
 反応が無いのです。

 場所を下流に移動して、精進場橋の上下、一番のポイントを中心に流してみました。
 ここで釣れなければ、他では釣れないという小畔川では一番のポイントです。
 渋い当たりが何度かあり2匹釣れた?のですが、手元に来る前に外れてしまいました。
 釣ったうちには入りません。
 釣れてしまったのです。

 何箇所かポイントを変えてみましたが釣れない状況でした。
 ちなみにこの2匹が釣れた場所は、カワセミが2回ダイビングをした場所でした。
 今日もポイントを教えてくれました。


PC290041.jpg jetpapaは不器用なので、オイカワ用のBFフライをうまく作ることができません。
 kingfisherさんにお願いしたところこんな素晴らしいフライとフロート材をいただきました。
 引っ張ると細くなるそうです。
 目から鱗でした。
 前回の釣行で、ドライが快調でオイカワは躊躇することなくパクパク食いついてくれたのです。
 それがこのフライです。

 今日は雨上がりで無風暖かくオイカワ釣りには最高の条件でしたが、濁りがきつく返り討ちにあってしまいぼうず。
 釣れなかったけれど、ゆっくり釣りの話ができて満足の一日でした。
 
 
posted by jetpapa at 19:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の小畔川 もう少し降ってほしかった

 おはようございます。
 休暇に入ったというのに悲しい習性で5時半にパッチリ目が覚めてしまいます。
 年なのか、時間がもったいなくて起きるのか?
 
 今朝の水位は八幡橋観測所で6時現在135cmでした。
 昨日98cmから夜半、最高157cmまで上昇し、減水中です。
 降雨量は、鶴ヶ島農業大学で27mm、川越市で34mm、名栗で26mmを観測しています。
 今回は、期待していたのですが降り足りない。
 50mmを超え、水位が200cmを超えると底石が動き河床の掃除がされます。
 しかし、この雨でオイカワの活性が上がると思われます。
 寒気が入る前の今日は気温が上がるそうです。
 午後は、風が吹かなければ絶好のオイカワ日和となることでしょう。
 
 
posted by jetpapa at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

カワセミが教えてくれたのですが

 昨日は職場の打ち上げ会、飲みすぎました。
 そんな訳で、今日から年末年始の休暇が始まりました。
 1月6日まで10連休です。
 今週のお天気は、発達した低気圧が南岸を通過して行きます。
 今夜から雨が降り出し、明日の昼まで降り続く予報です。
 この低気圧が通過した後には強い寒気が入ってきます。
 チャンスは、午後一と思い小畔チェックに向かいました。

PC280019.jpgPC280020.jpg 今日は、上流を目指しました。金堀橋から左岸を上流に歩いて行きました。
 沢山鳥がいました。
 プール毎に鴨、鷺、そしてこの白い鳥が沢山入っています。
 カモメ?ウミネコ?海鳥のようですが名前は判りません。
 歩いて行くとバタバタと飛び立っていきます。
 全く釣りになりません。
 10m付近で飛び立ちます。
 歩く前々と、飛んでは着水するので、オイカワは驚いてどこかに行ってしまいました。
 釣れません。
 ライズも見れません。
 鴨さん、あっちに行って下さい。
 近寄らないで下さいと、お願いしながら(ほんとは石でも投げてやろかと思ってしまいました)上流を目指しました。
PC280026.jpgPC280027.jpg 東上線鉄橋、吉田橋、高橋、御伊勢橋、関越道を超えて芳地戸橋まで来ました。
 欄干には「ほうぢどはし」と書いてありました。
 この橋を境に上流は川面へのアクセスが悪くなります。
 水面まで3m程度の石垣で降りるのが大変です。
 ここから転げ落ちたら大けがをしてしまいます。

 魚が見えません、やっと魚が見えたのは関越道下でした。
 稚魚が群れているのが確認できました。
 ここまで、何箇所でキャストしても反応が全くなし。
 魚は下ってしまったようです。
 帰りは右岸を中心に下ってきました。

PC280022.jpgPC280032.jpg カワセミです。
 御伊勢橋を下って飛び石の堰付近から一緒に川を下ってきました。
 jetpapaは釣れないので、ポイントを教えてくれました。
 ポイント毎に留って水中へジャンプです。
 ここで釣ってみろとでもいうように、ポイント毎に留ります。
 逃避距離は5m程度です。
 金堀橋を越えて八幡橋まで一緒に下ってきました。

 今期最悪の結果でした。
 ぼーず。うううううううう。

 カワセミに笑われてしまった一日でした。
 それにしてもよく逃げないで一緒に付き合ってくれたものです。
 こんな経験、初めてでした。
 

 
posted by jetpapa at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

今朝の小畔川

 今朝は日の出を拝むことができました。
 土曜日は冬至でしたが朝は雲に覆われて朝日を見ることができませんでした。 
 それで、今朝の日の出です。
PC240005.jpg 6時47分朝日が昇ってきました。
 雲が光り空が赤く染まって来ます。
 風もなく今日はオイカワと遊んでこようと思いました。
 ところが、9時を過ぎると北風がビュンビュウ吹いてきました。

 
PC240007.jpg  どうしようかと思い悩んで午後1時過ぎ、やっぱり小畔川チェックに来てしまいました。
 3時まで2時間弱の川遊びでしたが、釣れたのはこれ1匹だけでした。
 強風でライズが無かったのも原因でしたが、魚が少なくなっています。
 活性も低くなっています。


PC240008.jpg 寒々とした風景です。
 しかし、この時期がある意味で釣りを楽しめます。
 このとおり、どこからでも川にアクセスできます。
 オイカワはいなくなっていますが、鯉は沢山います。
 鳥もいろいろな種類が飛んでいます。



PC240009.jpg この木もお気に入りです。
 
posted by jetpapa at 20:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

軽井沢モール

 連休中日の今日は、軽井沢行きを前から決めていました。
 先週から天気予報を確認して、連休中の悪天は今日だけなので、モールチェックを予定していました。
 10時前に自宅出発、鶴ヶ島インターから関越、長野自動車道経由で軽井沢インター、目的地には制限速度で走行しても11時過ぎに到着してしまいました。
 1時間15分でした。
 近くなったものです。
 出発時は小雨模様でしたが、寄居を過ぎるころから晴れてきました。
 軽井沢インターを降りると雪景色です。
 川越では雨でしたが、ここは雪が降っていたようです。
 15cm程度積もっていました。
 駅前の通りは雪でズルズルです。

 大失敗がありました。
 カメラを忘れてしまいました。
 途中の雪景色を記録したかったのですがパーです。

PC230064.jpg 帰ってからの撮影です。
 今回は奥のポンチョを見に行ったのですが、気に入ったものは無く、食材をゲットしてしまいました。
 夫婦二人美味いものがあると直ぐに買ってしまいます。
 洋風漬物が2種(セロリとニンニク)と長いもわさび漬け。
 瓶もの、蜂蜜バター、マッシュポテトツナサラダ、クリームチーズスプレッド、あんずジャム、野沢菜昆布わさび漬け。
 
 全部モールで味見してきました。
 
posted by jetpapa at 17:55| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

UNDER GROUND

 今日のお昼は奥の希望で久しぶりにアンダーグランドに行ってきました。

PC220061.jpg 奥の注文は辛みそラーメンです。
 野菜大盛りニンニク増量を注文していました。
 今日はちょっとしたハプニングがありました。
 前のお客さんはチャーシュウ頑者ラーメンを頼んでいたせいか、チャーシューが辛みそラーメンに乗っていません。
 ご主人、すみっませんと一言別皿にチャーシューを載せて出してくれました。
 今日は味がチョコット濃すぎかな。
 美味しいんですがショッパイ。

PC220060.jpg jetpapaはラーメンです。
 いりこ出汁のラーメンでさっぱりしています。
 美味しく頂きました。
 メンマ、タマゴ、ホウレンソウ、ネギがトッピングされています。
 メンマが特に良い味でした。

 夕方から雨が降り出しました。 
 水位は低下、河床は汚れています。
 川が再生するようこのまま、しっかりと降ってほしいものです。
posted by jetpapa at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の小畔川 ライズを探して

 今日は、朝からどんよりとした曇り空です。
 東シナ海に発生した低気圧が夜半に大島南岸を通過する予報です。
 寒気が入っており気温が5度以下3度を下回ると雨が雪に変わります。
 関東で雪が降る典型的な気圧配置です。
今朝も5時過ぎには起きてしまいました。
 外は真っ暗、冷えていますが無風のようです。
 朝食を取り、「ちりとてちん」を見てもまだ外は寒そうです。
 10時過ぎ、やっぱり行ってしまいました。

PC220056.jpg 今朝からどんよりとした空模様で気温は上がりませんが、無風です。
 川沿いにライズを探して下って行きました。
 八幡橋上の水位観測所付近でライズを発見し、キャストするも反応がほとんどありません。
 左上にライズリングが見えていますが、ヒットにはいたりません。

PC220058.jpg さらに下って行きました。l
 遠くに見える青い水門はゴミ焼却場建設予定地前の水門です。
 ここでまたライズを見つけました。
 散発でしたが、小畔3号を打ち込んでいるとだんだん活発になってきました。
 先週と比べてさらに大型のオイカワが少なくなったような気がします。

PC220057.jpg やっと釣れました。
 ここには大型が集まっていたようです。
 上流からドライで狙ってみました。
 バシャ、ピュで掛かります。
 ここまで釣れなかったストレス発散調子が出てきました。
 ワンキャストワンフィッシュです。
 小さい魚は残っていますが、この一週間で大きいのは大分落ちていったようです。

PC220059.jpg 土手の下を歩いていると川辺には何本も木が茂っています。
 ほとんどは胡桃の木ですが、こんな木も生えています。
 名前は判らないのですが、お気に入りの一本です。
 対岸の下流にはねむの木も一本生えています。

PC220055.jpg この草困ります。
 種がズボンにペタペタと沢山くっつきます。
 正式な名前は判りませんが、子供の頃福島では「ばか」と言っていました。
 始末におえません。
 毛糸なんかにひっついたら、どうしようもありません。

posted by jetpapa at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

お土産

 今週のお土産です。

PC210052.jpg 宮古空港の売店で買ってきました。
 おばーのらっきょう 島ラッキョウのフライドポテトみたいなものです。
 これが酒のつまみに合います。
 いつもは、生を買ってきて塩もみにして食べるのですが、奥は大喜びでした。
 ゴウヤかりんとうとピーナッツ黒糖です。
 ゴーヤのかりんとうは苦みなし、ゴーヤじゃないので、評価は普通のかりんとう。
 ピーナッツ黒糖は美味いですよ。
 現地で一袋食べてから、もう一袋買ってしまいました。
 今回のあたりはらっきょでした。

posted by jetpapa at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

下地島

 今週は月曜日から3泊4日で遠く先島諸島の下地島へ出張でした。
 ホント、疲れました。
 川越を出発する時の気温はマイナス2度でした。
 下地島は24度ギャップがありすぎ。先週は函館で、マイナス5度、体が壊れそうです。

PC180035.jpg 宿の受け付けは、お決まりのシーサーでお迎えです。
 昨日までは、雨雨です。
 前線ができては消え、消えては現れてぐずついた?
強烈な雨が降りました。







PC180038.jpg こんな時のお楽しみはこれしかありません。
 下地島の隣、伊良部島の泡盛です。
 隣の島といっても何箇所も橋で繋がっています。
 島の間は、水道というのか狭い水路で隔たっているだけです。
 宮の華酒造謹製の泡盛2種です。
 おじさん4人でおいしく頂きました。 
 自宅にも泡盛の5升瓶を2つ置いて時々楽しんでいるのですが、美味しくないのです。
 でも、島で飲むと美味いんですよ。
 最近やっと理由が判りました。
 水です。
 サンゴ礁が隆起した島の水は硬水です。
 泡盛はこの水で飲むから美味いんです。

PC190039.jpg 出張バッグを部屋で開けたら、こんな物が入っていました。
 外は豪雨、どうしたらいいんでしょう。
 二日間行くべきか?泡盛でハッピーになるか?どちらを取るか悩んでいましたが、安、近、短です。
 泡盛で二日間ハッピーになってしまいました。
 しかし、水曜日の夕方と今朝は一大決心、お約束の釣りに出かけました。

PC190047.jpg こんなところです。
 釣れそうですよね。
 でも、今回はスカでした。
 スカとは「はづれ」のことです。
 一番のポイントでしたが、2時間概ね240キャスト反応が全くなかった。
 ここを見限って場所移動、地元の釣り人発見、情報収集です。
 水道をまたぐ橋の上に移動です。

PC190050.jpg こんなに釣れました。
 ハイ、地元の釣り師が釣りました。
 南洋黒鯛です。
 本土のチヌと似ていますが色が銀色っぽい感じです。
 しかし、ルアーに2度反応がありました。
 残念ながらフッキングはなかったが満足でした。
 今朝、再度同じ場所で出勤前にキャスト、真っ暗で何が何だかわかりませんでした。
 6時からやったんですが、日の出は7時17分  30分で止めました。
 強風でルアーがどこに飛ぶか分からなかったのです。
 今回も釣果無。

PC190049.jpg 島ではサトウキビの収穫がたけなわでした。
 製糖工場はフル稼働、煙突から甘い香りの煙が絶えることなく吹き出ていました。

 これから撤収という段階になって晴れてきました。
 くっそー。 


posted by jetpapa at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

伊勢海老

 沖縄の友人から先ほど伊勢海老が届きました。
 十数年来のお付き合いです。
 毎年送ってくださいます。
 刺身が最高に美味い。
 しかし、覚悟が要ります。
 素人料理でさばくので、指が傷だらけになってしまいます。

PC160030.jpg
 奥は、右手に箸を持って左手には醤油を握って待っています。
 この海老は刺身で食べ終わった後に、味噌汁仕立てにします。
 にらと一緒に頭、殻、足を入れて煮るとすごい出汁が出ます。
 この味噌汁は、刺身より美味しいくらいです。

 食べるのがもったいないくらいにきれいです。
 まだ、生きていますよ。
posted by jetpapa at 21:14| Comment(5) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の小畔川 BFの威力

 今朝は、10時前から昨日の場所へ。
 kingfisherさんが#2を早速購入し、練習しているとのことで同じLimestone#3を担いで行きました。
 昨日と違い、今日は冬型が強まり強風が吹き荒れています。
 小畔川の水面もさざ波が立っています。
 しかし、こんな条件でもライズがあるんです。
 オイカワは、静かにじっとしていると水面を流れる餌に反応しています。

PC160021.jpg 昨日の場所です。
 ここの溜りには大型のオイカワがいました。
 早速、ダウンクロスで実釣開始です。
 反応がすごいですよ。
 フライが反転する直後からチェイスが始まり追いかけています。
 パシャパシャ、反応していますがなかなかフックオンしません。
 今年孵化した小型が追いかけているようでした。
PC160023.jpg そんな中でついに食いつくました。
 limestone#2に魂が入りました。
 記念すべき一匹目です。
 小さいね。でも、健気に小畔3号を咥えてくれました。
 後ろで見ていましたが、これで一安心です。
 この後はダウンクロスで大型が釣れてきました。

PC160024.jpg いい型でしょう。
 ドライでもウェットでも食いつきます。
 何匹か釣るとスレるので、1.2m移動するとまた釣れ出します。
 この繰り返しで、ちょっとづづ移動しながらの釣りでした。

PC160028.jpg これはBFフライで釣れました。
 TMC#20 900BLでBFです。
 kingfisherさんが巻いてきました。
 黄色のフロートとオーストリッチです。
 いやー びっくりしました。
 ホントの入れ食いです。
 着水と同時にバシャっと出ます。
 BF恐るべしでした。

 北風ぴゅうぴゅう、12時前に体も冷えてきたので、解散しました。
 実は、Limestone#2最初の一匹はjetpapaが釣ってしまいました。問題あり。kingさんごめんなさい。
 


posted by jetpapa at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

久しぶりの小畔川

 10時過ぎから小畔川へ。
 今日は、暖かく風もなくポッカポカ最高の一日です。
 小畔川の土手を歩くと癒されます。
 子供連れで散歩をしているお母さん。
 少年野球チームでしょうか、土手を登り降り練習中です。

PC150014.jpg 監督が土手の上で子供たちをよく見ています。
 リレー形式のゲームのようです。
 楽しそうでした。
 和気あいあいながら、真剣に走っていました。
 

 




    この時期になるとオイカワは、群れになって流れのゆるい所にかたまっているようです。
 例年ですと下流に下っていく時期ですが、まだまだいました。
 水量が少なくなっていますが、水は澄んでいます。
 オイカワが群れているところを確認できます。
 
 昼近くなると水も温んできたのでしょうか、ライズが始まりました。
 あちらこちらで、活発に動き出しました。
 小型が主体ですが、中には大型もいますよ。


PC150017.jpg なかなか良いサイズが釣れました。
 この手、誰だか判りますか。
 kingfisherさんの手ですよ。
 土手の上から声をかけられました。
 
 水上公園へ出撃の途中、八幡橋から川を覗くと見えたそうです。
 すぐ近くにお住まいですが、こんな形でお会いするのは、初めてです。
 しばし釣り談義の後、「やってみます?」「ウン」
オイカワにはまってしまったようです。

 今日のシステムは、(jetpapaもちょこっとフライマンらしい言葉が使えるようになりました。昨年までは、仕掛けと言っていました。)#1ロッドに#2ライン、#6リーダー、ティペットは0,6号に0,3号を繋いでいます。
 ダウン気味にウェットとドライの併用で釣り始めました。
 こんな細かい仕掛けは初めてとのことで、最初は戸惑いながらのキャストが続きましたが、さすが管釣りの王者、暫くするとしっかり板についてポイントにキャストを始めました。
 バシャ、ブルルン、グイグイ。
 kingさん、このオイカワを釣りました。
 はい、立派なオイカワマンが誕生した瞬間です。

 今日はkingfisherさんに声をかけられましたが、珍しい動物とも出会いました。
 イタチでしょうか?
 土手の上から声をかけられる前に、すぐ目の前をすたこらサッサと歩いて行きました。
 jetpapaがオイカワを狙っているその前をです。
 最短距離は ほんの2.3mといったところです。
 土手を下りてきて水際を近寄ってきました。
 カメラを準備しているうちに、また土手を上り横を通ってガサガサと藪の中に消えて行きました。
 この様子をkingfisherさんは土手の上から一部始終見ていたそうです。
 後から考えてみると、完璧な木化け、石化けをしていたのかもしれないのでした。
 イタチにも気配を悟られなかった?それともjetpapaは人畜無害と見切られてしまったのか。
 後者であったら、俺は雄と見られなかったのか?
 
 ナマズも足もとに寄ってきました。
 いつもナマズは、パックンとかガッバとか音を立てています。
 前回は、オイカワが近くを通るとパックンと一口で飲みこんでいましたが、今日は上流へゆっくりと泳いで行きました。


PC150019.jpgPC150018.jpg
 

 小畔川も冬枯れです。
 この時期は、川へのアクセスが最高に便利になります。
 茂っていた植物が枯れて、簡単に水面に近寄ることができます。
 これで、水量が多ければ言うこと無しです。

 釣りを終わり右岸を家路に向かっていると、オイカワを狙っている方がいらっしゃいました。
 寄せ餌を使って、浮き釣りでした。
 風も無くぽかぽか、こんな日に一日浮きと睨めっこ。
 釣り人にとって、冬の日の最高の贅沢です。
posted by jetpapa at 12:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

花雪肌

 早速、お風呂で使ってみました。
 これはすごい。
 くるくる さすっていたら角質がボロボロとはがれてきました。

PC140012.jpg 週2〜3回のスペシャルケアと説明書にありましたが、そんなことをしたら顔が無くなってしまうのではと思う程ボロボロと古い皮がはがれてきます。
 奥は「そんなはずはない」「私のお顔はきれいよ」みたいな発言をしていましたが、ボロボロ皮がむけてくると唖然としていました。
 最後は、二人で大笑いでした。
 とにかく、すごい。

 
 話は変わりますが、このブログも1年半を過ぎました。
 つまらないことを書き綴って97MBまでになりました。
 容量が100MBに制限されているため、そろそろ満タンになりそうです。
 古い最初の記事から削除して容量を回復しないと更に書き綴ることはできないそうです。
 そろそろ削除を開始したいと考えています。

 ソフトがXPからVISTAに変わってからとても使いづらくなりました。
 たとえばこのブログをディスクにコピーしようと思ってもできません。
 私の知識不足が原因でしょうが、できないものはできないのです。
 ブログを管理する会社の技術と電話でやり取りしてもさっぱりです。
 XPの時はコピーで簡単だったんですが、せっかく書いた記事を消去してしまうのはもったいないです。
posted by jetpapa at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

温泉でつるつる

 今週は月曜から今日まで3泊4日で函館に出張でした。
 何回か函館に出張しており、当ブログでも函館釣りの巻きを掲載しています。
 今回は、12月ということで、最初から釣りはあきらめて温泉三昧を決めました。

PC120007.jpg 今回の宿泊は、湯の川温泉です。
 函館市街から空港方面に向かってすぐです。
 津軽海峡に面しており、四季を通じて風光明媚最高に立地です。
 つまり、釣りをする人にとっては最高の場所ということ。
 塩水の温泉です。
 古くからの温泉地で、老舗の旅館が沢山あります。
 料金はピンキリですが、jetpapaは年間100泊以上出張しているので、その土地土地の安くてコストパフォーマンスのいい宿を何件か抑えいています。
 ここ函館では、冬場になると冬季料金で格安のサービスが受けられます。
 仕事なので、ビジネスパックを利用することにしています。
 一泊二食で7500円、料理は美味いし温泉は気持ちいいし、体はポッカポカでツルツル。
 仕事に行ったのか湯治に行ったのか。
 
 今回のお土産は、奥に花雪肌を買ってきました。
 お顔の角質をポロポロと取ってしまう化粧品です。
 三日間、温泉に浸かって備え付けの化粧品をべたべた塗ってみました。
 その中で、同僚がこれはすごいぜ、と推薦したのがこれでした。
 私は、外が見える風呂が好きなのでこの化粧品が備え付けられている一階の風呂で体験することができませんでした。
 他の化粧品ではこんなにツルツルになるの、というくらいツルツルになったのですが、花雪肌を使った同僚(男ですよ)はすごいことになっていました。
 そんなわけで、買ってしまったのでした。

PC120008.jpg 
 温泉街の積雪は、ほとんどありません。
 今週は冬型も緩んで暖かい日が続いていました。
 とはいっても最低気温は、マイナス5度最高気温は4度でした。

 
PC130011.jpg 帰りに衝動買いをしてしまいました。
 有楽町のビックカメラでwiiをゲット。
 平衡感覚を鍛えて、体力をつけたいと思います。
posted by jetpapa at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

OFF会に参加させて頂きました

 本日は、しげさん幹事のオフ会に参加させていただきました。
 安金短のjetpapaにとって初めての経験です。
 こんな遠くまで朝早く起きて釣りに来るのは、一大決心です。
 昨夜はワクワクなかなか眠れませんでしたが、今朝は5時にパッチリ目が覚めてしまいました。
 
 5時45分自宅発。
 群馬県前橋市三夜沢町の清流の里へ向かいました。
 判り易く言えば、赤城山の中腹にある赤城山神社の下にあります。

PC090017.jpg



 自宅を出発して1時間半、7時過ぎに目的地に到着しました。
 高速道を降りて赤城山を登る途中の風景です。
 朝日の輝き神々しく見えました。
 昨夜来寒気が流れ込んでいるため、降雪があったのか山頂は白く輝いています。
 こんな景色大好きです。

PC090019.jpg 清流の里釣り堀です。
 駐車場からの風景です。
 水上公園ではそれなりに釣れていましたが、渋い。 なかなか釣れません。
 はじめてのフィールドは難しいですね。
 池の周りを何箇所か確認して、やっと釣れ始めました。
 最初は沈めて引っ張ってみましたが全く反応無し。 マーカーに換えて、カラーローテーション。
 むーん、パターンが読めません。
 蛍光緑、モスグリーン、ベージュと変えてみました。
 錘はピンクで変更なし。
 錘と針の感覚は10cmが一番食いが良かったようです。
 岸間際にゆっくりと沈めると岩魚が何匹か釣れました。
 マーカーを見ていると鱒のあたりは、直線的にシュシュっと動きますが、岩魚はゆっくりと沈んでいきます。
 今回の収穫は、管理釣り場の岩魚はゆっくり食ってくれるということがわかりました。
 渓流とちょっと違ったあたりのような気がしました。

PC090021.jpg 釣りが終わってお楽しみのバーべキューです。
 皆さん一生懸命です。
 塩ホルモン、食感味共にいいですね、癖になりそう。
 白菜と大根のお漬け物、ちょっと下の方が凍っておいしかった、絶妙の塩加減でした。
 シチュー、クリーミーでコクがありました。
 群馬のほうとう汁、初めて食べました、キノコ、白菜、ニンジンと合わせて乾麺のほうとうを入れて煮込みます。
 味噌味で、どろりとした汁に出来上がりました。
 藤岡のいろいろ混ざった唐辛子をかけて食べました。
 この汁には、この唐辛子が絶妙に会います。
 みんなで釣った鱒と岩魚の塩焼き。1時間以上かけてじっくりと焼き上げました。
 頭からしっぽまで残さず食べられました。
 大きな鱒は刺身になりました。
 絶妙の包丁さばきでおいしい刺身をごちそうになりました。


PC090026.jpg はぎのかりんとうです。
 今回初めて食べました。
 前橋市で造られているかりんとうです。
 ちょっとカレー風味が入っているようないないような不思議な味です。
 はまってしまいました。
 奥はこんな美味いカリントーはないと絶賛でした。
 予約販売になるほどの貴重品。
 クラさん ありがとうございます。
 一番先にチョイスの権利を得たので迷わずいただきました。

 今回、お話をさせていただき勉強になったこと目から鱗が落ちたこと。
 隣の話に聞き耳を立ててフムフムと妙に納得したこと。
 情報交換、フライ交換、釣行の約束。
 楽しい一日を過ごさせていただきました。
 ほんとうにありがとうございました。
posted by jetpapa at 17:58| Comment(11) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

今朝の小畔川 幻想的

 出勤時の小畔川です。

PC030004.jpg 6時40分日の出時刻に霧がかかっていました。
 自宅ベランダから見ると堤防の中だけに霧がかかっているのがわかります。
 近くで見るとすべてが霧に包まれて幻想的です。
 木々が霧に包まれ水面も隠れています。
 山上湖の朝とでもたとえられます。

 遠くまで出かけなくても川越市内でこんな景色が見られます。

 霧は、明け方直後に発生し、日の出と共に消散してしまいます。
 年に何度かは、東上線も徐行運転をするぐらい大規模に発生することもありますが、小畔川のわずかな水面に発生しているため、場所も限られてしまうようです。
 面白いことに、金堀橋を境に下流側に霧が発生することが多く、上流側にはありません。
 ベランダと金堀橋上の観測で、鉄橋から上流の状況は判らないので、東上線鉄橋から上流の霧発生状況がわかる方、是非レポートをお願いします。

 子供のころから、霧がかかると心が騒ぎます。
 江戸川乱歩、横溝正史のおどろおどろした小説で事件が発生するのも、霧の晩から明け方にかけてが多いようです。
 「鼻をつままれても判らないような濃い霧が立ち込めた晩にその事件は起きたのです」みたいな書きっぷりでしたね。

 朝起きて窓を開けると一面の霧で何も見えない状況、ドキドキします。
 雪がしんしんと降り積もり一面が銀世界となり、何もかも隠してしまった時も同じような気持ちになります。
 この冬はどんな冬になるか楽しみです。
 
posted by jetpapa at 20:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

燻製

 今年初の燻製作りです。
 昨日、水上公園で鱒を12匹確保しました。
 その場で腹を裂き、背腸を取って塩に漬けました。
 形がいい奴をそろえるのに40匹も釣ってしまいました。
 その中で12匹を選んで下ごしらえをしました。
 その後、ゆっくり遊びの釣りをしましたが、疲れてしまい3時にやめてしまいました。
 11時半から7時半まで8時間漬けておきました。
 以前はソミュール液を丁寧に作っていましたが、最近は手抜きです。
 塩を擦り込み更に塩を振って、ビニール袋に重ねて入れておきます。
 2時間、台所でトレーに並べて流水で塩抜きです。
 これも適当です。
 これくらいの時間でいつもやっているので味も落ち着いているようです。

PC020139.jpg 10時半から今朝7時まで8時間半外に干しておきました。
 今回は、風もなかったので少し干し足りなかったようです。
 真冬になると更に乾燥するようです。
 時間に余裕がある時は十分に表面が乾燥するまで風薫をします。

PC020153.jpg ここが薫煙場所です。
 奥にお願いして場所を拝借しています。
 我が家はオール電化の建物なので、調理は電磁調理器です。
 3口コンロ?ですが、一つはシーズヒーターになっています。
 これで、一斗缶を下からあぶって薫煙をしています。
 チップにこだわりはありません。
 今回はリンゴとナラが残っていたので、適当に使いました。
 2時過ぎまで60度を保ち、最後の30分を75度で仕上げました。
 7時半から開始したので、5時間半の薫煙でした。 1匹、味を確認したところグーでした。
 レンジ下に1匹残し、外はすべて沖縄の友人に先ほど発送してきました。
 お歳暮代りにちょうどいいですね。
 友人も燻製が大好きで、喜んでくれます。

 ところで、台所は昨年リフォームして電磁調理器となったのですが、その前は、コンロ3口共にシーズヒーターでした。
 これがよかったんです。
 温度管理が簡単です。
 メモリの位置をセットしておけば一斗缶の中は温度を一定に簡単に保持できます。

 燻製を作るとしっかり一日半拘束されるので、覚悟が要ります。
posted by jetpapa at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の小畔川 まだまだ釣れますよ

 八時過ぎから9時半まで今朝は遊んできました。
 まだまだ、オイカワが沢山泳いでいます。

PC020144.jpg 今朝一番小さいサイズです。
 #21のフライをよくくわえました。
 このぐらいのサイズから下が群れになって泳いでいます。
 場所によっては真っ黒になっています。
 鷺、カワセミが集まっているところがポイントのようです。

PC020141.jpg  今朝一番の大物です。
 鉄橋下でドライにバシャっと出ました。
 今朝は、あちらこちらでライズが確認されたのでドライ中心に遊んでみました。
 中には写真のような大物オイカワがまだいます。
 このサイズに遊んでもらえるとうれしいですね。

PC020145.jpg 吉田橋でオイカワ狙っている釣り人です。
 パン餌で釣っているがなかなかあたりがないとのことでした。
 うーん、ここは浅場だから夏のポイントです。
 そして、減水しているから餌釣りは厳しいです。
 ちょっとした深場で、寄せ餌を利かして数釣り、それとも歩いて拾い釣りがいいですよと、余計なおせっかいのアドバイスをしてしまいました。
 釣れていなかったものですから、ついつい、おしゃべりついでにおせっかいをしてしまいました。
posted by jetpapa at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。