2007年08月29日

昨夜の降水量

 昨夜は、前線の通過で雲に覆われ皆既日食を観測することはできませんでした。
 降水量は、鶴ヶ島観測所で12mmを計測されています。
 水位は、100cmから深夜には212cmまで上昇したようですが、降水量が少なく雨が上がってしまったので、今朝は120cmまで下がっています。
 ほぼ平水位で、これでは河床のお掃除にはなりません。


posted by jetpapa at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

皆既月食

 今夜は、皆既月食が見られるとのことで楽しみにしていましたが、残念。
 前線の通過です。
 こんな時に限って雲に覆われています。
 埼玉県南部には大雨洪水警報も発令されました。
 雨も降ってきました。
 涼しくなってきましたが、恨めしい雨です。
 オレンジ色の外輪を持った黒い月を見たかったな。

 こうなったら、降り続いて欲しいものです。
 川は水位が下がり活性が下がっています。
 増水して河床を洗って再生するといいですね。
 ちなみに降水前は100cmの観測でした。 
posted by jetpapa at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

今朝も調整池前へ

 今朝も5時半に自宅出発。
 愛チャリ「小畔クルーザー」で右岸を下っていきました。
 10分ほどで、精進場橋上流の調整池に到着します。

P8260010.jpg この時間から車で混雑しています。
 5時半ですよ。
 早朝散歩の方も不審に思って何事と見ています。
 昨日も数台駐車していました。
 それにしても今日の台数は異常です。
 8月5日のブログで、カワセミの休憩、餌場等は良く知っているから聞けばいいのに。と 書きましたが、ターゲットは「ヨシゴイ」でした。

P8260009.jpg 上の写真の右上がこんな感じです。
 当然この対岸もこんな状態です。
 ヨシゴイのヒナが孵ったのです。
 ここに巣を作り産卵をして暖めて孵化して泳ぐようになったのであります。
 口コミでしょうか、最初に誰が気がついたのか知りませんが、すごいことになってきました。
 巣の周り5mぐらいでカメラの砲列です。
 プライバシーも何もあったもんじゃない。
 芸能人並で大変ですね。
 希少種の鳥でしょうか。
 そっとしておいてと、言っているようでした。

P8260002.jpg 遠くから(上流側)見るとこんな感じです。
 昨日と同じところからの撮影です。
 太陽が霞んでいます。
 今日も暑い一日になりそうです。
 お盆過ぎまでは、大気が清廉で遠くまで良く見えました。
 夏の天気じゃないと書きましたが、お盆が終わり何時もの季節のとおり霞んできました。

 左側の河川敷で釣り教室を実施しようかと計画しています。
 3年前から小畔川釣り教室と題して子供たちと1日釣りを楽しんでいます。
 毎年流れが変化して場所探しが大変です。
 そして、魚が居ないとつまりませんからね。
 このあたりを中心に今年も10月14日にやろうかなと、計画中です。

P8260004.jpgP8260008.jpg カワムツです。
 模様がチョッと違います。
 左と右の個体で違うように感じるのですが。



P8260007.jpg きれいなオスのオイカワです。
 メスは沢山釣れています。
 ドライにもウェットにも良く反応しています。
 また、ハリを追えない極小サイズが無数にいます。
 産卵時期が何回かに分かれたようで、卵のうが取れたばかりのような小さいのから、いろいろです。
 


 
 
posted by jetpapa at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

ライトスタッフに魂を

 夕方は本日2本目のロッド、ライトスタッフ7.1#1に入魂のため再度小畔川に入りました。
 朝のお勤めが終了後、#2ラインとリールを調達してきました。
 システムをセットして5時半から金堀橋付近で始めました。
 当然、最初の一匹はドライでと思い上流へキャストを開始しました。
 下手ですからね。
 チョッと向かい風が吹くとお手上げです。
 しかも#2ラインですからね。
 時合でした。
 ライズの嵐となりましたが、最初の一匹を釣るまで30分かかってしまいました。

P8250046.jpg 朝と同様これは2匹目の写真です。
 今回も記念すべき最初の一匹はモタモタしている間にハリを外して逃げてしまいました。
 これは2匹目のオイカワでした。
 ドライでは2匹のみでした。



P8250047.jpg ダウンクロスでウェットに代えたところ入れ食いになりました。
 オスも釣れました。





P8250050.jpg 光ってしまいましたが、オスを上から撮ってみました。
 ヒレがオレンジできれいです。
 
 オイカワは沢山釣れましたが、課題も残りました。
 練習、練習、

 さて、この竿の使用感覚ですが、なんとも難しい。
 ラインは飛ばない。(当然腕が悪いから。下手は下手なりに考えているんですが)
 風が吹いたら何処に飛んでいくか判らない。
 しかし、オイカワとのやり取りは面白いです。
 満足です。

posted by jetpapa at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝のトピックス

 今朝の釣りで面白いものがいくつかありました。

P8240001.jpg 出掛けにトンボ。
 ギンヤンマの一種だと思いますが、小型できれいなトンボがこのとおり。
 廊下で死んでいました。
 しかし、きれいですね。
 先日は、竿に鬼やんまの小型版、ウチワヤンマ?が止まってまとわりつき離れませんでした。

P8250027.jpg うす曇ですが太陽は、こんな感じで輪郭を確認できました。
 今日も暑くなります。
 
 
 
 

P8250024.jpg  ラブラブのクサガメさんです。
 どうしたことでしょう。
 jetpapaがここに居るのに、全く眼中にありません。
 何時もなら遠くから見つけて直ぐに深みに潜ってしまいます。
 決して、人のそばまで寄ってくることはありません。
 恋は、盲目。
 私のことなんか眼中になかったんでしょうね。
 でも、気をつけて下さい。
 カラスに食べられちゃうかもしれませんよ。
 2年前には、30cmもあるスッポンが日光浴中にカラスに突かれて、最後は食べられてしまいましたからね。

P8250034.jpg  この穴。
 カミツキガメの巣穴???。
 気になりました。
 ・
 ・
 ・
 ・

P8250037.jpg  帰りに八幡橋の右岸です。
 どうしたら、こんな風に駐車できるんでしょうかね。
 道路の柵を壊したような跡はありません。
 不思議な駐車の仕方でした。
posted by jetpapa at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RSTジャパンスペシャルに魂を入れる?

 今朝は5時半から小畔川を下っていきました。
 昨夜届いたRSTジャパンスペシャル8.4#2に魂を入れるため早朝の小畔川をチェックです。
 ところでRSTとは何ぞや。
 何処のメーカーか判らないのです。
 なんとなくノリで落札してしまったのです。

P8250004.jpg 左岸を自転車で下っていくと八幡橋で釣りをしている方が居ました。
 早いですね、流し毛鉤で上流から下ってきたようです。
 しばし、橋の上から拝見していると良く釣れています。
 集中しているので、声をかけずその場を失礼して更に下流へ自転車をこいでいきました。
 ちなみに、この方は先日金堀橋下でお話をした方でした。

P8250005.jpg 下っていくと、河川敷は鬱蒼と草が茂っています。
 今日は、精進場橋上流調整池前を目指しています。
 途中、何人かの方とすれ違いました。
 犬の散歩、ウォーキング、サイクリングと涼しい時間に活動する方が沢山居ます。
 川の状態を確認しながら、ゆっくりと下っていきました。

P8250033.jpg 調整池前から川に入りました。
 ここのプールです。
 ライズの嵐です。
 瀬を遡ってこの場所に来ましたが、途中川の中は稚魚が沢山です。
 嬉しいことです。
 この稚魚が順調に育ってくれれば、来年も魚影は濃いでしょう。

P8250016.jpg RST魂入れができました。
 第一投目できました。
 可愛いオイカワでした。
 実は、これは2匹目の写真なのです。
 最初の一匹は写真を撮る前に外れて逃げちゃいました。
 

P8250030.jpg その後、釣れたサイズは10cmから15cmでした。
 左は、平均サイズです。
 
 さて、この竿の感触ですが、先月買ったシマノライムストーン8.3#3よりも固い竿のように思えました。
 #2ラインをまだ用意していなかったので、#3ラインで本日は釣りをしました。
 全く違和感がありません。
 #3ラインでマンディーナイトです。(これは外人さんに日本語で問題ないと教えるときに使っています。)
 jetpapaはキャスティングが下手くそなんですが、それなりに飛ばすことが出来ました。
 フルラインなんて滅相もございません。
 半分程度、上等の結果です。
 結果、昨年中古で購入したダイワロッホモア-Z7.6#3とほぼ同じ固さの竿のような気がしました。
 使い勝手は、良いですね。
 フォールスキャスト?要するにラインを頭の上で振り回さなくとも10mから15mのキャストは#3ラインで無風であれば出来ました。
 ターンオーバーもバッチリで、あわせも大丈夫でした。
 結論、費用対効果で満足な竿です。
 ただし、#2ラインでキャストをして再評価をしたいです。
 これから買ってくるので、夕方のお楽しみ。

P8250040.jpg 日も昇り暑くなってきたので、7時半で終了し、右岸をゆっくり川面を確認しながら帰ってきました。
 途中NZEさんとばったり、今回の竿について情報を頂きました。
 RSTはドイツのメーカーだそうです。
 たまたま今回のシステムでNZEさんのリールは
RST社のもので、同じマークがついていました。
 更に進んで、日本の魚と違いヨーロッパの魚は、鱒が中心で、もっと大きいのがターゲットだから固めになっているとのことでした。
 オイカワやっている奴はいないよ。
 うーん、そうなのか、オイカワ用にgetしたんだけれど、合わなかったのかなと考えながら帰りました。
 夕方は、ライトスタッフのチェック。
 気分転換。
posted by jetpapa at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

期待はずれ

 出勤時、雨脚が強くなったので大きい傘をさして出かけましたが、駅の途中で止んでしまいました。
 昨日からの総雨量は20数ミリ、とても河床を洗うなんて出来ません。
 期待はずれでした。

P8230018.jpg 今朝、金堀橋からの状況です。
 この程度の増水でした。
posted by jetpapa at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久し振りのお湿り

 昨日は3時過ぎに積乱雲が小畔上空を通過し、鶴ヶ島農業大学の観測で11mmの降水がありました。
 一時的でしたが水位が18cm上昇しました。
 雨は、直ぐに上がってしまいましたが、上空に寒気が入ってきたのでしょう、8時前帰宅する頃には雷が鳴っていました。
 稲妻が光った後、雷鳴が聞こえるまでの時間が駅から自宅まで歩いている間にだんだん狭まってきました。
 また、風も北風に変わってきたので、急いで帰りました。
 自宅に到着してまもなく雨が降ってきました。
 一時的な降水でしたが水位はまた20cmほど上昇しました。
 今朝は、5時ごろからしとしとと降っています。
 小畔川は、水位が下がり藻が発生しています。
 匂いもしています。
 川の再生は、水位が上がり河床を洗い流すのが一番です。
 今日の雨、期待しています。
posted by jetpapa at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

インターネット・オークション

 本日、初めてオークションを経験しました。
 ドキドキしながら、ロッド2本を競り落としました。
 ライトスタッフ7.1#1を21000円
 RSTジャパンスペシャルフライロッド8.4#2 16500円
 どちらも新品とのことですが、高かったのか安かったのか、よく判らず欲しかった#1と#2ロッドをゲットしました。
 これから支払い方法等 出品者と調整です。
 どんな竿か楽しみです。

 やっぱりオイカワは#1ロッドで楽しみたいです。
 次は、リールとラインを調達します。
 
posted by jetpapa at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

お盆開けの出勤

 今日は、お盆開けの出勤でした。
 しっかり休んで英気を養ったのですが、ぼんやりしていた一日でした。
 とにかく眠いのです。
 電車で、うとうと、机でうとうと。
 何やってんだ。
 しっかりしろ!
posted by jetpapa at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

百日釣行中間報告

 今年の目標はまた百日釣行とし、年頭のブログに掲載しました。
 昨年も同じく百日釣行としましたが、初夏に急性膵炎で入院したため、体力が回復しなかったので夏場はほとんど釣りができない状況でした。
 今年は目標達成に向けて、せっせと通っています。
 1月 8日 ほとんど水上公園で鱒釣りでした。
      1日 小畔川で釣りをしましたが魚が本流に落ちていました。
 2月 3日 水上公園
 3月 6日
 4月 6日 渓流を始めました。
 5月 12日 出張で釣りを始めました。
 6月 12日 小畔川が主となってきました。
 7月 17日
 8月 11日 19日現在 
 釣行日数は本日現在で75日を数えることができました。 
 普通のサラリーマンですと週休2日の職場で、休日が104日、祝日が15日(土日と重なる祝日があるので実際は12日程度)有給休暇は職場により異なるが20日として139日程度は休みとなります。
 実際は残業、休日出勤等がありこの日数を確保することは厳しいかも。
 そして、家族サービス、冠婚葬祭、その他御近所とのお付き合い等に時間を割かれると100日釣行は厳しい目標です。
 私の場合、直ぐ目の前が小畔川、出張先でムリムリアフターファイブは釣りの時間を作ってしまううこともあり、環境に恵まれています。
 しかし、1日中釣りをしていることがありません。
 特に5月から9月にかけては、朝夕の涼しい時間帯に1,2時間の釣となります。
 こんなことで体力的には継続できたのかもしれません。
 精神的にも楽しくて。
 数グラムのオイカワから10kg近くの鯉まで釣りますが、魚の大小にかかわらずいかに食わせるか、釣れた時の感触、これが病みつきになっています。
 俗に言う「獣へん」です。
 この王様は「狂」となります。
 釣りキチ
 趣味・・道楽・・三昧となるそうですが、さて私はどのへんなのか。
 パチンコではフィーバーするとワケのわからん脳内物質が分泌され気持ちよくなるとか。
 これが続くと依存症となり止められなくなるとか。
 2年前までjetpapaも依存症でした。
 今は、釣り依存症。
 今年のトピックスは、フライで渓流に目覚めたことです。
 フライを始めて3年目ですが、本格的に渓流魚を釣り始めました。
 今までは、コテコテの餌釣りでしたが、はまってしまったのです。
 しかし釣れない日々が続いたのです。
 木に引っ掛け薮にハリを取られて、嫌になり1度の釣行で止めていました。
 渓流は餌に勝るもの無しと思っていたのでした。
 そして、面倒臭がり。
 釣りは、近短に限る。
 遠征などはもっての外、1時間以上かかって行く釣りはしません。
 川越から渓流は遠いのです。
 ところが、今年ご縁があり福島在住の老眼親父さんに渓流の手ほどきを受けました。
 目から鱗、一度の釣行でしたが学ぶところが沢山ありました。
 この連休も御一緒したかったのですが先方の都合で、御教授受けられず。
 オイカワを相手に練習をしています。
 成果は帰省のたびにそれこそ、車で5分の超スレッカラシヤマメが棲む川でチェックをしています。
 そろそろ空も白んできました。
 今日もオイカワちゃんに遊んでもらおっと。 
posted by jetpapa at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

最大のカワムツ

 今朝は、爽やかでした。
 昨日までの灼熱地獄がウソのようでした。
 今までに乾燥してしまった動植物が水滴の一粒一粒を体内に残らず吸収しているように感じられました。
  朝から霧雨が降り、この中で釣り、最高の気分でした。

P818.jpg 今朝6時の状況です。
 霧雨が降る中で釣りをしていたら、体がしっとりとしてきて、それはそれは気持ちが良かったです。
 傘を差して歩いている方がほとんどでしたが、昨日までの天気を考えたら濡れながら釣りでしょう。
 鉄橋の向こうは霞んでいます。
 残念ながら7時には止んでしまいました。

P8180007.jpg 今朝は、カワムツがよく釣れました。
 しかも良型そろいです。
 今年はカワムツが少なくてなかなか顔を見ることが出来なかったのですが、今朝は違いました。
 金堀橋上流のプールで沢山釣れました。
 写真は、平均サイズです。
 大きいですよね。

P8180011.jpg そんな中で最大サイズが釣れました。
 今までで、最高サイズでした。
 14cmまで計れるケースですがこんな状態です。
 腹はぼってり、こんな大きい奴が居るとはビックリでした。
 #3の竿が久しぶりによく曲がり、やり取りを楽しむことが出来ました。

P8170002.jpg 何時もはこんなオイカワが釣れています。
 小畔川のアベレージサイズです。

 瀬際の流れが速いところではオイカワが、プールになって流れが遅いところではカワムツが釣れました。
 今までは住み分けがされていなかったので、どうしたことでしょう。
posted by jetpapa at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

夕刻

 日も沈む6時過ぎから小畔川に入りました。
 平水位から10cm減でした。
 8月に入ってから降水がありません。
 しかし、オイカワは元気で毛鉤にアタックしてきます。

P8160040.jpg 7時になると薄暗くなり蝙蝠が乱舞です。
 白く光っているのが、蝙蝠が食べている虫です。
 判りにくいのですが、黒くシルエットになっているのが乱舞している蝙蝠たちです。
 川の上を中心に無数に飛んでいます。
 顔に当たるのではというくらい近くまで飛んできます。

P8160057.jpg 何十枚かシャッターを切ったところ運よく写っていました。
 何処からともなく、この時間になると無数の蝙蝠が集まってきます。
 何という種類か判りませんが、とにかく沢山飛び回っています。
 餌の小昆虫が沢山飛び回っているのですね。

P8160058.jpg 今日も熱波にみまわれた一日でした。
 熊谷で40.9度日本新記録を70数年振りに更新しています。
 ここ川越でも38度を越えていました。
 先週から大気が澄み渡っています。
 例年であれば朝晩を除き日中は視程が下がっていることが多いのですが、今年は遠くまでよく見えます。
 夕焼けも鮮やかです。
posted by jetpapa at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当の灼熱地獄

 先日は、福島の灼熱地獄について書きましたが、ここ埼玉の気温はハンパじゃありません。
 何時もどおりに5時起床、小畔川チェックに行こうと思いましたが、ドアを開けた瞬間、ムーと熱気です。
 最高気温はまた40度ぐらいまで上がっているんでしょうね。
 昼前に都幾川村に出かけてきましたが、車から降りると頭がくらくらです。
 外を歩いている人がいません。
 危険です。
posted by jetpapa at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1里1匹

 帰省中は、14日の新盆周りの日を除き毎日朝晩出撃しました。
 日中は、30度を越える灼熱地獄、朝晩の釣りとなりました。
 直ぐ近くの夏井川最上流部入新田地区に日参しました。
 雨が降っていないので減水、下手くそなキャスト、あまり食欲を誘いそうも無いフライ。
 3原則で、ヤマメはそっぽを向いていました。
 しかし、川に入るだけで満足です。

P8130019.jpg 葦が茂りボサ川となっていますが、魚は沢山居ます。
 橋の上から覗くと型のいいヤマメが遊泳しています。
 直ぐに川に入ってキャスト、期待を裏切られます。 ラインが通っただけでピュピュとヤマメは逃げてしまいます。
 厳しい状況でした。
 反応があるのは、瀬が中心でした。
 流れが緩く波が少なく水面がよく判るところでは、完全にフライを見切っている状況です。

P8130022.jpg 3日目にしてやっと泣き尺サイズが釣れました。
 夕方、暗くなる頃でした。
 ドライで釣りあがって行きましたが、、暗くなってきたのでフライが見えなくなり流れに合わせてラインを回収していたら「バシャ」っと来たので、あわせたところこのサイズでした。
 一応、狙って合わせたのですが、暗くなってヤマメもフライと虫の区別がつかなくなってしまったのでしょう。
 この時間帯は、ラインもよく見えず警戒心が薄れたのしょう。
 1キャストごとに反応がありました。
 時合いです。
 夕まずめ、朝まずめ。
 夏は、この時間でしょうか。
 そして、1里1匹、そのとおりの釣果でした。

P8120008.jpg 右支夏井川、飯豊郵便局上流のお寺の前から上流を釣り上がってみました。
 入って直ぐ、クモフライに、見た目尺越えの良型がチェイスしてきました。
 余裕で見切られました。
 町の真ん中の里川で、決してきれいとは言えない流れにいるんですね。
 後方の橋脚は磐越自動車道のものです。
 ここも入新田地区も同様です。
 生活排水が混入しているので、どぶ臭さがあります。しかし、沢山います。
 川越在住のjetpapaにとって、こんな身近に渓魚が入ることは、うらやましい限りです。
 私は自宅前の川でオイカワを釣っているのですから、ホントに、この環境はうらやましいし、出来れば下水処理を完璧にしたら最高の川になるんでしょうね。もったいない。

P7010051.jpg ここは、鹿又川です。
 昨日早朝行ってきました。
 何時もの場所の上流です。
 先行者が、入渓するところが見えたので遠慮して1kmほど上流を確認してみました。
 ほとんど釣りはせず、川の中を歩ってみました。
 渓相は最高です。
 淵、瀬が交互に続き魚が居そうな場所が続きます。
 しかし、1匹も魚が走りません。
 黒い影が走ることで居るいないを判断していますが走りません。
 直ぐ下流には、沢山いるんですがね。
 実力が判りますね。
 どうして釣れないのか知らん。
 
posted by jetpapa at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

新盆まわり


P8140024.jpg これはなんでしょう。
 灯篭です。
 昨年亡くなった方の新盆のために立てます。
 これを目標にお線香を上げに回ります。
 こちらでは町中の方がお互いに回るので、すごい混雑です。
 ・

P8140023.jpg 神俣駅前の通りです。
 一年で一番の混雑?
 車同士の離合が出来ません。
 何も知らない観光客の方は、イライラしてクラクションを鳴らしていました。
 イベントですからね。
 
posted by jetpapa at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灼熱地獄

 今回の帰省中福島は、灼熱地獄でした。
 本日は、群馬県で40度を越える気温を観測しましたが、阿武隈高地の滝根町でも30度を越えていました。
 土曜日からずっとこの状態です。
 何時もなら夜は寒いくらいですが気温が下がりません。標高が500m程度のところなので、朝夕は涼しくなって欲しいのですが日の出から暑い。
 自宅周りの草刈、倒木の整理、等々作業が沢山あります。
 休む閑無しの帰省でした。
 日中、木を切っていたらくらくらしてきました。
 軽い熱中症気味で、お茶を2本飲んで日陰でふらふらしていました。 
 外の作業が恐ろしいくらいの天気でした。
posted by jetpapa at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御盆帰省

 11日(土)から福島に滞在し先ほど帰ってきました。
 土曜日は帰省のピークで東北自動車道は、飯坂インターを先頭に70km、矢板付近で40kmとテレビでは盛り上がっていました。
 渋滞に恐れをなして、少し遠回りですが常磐自動車道、磐越自動車道を利用しての帰省でした。
 自宅を9時半出発、川越IC関越自動車道、外環道で三郷IC、常磐自動車道いわきJC、磐越自動車道で小野IC経由で滝根町。おかげさまで、渋滞無し270kmを休憩込みで5時間でした。当然制限速度で走行です。
 とりあえず無事到着でした。
 本日の帰りは、渋滞覚悟で東北自動車道を使っての帰宅でした。
 滝根町から阿武隈自動車道を一部利用して矢吹ICから加須ICそして一般道を川越まで240kmの走行でした。4時出発、矢板ICを先頭に19kmの渋滞で済んでしまいました。チョッと拍子抜けでした。
 途中、夕食を食べて9時半に到着でした。
posted by jetpapa at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

釣り人二人

 今朝は、お盆で福島に帰省するために5時に起床でした。(何時も5時には起きてますが)
 その前に釣り。
 今回は、ヤマメを予定しているので、オイカワで事前トレーニングです。
 ヤマメ0.2秒、オイカワ0.1秒と言われています。
 毛鉤を咥えてから、食べられるか判断して吐き出すまでの時間です。
 ということは、オイカワで訓練をしておけば山女はバッチリということになります。
P8110004.jpg 
 6時に川に入ったら既に先行者、6本の流し毛鉤です。
 暫くどんなものか拝見していましたが、釣れていす。
 お話をうかがうと、「3日前にはここで30は上げたんだけど、今日はボチボチとのこと」
 そんなことありませんよ。
 jetpapaのドライと比べたらよく釣れてます。
 確かに5日から降水が無く水位が下がっています。
 釣れなくなっていると思います。

P8110007.jpg 金堀橋を越えて上流に向かうとフライマンがwetで頑張っていました。
 よく見るとNZEさんでした。
 やはり今日は釣れないとのこと。
 減水とドッピンカンの晴天です。
 早朝とはいえ、もう30度近く気温が上がっています。
 こんな条件では難しいですよ。

P8110005.jpg 暑い暑い毎日ですが、秋は一歩一歩近づいてきているようです。
 月見草が咲いていました。
 
 
 
 それでは、渋滞の中福島へ向かいます。
posted by jetpapa at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小畔川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また歩いて河原町

 加茂川沿いに河原町まで歩いてしまいました。
 とにかく腹がいっぱいで、歩くしかないと思いブラブラ。
P8090062.jpg
 帰りは薄暗くなってきたので、ライズが確認されました。
 オイカワでしょう。
 鯉も確認できました。
 
 
 
P8090063.jpgそして嬉しかったのは、「オオカナダモ」を確認できたことです。
 日曜日に小畔川で、名前の判らない藻が発生していたので気になっていました。
 ネットで検索したところ恐らく「オオカナダモ」かと思っていたのでしたが、今回、花が咲いていたので判りました。
 図鑑のとおりの花が咲いていました。
 確信を持って「オオカナダモ」と判断できました。

P8090064.jpg 五条大橋。
 弁慶と牛若丸の出会いの場所です。

 
 
 
 

P8090065.jpg 床です。
 夕涼みながら美味しい京料理を頂くところです
 ここは、五条大橋の上流側右岸、木屋町周辺です。
 いい値段です。
 気軽にはなかなか入れません。
 いろいろと見物をしていたら河原町に到着です。
 スリッパで歩いたら豆が出来てしまいました。
 
posted by jetpapa at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。