2007年10月31日

今朝の小畔川 きれいな水です

PA310010.jpg 今朝は出勤前に小畔川へ。
 先日と同じ場所です。
 今朝は全く臭いません。
 きれいな水が流れています。
 眠人さん、しげさんのおっしゃったとおり、水量が安定して下水処理施設の能力が十分に発揮できていると思われます。
 川面に立つとすがすがしい気持ちになります。

PA310011.jpg 河床の石もピッカピカです。
 今朝は、ライズが全く無かったのですが、小畔3号に反応してくれました。
 今回の増水で、ここは、瀬に移る部分が大分浅くなってきました。
 反対に瀬下は、今までより広くなり釣り易くなっています。

PA310012.jpg 今朝最初に釣れたオイカワです。
 少し小さめでしたが、ドライに飛びついてきました。
 これが一番小さく徐々に型が良くなってきました。
 30分だけの釣りでしたが、川がきれいで大満足。
 至福の時間を持つことができました。



PA310013.jpg ちょっと横道にそれます。
 ここは通勤系路上の十字路です。 
 3年前から挨拶をするようになった知り合いです。
 小畔川で、鯉を釣っている時に顔見知りになりました。
 毎朝バリケンに餌をやっていました。 
 この方は、毎朝ここで子供たちを見守っています。
 登校時の事故が無いよう、何時も見守っています。
 ボランティアで続けています。
 頭が下がります。


 今月の釣行は8日でした。
 これで、98日になりました。
 100日釣行も見えてきました。
 


posted by jetpapa at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

川が再生されていました

 今日は、出先から直帰でした。
 昼過ぎに仕事が終わり、3時には自宅に帰りました。
 当然、小畔チェックです。
 昨日のコメントでプラントFさんに煽られていますからね。

PA290800.jpg 今回の増水で河床はこのとおり、綺麗になりました。
 石の裏には、ヒラタカゲロウが沢山いました。
 川の中を歩いてみると本当にきれいです。
 石についていた垢が全て流されて底石が輝いていました。
 しかし、気になることがありました。
 臭うのです。
 ドブ臭さがありました。
 上流の下水処理施設に不具合が発生している可能性があります。
 減水気味の時には多少臭うことがありますが、今回は、増水から減水期に入り、最も水質が良い時期です。
 上流の下水処理施設管理者でこのブログを見た方は、是非点検をお願いします。
 杞憂に終わればよいのですが、よろしくお願いします。
 
PA290700.jpgPA290009.jpg 入れ食いでした。
 小畔3号をドライで振り込むと、着水と同時にバシャッときます。
 今回のヒット率は、30%以下でした。
 食い気がありフライが着水するとほぼ同時に食いつきますが、ヒットできません。
 20%も切っていたかも。
 5の1から6の1 ? ウーンへたくそでした。
 退院してから初めてのオイカワだったから?
 魚は沢山居て食い気満々。
 腕が悪くて釣れません。

 ウェットは向こうあわせで、ほぼ100発100中釣れてしまいます。
 小畔3号をドライ、ウェットと使い分けてみました。
 どちらにも十分に反応してくれました。
 今日も満足。
 
posted by jetpapa at 19:43| Comment(4) | TrackBack(1) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

厄払い

 本日は、家族3人氷川神社で厄払いのお祓いを受けてきました。

PA280031.jpg 9時過ぎに神社に到着、氷川会館前の駐車場に止めようと思いましたが、いつもと様子が違います。
 この時間に駐車場が満杯でした。
 そう、七五三です。
 失念していました。
 お宮参りの家族でごったがえしていました。
 また、結婚式が行われ それはそれは晴れやかでした。
 ところで我が家は、ここのところ私の体調不良に始まり色々と良くないことが続いたので、厄払いをお願いに参りました。
 今日に限って場違いな感じがしました。
 しかし、しっかりと厄払いのお祓いをしていただきました。

PA280032.jpg その後、絵馬を奉納しました。
 ここは、絵馬をかける通路ですが、光が拡散して御光が射しているようでした。
 色々なことをお願いしている絵馬がかかっていました。
 この通路は不思議な空間で、光の射し具合で吸い込まれるような感じがしました。
 また、お祓いを受けているときに娘は涙と鼻水がどうっと出てきたそうです。
 きっと、体内の悪いものが出てきたんだろうと3人で妙に納得してしまいました。





PA280033.jpgPA280035.jpg 川越市美術館と博物館です。
 氷川神社でお祓いを受けた後、なかなか3人で食事をする機会が無いので、小川藤でうなぎを食べることにしました。
 お昼まで暫く時間があったので、ここに来ました。
 美術館、博物館共に館内は撮影禁止です。
 ゆっくりと絵画鑑賞、川越の歴史探索と有意義な時間を持つことができました。
 特に、博物館では学芸員の方が付きっ切りで説明してくださったので、街の造りの変遷がよく理解できました。
 川越市民なのに知らないことが沢山ありました。
 川越観光の際は是非ここを訪れてください。
 お勧めです。

PA280036.jpg 小川藤さんのうなぎです。
 小川藤(おがとう)と読むそうです。
 ウーン老舗なんでしょうね。
 おばあちゃん二人が接待をしていました。
 小股の切れ上がったばあちゃんがうなぎを持ってきてくれたら、粋だったんですがね。

posted by jetpapa at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風一過 地平線

 台風一過、日の出前です。
 大気中の塵は洗い落とされ、遠くまで良く見えます。
 清々しい朝です。
PA280019.jpgPA280017.jpg






PA280014.jpg


 



  地平線がよく判ると思います。
 日本で地平線を確認できるところは何箇所あるのでしょうか。
 ここ、関東平野は地平線を確認することが出来ます。
 左から塔の左横に筑波山が確認できます。
 中央は、新都心です。
 今、日が昇ろうとしており、輝き始めました。
 さらに右、ゴルフの打ちっぱなしの網の右は川越市街その間にかすかに東京タワーが見えます。
 更に右に田無タワーを確認できます。
 

PA280029.jpg 6時に朝日が昇ってきました。
 暫く空の色が変わっていくのを見ていました。
 毎回、同じ朝日はありません。
 同じようでもちょっとずつ違ってきます。
 今朝は、上空に全く雲が無い状態、SKCだったので地平線が光る時間が一瞬で、直ぐに日が昇ってきました。


 小畔川は、昨夜8時に最高水位221cmを八幡橋で観測しています。
 近くにある農業大学では、97mmの総雨量を観測しました。
 ちょうど良い降雨量だったと思います。
 河床も洗われて綺麗になっていることと思います。
 水位も126cmに下がってきました。
 今日は、釣れますよ。
 午後から川に行ってみようかと思っています。
 水路工事をしたところは大丈夫か気になります。

posted by jetpapa at 06:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

季節はずれの台風20号


 昼過ぎから台風の影響と思われる風雨が強くなってきました。
 千葉県では、強風波浪警報が発令されました。
 今回の台風の特徴は、驚異的な移動速度にあります。
 昨日、南大東島南方で発生した台風が、関東沖までやってきました。
 驚異的な速さです。
 時速100kmを越えています。
 こんな台風初めてです。

PA270013.jpgPA270014.jpg  金堀橋の上下流です。
 午後4時の状況です。
 ちょっと薄暗くなってきたので、シャッター速度が遅く手振れが入っています。
 悪しからず。
 水位は170cm、12時からの降雨量は48mmです。
 5時には190cmまで増水しています。
 昨日、水位が上がると良いなと思っていたとおりになりました。
 2,3日は釣りになりませんが、今回の増水で、河床も洗われ川も再生されます。
 魚の活性も上がります。
posted by jetpapa at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

台風20号

 もう直ぐ11月ですが、南大東島付近で台風20号が発生しました。
 本日は、朝から小雨が降り続いていますが、明日は台風の接近で大雨が降ると天気予報で伝えていました。
 小畔川の水位は100cmから106cmと久し振りに上昇してきました。
 今朝まで100cm渇水の状況でした。
 今回まとまった雨が欲しいところです。
 河床も汚れており、一度水に流したいところです。
 
posted by jetpapa at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さざえ堂 曹源寺

 今月7日には会津飯盛山でサザエ堂を見てきました。
 今回は、25日に群馬県太田市曹源寺のサザエ堂を参拝してきました。
 ここは、百観音が祭ってあり観音堂とも言われています。

PA250002.jpg 山門からの風景です。
 太田市の文化財となっています。
 山門には、仁王様が両側に立っています。
 お寺の雰囲気があまり無く、神社のように感じました。



PA250006.jpg 会津のサザエ堂と比べると全く感じが違います。
 会津のサザエ堂は塔屋となっており、内部を階段でメビウスの輪のように通り抜けるようになっていますが、ここの造りは各階を通路で仕切ってあり、建物を通路で通り抜ける様式です。
 独創性、希少性、芸術性を考えてみると会津のサザエ堂に軍配が上がります。

PA250003.jpg  建物は3階建てで、各階を階段で上り下りします。
 天井を塞いでいないため、造りが良く判ります。
 屋根の造りは、普通で会津サザエ堂と比較しても独創的なところはありません。




 
PA250004.jpg   更に各階を木造の手すりで仕切り、通路としています。
 イメージは、空港のカウンターのテープによる列の仕切りです。
 右手前に通路を仕切る手すりが写っています。
 この通路に沿って道内を歩いていくと同じところを通らずに出口に向かうという造りです。

 


 さらに、埼玉県児玉町にサザエ堂がもう1つあります。
 次回は、ここに行ってみたいと思います。
posted by jetpapa at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栗の樹 お昼のランチ

 また栗の樹に行ってきました。
 奥と昼の限定ランチを2種頂いてきました。

PA260012.jpg 蒸篭炊き込みご飯
 土瓶蒸し
 刺身こんにゃく
 柿の酢の物
 香の物
 あんこもち

PA260011.jpg  天ぷら 5種
 刺し身
 煮物
 焼き物、 酢の物、 香の物
 五穀ご飯
 味噌汁

 どちらのお膳も手が込んでおり美味しくいただきました。

 食事が終わって、ここのオーナーさんが声かけをしてくださいました。
 お茶の会が開かれており、抹茶とお菓子を御馳走になりました。
 細かな泡立ちで、クリーミーな味でした。
 久し振りに美味しいお茶をいただきました。
posted by jetpapa at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

今朝の小畔川 川面に霧が

 今朝、6時前の小畔川です。
 川面に一部霧がかかっていました。

PA220001.jpg
 昨夜は、風も弱く良く晴れていたので、気温が下がったようです。
 水温よりも気温が下がったので発生したようです。
 ほんの一部の霧でしたが、移流霧であり初夏に発生する東北沿岸及び北海道東岸の海霧と同じ原理です。
 朝晩は冷えますからね。
 
posted by jetpapa at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

パソコンが壊れてきました

 これで、4回目の故障です。
 FUJITSU FMV-BIBLO NB55R 昨年3月20日に買ったものです。
 同じ故障が連続して発生しています。
 画面を開けてS/Wを入れますが、接触不良で画面がチラチラそして最後には真っ暗になってしまいます。
 最後の故障は、本年6月でしたが、また同じ故障、それも保障期間が過ぎてから。
 故障をフリーダイヤルで伝えたところ有償修理なら直せるとのことでした。
 温厚なjetpapaもかなりムッときました。
 最初は「金を出したら修理してやる」という回答でした。
 初めての故障で、保障期間が過ぎている場合であれば当然受け入れるが、同じところの故障が続いているので、納得できない。フジツーの修理に関する技術レベルの問題か、製品の設計ミスか、部品の不具合と考えられるので、無償修理を主張してみました。
 回答は、明日権威ある方から、あるそうです。

 同じ故障が連続している場合の原因として

 使用者が不自然かつ想定外の使用をして一部部品にストレスが集中する。
 使用上の注意を守らなかった。

 設計不備
 部品の不適合(設計ミスに含む?)
 技術レベル
 不具合発生事例を検討し改良がなされない。

 ざっと考えても使用者、製造者に関する連続した故障発生の原因が考えられます。

 自動車メーカーであればリコールが発生しますよ。
 家電製品でも、ナショナルの暖房機で事故が発生して対応しています。
 パロマのガス器具でも対応しています。
 
 今回4回目で対応は、パロマ以下ですね。

 6月24日に3回目の故障について「その他」で書いています。
 全く同じ状況でした。

 仏の顔も3度まで。
 本来であれば、菓子折りと最新型の高性能機を持参し、代金返上のうえ製品の不備による迷惑について謝罪するのがスジではないのかな。

 朝からこんなことでは、つまらないですね。
 愚痴でごめんなさい。

 今、なんとか作動していますが次は保障されません。
 暫く御無沙汰することになるかもしれません。
 不安です。 
posted by jetpapa at 07:53| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

水路が出来ていました

 先週出勤時に金堀橋上流の水門から水路が出来ていることに気がついていましたが、やっと今朝、確認できました。

PA200002.jpg
 ユンボで掘って作ったのだと思います。
 大雨が降り、2,3回水位が200cmを越えるとこの水路も土砂が流されて無くなってしまうのでは?
 無駄な工事のような気がします。
 ここは、プールになっており溜まった水は、堤防の石垣沿いに流れていました。
 ここも埋め立ててしまったので、雑魚の増水時の避難場所が無くなってしまいました。
 ここには、クレソンとかも生えていたんですよ。

PA200006.jpg
 T字型にぶつかるようになっています。
 葦が生えるまで増水が無ければいいんですが、土盛りをしただけでは直ぐに流されるのではないかと思います。
 昨年8月27日の記事に、同じ場所の写真があります。
 参考にしてください。
 どうせやるなら、この場所の土砂を全て取ってしまい深くてでかいプールを作って欲しかったです。
 鯉釣りには最高ですから。

 小畔川は、浅いのっぺりとした川になってしまいました。
 一番の原因は、河川改修工事だと思われます。
 治水対策で必要な工事だと理解できます。
 2番目が、水量が少なくなってきていることと思います。
 さきに、河川敷が石だけの川原から土砂が堆積して草が生えてきていると書きました。
 入間川でも同様に川原がなくなって来ています。
 水量が減っているんですね。
 この状態が続くと何年か先には河床が高くなり、せっかくの堤防も役に立たなくなってしまうのかな?
 
posted by jetpapa at 18:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

釣り教室顛末記

 14日の日曜日は、釣り教室が開かれました。
 先の記事のとおりjetpapaは不覚にも体調不良で、現場に立つことが出来なかったのです。
 火曜日にMCDさんが病院に来て下さり、当日の状況を話してくれました。
 開口一番、「残念だったなー、美味しいトコもって行かれチメッタな、なかなか良かったよ。」
 そうなんです。
 よくこういったことがあるんです。
 準備はしたが、本番は他の人、仕事では、しょっちゅうです。
 しかし、準備した内容で本番が成功するとそれはそれは嬉しいものですよ。
 今回も盛会だったと聞いて良かった。
 教室終了後も残って釣りをされた方がいらっしゃったそうで、嬉しい限りです。
 貸し道具でその場限りの釣りでなく、自分の道具で続けて貰いたいと思っています。
 
 最後になりましたが、当日のスタッフの方々へ。
 お疲れ様でした。
 
 
posted by jetpapa at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腹が痛い

 12日金曜日、9時前に駅から歩いて帰る途中からチョッと気持ちが悪いようなムカムカするような感じがありました。
 メールチェックをしていると11時頃から今までに経験したことが無い腹痛が。ハイ、正直気絶しそうでした。
 トイレに入ったのは良いが、歩いて帰ることが出来ません。赤ちゃんのハイハイで戻ってきました。
 様子を見ても痛みは治まらず、深夜病院行きとなりました。
 診察、即入院。レントゲン、CT検査を受けました。
 ベッドが空いてなかったので、ICUに入ってしまいました。
 土曜日に一般病棟に移り、本格的な検査の結果、月曜日に原因判明、診断ができました。
 火曜日まで絶食、点滴生活でした。
 痩せていながらメタボ気味なので、腹回りの脂肪が落ちるかと期待していたのですが、残念。
 腹回りはそのままで、筋肉が落ちてしまいました。
 点滴が外れてから退院に備えて階段の上り下り、時々病院を抜け出してコンビにからスポーツ新聞の買出し等々。
 退院したら、直ぐに釣りが出来るよう計画していたのですが、今度は風邪もひいてしまいキーボードの上に鼻水を垂らさないよう注意しながらキーを叩いています。
posted by jetpapa at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

今朝の小畔川 いつの間にか水路が

 今朝出勤時、金堀橋から何時もの日課で小畔川を覗くと、違和感がありました。
 あれれと思ってよく観察すると、左岸のプールを潰して排水路を作ってありました。

PA120002.jpg サギが飛んできて何かを一生懸命つついているのが橋の上からも判りました。
 プールの水が干されてしまったので、稚魚、ザリガニ、蛙、亀等々が逃げ場を失ってしまったようです。
 サギにとってはラッキーだったんですね。

 昨日のうちにユンボで水路を作ってしまったようでPA120001.jpgす。
 ここにいた魚の通路も変わってしまいましたね。
 水位もまた下がってきました。
 ここを餌場にしていたカワセミもどこかに行ってしまいました。 
posted by jetpapa at 21:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

カワセミ

 毎朝出勤時に見かけます。
 金堀橋から川面を眺めていますが、左岸の枝に何時も留まっています。
 下の写真の水面に近い枝に止まります。
 カワセミを撮りたいのですが、私のカメラでは、ごみが付いた程度にしか写りません。
 橋の下を飛ぶので、羽の翡翠色胴体の山吹色が良く判ります。
 とてもきれいです。
 じっとオイカワを狙っています。
 ここ1ヶ月、餌場にしているようです。

 
posted by jetpapa at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

今朝の小畔川 通勤時のショット

 出勤時の小畔川と入間川です。

PA100001.jpg 水位105cmまとまった雨が降らないので、水位が下がっています。
 今朝も右岸に釣り人がいます。
 毎日、オイカワを釣っています。
 減水気味なので活性が下がり釣果が伸びないとのこと。

PA100002.jpg  入間川の水位は、−5cmです。
 今週は、水位が下がりっぱなしです。
 そろそろ、一雨欲しいところです。
 瀬の部分は、きれいな河床を保っていますが、淀みは水垢が溜まってきています。
posted by jetpapa at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

夕焼け

 夕方、オイカワに遊んで貰いました。

PA080054.jpg 釣り終わり、空を見上げると夕焼けでした。
 絹積雲(シーロキュムラス)10000mぐらい上空に出来る雲のようです。
 きれいですね。
 上空に寒気が入ってきたのでしょうか。
 澄んだ空が高く見えました。
 秋ですね。
posted by jetpapa at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会津

 土曜日から何時もの福島でした。
 今回は、軽自動車から普通車に代わったので、運転が楽でした。
 今までは、ウイーンと頑張っていましたが、今回はスーと行った感じでした。
 火曜日は会津方面に散策でした。

PA070017.jpg 7時に田村市滝根町出発。
 9時過ぎには会津若松 飯盛山に到着しました。
 白虎隊です。
 幕末の戊辰戦争で、少年たちはお城から白煙が上がっているのを見て落城と思い、ここで切腹をしています。
 中央は鶴ヶ城を見ている姿です。

PA070026.jpg 私は、飯盛山に来るのは2回目ですが、どちらかというとこのサザエ堂に興味を持っています。
 サザエ堂です。
 写真を見ると斜めに切れ込みが入り不思議な塔のように見えます。
 横溝正史のオドロオドロシイ小説に出てくる一場面のように私はここを見ると感じてしまいます。
 入り口から階段を上るといつの間にか下りだして裏口から出るようになっています。

PA070024.jpg 仕組みはいたって簡単、メビウスの輪と同じ原理です。
 天井を見ると千社札が所狭しと貼ってあります。
 ここで、階段が反対側に行って下りになります。
 全国でサザエ堂は3箇所あるそうです。
 群馬県ともう1箇所にあるそうで、機会があれば見学したいです。

PA070035.jpg 飯盛山から次は大内宿へ足を伸ばしました。
 11時頃には付近まで到着したのですが、大渋滞でした。結局1時間半渋滞に巻き込まれ12時半に現地到着なりました。
 ここは袋小路となっています。
 昔のわらぶき屋根が続いていますが、奥は山を背にしており、行き止まりです。
 人人人でした。

PA070041.jpg ここで気になったのが大スズメバチです。
 焼酎漬けになっていました。
 実は、土曜日の午後、庭に出ていると大スズメバチがタオルに止まってブーンとうなっていました。
 刺されたら命取り、でも、ついつい蝿たたきでバンと叩いてしまいました。
 幸い一発で絶命させましたが、ひやひや物でした。
 この瓶詰めを見て、捕まえておけばよかったのかと、つい欲がでてしまいました。

PA070042.jpgPA070043.jpg 豆コバチが飛んでいました。
 かやぶき屋根の軒下につるしてある、ヨシの中に巣作りをするそうです。
 ミツバチの80倍の蜜を取りそれはそれは働くそうです。

 大内宿でソバを食べ、柳津の虚空蔵様を参拝し一ノ宮、伊佐須美神社経由で帰りました。
 日曜日は300km以上のドライブとなってしまいました。



 本日は9時過ぎに福島を出発して川越に向かいましたが、また宇都宮で途中下車してしまいました。
 みんみんの餃子はおいしい。
 

posted by jetpapa at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

今朝の小畔川 きれいな朝焼け


PA060001.jpg 朝日が昇ってきました。
 あまりの美しさにベランダで、ぼんやりと見とれていました。
 部屋が、南東に向いているので朝日が昇ってくるのが良く見えます。
 目の前が小畔川、その向こうは、高層の建物が無く遠方まで良く見えます。

PA060004.jpg  地平線を確認することが出来ます。
 右の端に見える建物は、さいたま市新都心です。
 日が昇るにつれて刻々と空の色が、雲の輝きが変化してきます。
 毎朝、5時には起きているので、天気のいい日はついつい日の出に見とれてしまいます。

PA060007.jpg 6時前から小畔川を釣りをしながら上流へ歩いてみました。
 東上線鉄橋付近が、昨年の葛とアレチウリの勢力のほぼ境目でしたが、今年はアレチウリが少なくなっています。
 下流では、アレチウリに覆われていた所が今年は少なくなっています。

PA060009.jpg 高橋下流のプールで、鯉の挨拶を受けました。
 先日、釣った鯉でした。
 オイカワを釣っていると足元まで寄って来てこのとおりです。
 80cmを越える大物です。
 こうなると、鯉釣りは暫く出来ないですね。
 ここには、緋鯉、錦鯉もいます。
 御伊勢公園の池からここに流されてきたとか。
 ホントか知らん。

PA060010.jpg 東上線鉄橋上流では、餌でオイカワを狙っている釣り人がいました。
 イマイチ釣れていないようです。
 水位104cmで、減水気味です。
 活性も低いようです。
 金堀橋上流で何時も釣りをしている老人は、絶好調でした。

PA060011.jpg 今朝は金堀橋から富士山が見えていました。
 遠方のマンションの左に見えています。
 画像をクリックすると大きくなるので、よく見てください。
 今朝は、その他にスッポンを確認することが出来ました。
 昨年から全くみることが出来なかったのですが、顔を出してくれました。
 写真はピンボケと手振れで掲載せず。

 これから何時もの福島詣でです。
 新車の調子を見ながらゆっくりと安全運転でいってきます。
posted by jetpapa at 07:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

釣りの仕方12 釣り場に入るときのマナー

 当たり前のことですが、釣りは最初に入った人に優先権があります。
 止水で釣り座が設置されていない所に後から入る場合には、少なくとも竿2本分以上間隔を開けるぐらいの配慮をしてください。
 何人も入っており間隔を取るのが難しい所でどうしても釣りたい場合には、「入ってもいいいですか?」と声をかけて確認を取りましょう。
 「だめ」と言われたらさっさと他に行きましょう。
 「いいよ」と言われたら遠慮しながら釣ってください。
 jetpapaは先行者がいる場合、他のポイントに向かいます。
 気を使わずゆったりと楽しみたいからです。
 
 川を移動しながら釣るときは、先行者が下りながら釣っている場合には上流に入りましょう。
 逆に、遡りながら釣る時は川下に入るのがマナーです。
 どうしても先行者の釣る方向の先に入る場合は、十分に距離を取って(小畔川でオイカワを釣る時は少なくとも100mは間隔を取って欲しい)入ります。
 渓流では更に距離をとる必要があり、時には入渓をあきらめることもあります。
 トラブルが無いよう、先行者に声をかけることも大事ですね。

 次に見学をする場合も配慮が必要です。
 一声かけてから見学をさせて貰います。
 「釣れていますか。」でも何でも構いません。
 釣りをしている方に人がいることを知らせてください。
 利き腕の反対側、少し後ろで振込みの邪魔をしないようにします。
 間違っても浮きの近くで覗き込むようなことはしないでください。
 魚を散らしてしまうので、釣れなくなってしまいます。
 釣りをやったことの無い方は、無頓着に浮きの近くでポイント付近で覗き込みます。
 これでポイントが台無しになり、暫く釣れません。

 無頓着な見学者には、邪魔と思っていてもこんな時は、魚の習性を教えてあげてください。
 悪気があって近くで覗いているのではなく、好奇心からです。
 見学は利き腕の反対側、少し後方でとお願いしてください。
 針が付いているので、危険なことも教えてください。
 振込みに自信が無いときは、人が離れるまで待ちましょう。
 特に通路の近くで釣りをする場合には十分に気をつけてください。
 優先権は釣りをしているあなたではなく、通行人にあります。

 釣り場をきれいに使います。
 当然、ごミは持ち帰り。道糸の切れ端もですよ。
 出来れば、タバコは吸わないのがよろしい。
 きれいに、きれいに、「釣り人が帰った後は川がきれいになっているんですよ。」こんなふうに言われるようになりたいし、なるべきと思っています。
 そうしないと近い将来に釣り禁止の場所が増えてくると思います。
 安全に気持ちよく釣りをしたいものです。
 また、釣り人が入るときれいになると歓迎されるようになりたいですね。
 
 よろしくお願いします。
 大漁を期待しています。
 
 釣りの仕方については、12回のシリーズでとりあえず終了します。
posted by jetpapa at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。